pick up:【最大6.5万円OFF】結婚相談所 GW(ゴールデンウイーク)お得情報2019。今年は大手4社が実施中

婚活サイトで詐欺(マンション詐欺・不動産詐欺)に遭わない為に気を付けたいこと

婚活サイトのマンション詐欺 婚活悩み

最近ニュースになった、婚活サイト・マンション詐欺事件に対し、私も激しく憤り、心を痛めております。

私は、騙す側の騙す生き方を選択した理由や、これまでの生き様について、何も知りません。
多分ですが、元々の本人の気質だけでなく、環境的にも充分な愛情を与えられず、道徳心も育たないような境遇で生きてきたのでしょう。

しかし、負の連鎖を助長させる行為は、絶対に当人をも幸せな方向へは導きません。

1人で懸命に戦っている婚活者さんにつけ込んで言葉巧みに騙し、心を踏みにじり、物理的にも精神的にも大きな大きな傷を負わせる…

そんな行為が出来てしまっている限り、騙している人自身も、絶対に幸せになれません。そういった人は、お金の為に他人を騙し傷つけられる人としか関われず、感覚が麻痺してどんどん深みに嵌っていくと思います。気が付いた時には当初考えていた以上に人の道から外れてしまい、結果、自身が想像する以上の応報を受けることになるでしょう。

騙そうとする人がいなくなれば、当然被害に遭う方もいなくなります。

こんな悲惨な事件などきれいさっぱり無くなってしまうことを願いますが、現実的にはそれは難しいと思います。

このような事件にあなたが決して巻き込まれぬよう、事件の概要をお伝えした上で、被害に遭わない為に気を付けたいポイントについて持論を展開したいと思います。

婚活サイト詐欺、投資用マンション販売事件の概要

事件は、4~5年前から起きていたそうですが、取り沙汰されるようになってきたのは、2013年の秋頃からとのことです。

被害に遭われた婚活者さんは、30代後半~40代前半の安定した職業の女性が中心で、年収で言いますと500万円程の方々だそうです。
男性も被害に遭われていて、年齢で言いますと30代後半以降の方々との話です。
高額なマンションを売るのが目的ですので、ローンの審査に通り易そうな安定した収入の人というのが、ターゲット選びの必須条件となったのかもしれません。

購買させられる物件は千万単位の物件で、相場の3割~5割増の金額で購入させられたそうです。中には、適性価格から1000万円も上乗せした額で買わされたケースもあったようです。

このような大変高額な詐欺商法がこれ程まかり通っているなんて、にわかには信じがたいです。

が、騙し役は成功報酬という大金を手にするために、緻密に練られた計画を堅実に実行し、非常に巧妙に相手の心理に付け込んでいるようなのです。

婚活マンション詐欺の騙し役の報酬は、一件で50万~60万程度

騙し役は50~60万円の報酬を得る為に、以下のような流れで相手の心を掴んでいくそうです。

  1. 真面目な有料婚活サイトに登録し、標的受けを狙ったプロフィール(詐称あり)を作成し公開
  2. 収入などターゲットとするための条件を満たしている人を選んでアプローチ
  3. 1日1回以上、異性の心をくすぐる内容のメール(褒めたり気遣ったり)を送り、そのマメなやりとりを数日間続ける
  4. 4,5回デートを重ねる。その間もお相手の人柄に好意や尊敬の念を感じていることをしっかりと伝え、居心地の良い時間を提供する。また、時には自分の意見をはっきり主張をしたり、叱ったりするなど、相手の感情を揺さぶるようなテクニックも駆使。

こうしてしっかりと相手に恋愛感情を植え付けてから、こと(騙し)に及ぶそうです。

販売役は別の人が担当

更に、マンションの販売をするのは、この婚活者役の人ではありません。

婚活者役の人は、

「今後の二人のライフプランについても話し合わなきゃね。自分たちの将来のために、資産をもたない?」

といったような誘い文句で、これらに精通していると言う「友人」や「上司」を紹介します。

「友人役」「上司役」は、実際よりも利回りの良い収支予想を見せながら、「リスクがない」「これは特別なお買い得物件」といった話をして、標的の人の購買意欲を盛り上げて行きます。
物件を勧めているのは、将来自分の夫or妻になってほしいと思っている人の上司や友人です。
言葉巧みな勧誘に加え、断れば相手との関係が悪くなり結婚出来なくなるかもしれない、将来の夫or妻の面目を潰してしまうかもしれないといった危惧もあり、結果的に契約書類に判子を押してしまう…そういった方が、ここ4~5年で600人以上もいたそうです。

騙し役はどんな人だったか

30代後半~40代の婚活中の女性を狙った男は、彼女達よりも10歳以上年下でイケメンの男性だったそうです。また、女性が将来に安心感を覚えるような安定した職業を名乗っていたそうです。

30代後半の男性を狙った女は、20代前半の女性だったそうです。ニュースで被害男性が、「それほど美人というわけではなかった」と話していましたが、容姿レベルは決して低くはなかったのではないかと想像します。
男性が騙し役の女に「何故自分に興味を持ったのか」と聞くと、「次に付き合った人と結婚したいと思っている。あなたは真面目そうだったから」と言ったそうです

婚活市場価値という一点だけで見てしまうならば、騙し役として動いていた人は、年齢、容姿、(設定上の)職業や年収等、人気の高いスペックだったと言えそうです。

詐欺事件の裏にときめきセンサーあり

これまでに婚活でなかなか出会えなかったような魅力的な異性が、自分を慕い、好意を示し、誠意ある対応をしてくれる。

この状況にときめかない人はいないと思います。

つらいことも少なくない婚活戦争の中でこのような出会いを果たしてしまったら、頭のどこかで「こんなことがあるのかな」と思いながらも、この相手のことを信じ、将来を考えたくなる気持ちはよくわかる気がします。

冷静に考えれば、
「結婚どころか婚約も正式に交わしていないのに、投資マンションを勧めて来るなんてありえなくない?明らかに怪しいだろ」
と思えるものですが、
婚活者役が物件に詳しい友人の話を持ち出す頃には、標的とされた人の頭の中ではドーパミンが大量分泌され、同時に扁桃核が休業状態になっています。
適切な判断がし難い状態になっているのです。
ドーパミンと扁桃核の起こす作用については「婚活基礎講座3」の記事をどうぞ

婚活者役の人との将来が無くなることがとても怖く感じてしまうこと、
怪しいとどこかで思いながらも自分が好きになった人のことを信じたいと強く願ってしまう心、
これらが理性に蓋をして、すべき判断を狂わせてしまったのでは、と私は想像します。

婚活でマンション詐欺等に遭わない為の、相手の見極めポイント

  • 顔写真を全体公開していて、且つなかなか雰囲気が良い、もしくはイケメン、美女
  • 婚活市場価値的に高スペック(年齢や年収、職業等)
  • 結婚観・ライフスタイルに於いて、一般的にマイナスポイントと思われる部分がほぼ無い
  • 実際に会ってみても、「なんでこんな素敵な人が婚活しているんだろう」「なんで自分を選んだんだろう」と感じるような相手だった
  • 一緒にいると、とても居心地が良い。

上記条件をほぼ満たしていて且つ、

  • 結婚前提のお付き合いに進む前の段階で、知り合いを紹介される
  • 正式に婚約をする前の段階で、「二人の将来の為」と、何らかの勧誘をしてくる

といった事があれば、慎重な見極めが必要であると、私は考えます。

あれ?この人もしかして…と思った時の対処法

  • 疑わしき人物の会員名や会員番号でインターネット検索する。何も出てこない場合は、サイト名+地域や年齢+性別+詐欺、もしくはプロフィール文のみを一部コピーし再検索
  • 勧誘された際に、「○○さんのことは信用しているけど、父の兄が警察の割と偉い人で、万が一の時に迷惑がかかるから、そういう話は絶対受けるなって言われるんだよね…」と言ってみる
  • 「二人の将来の為なんだよね、わかった。マンション購入なんてかなり勇気がいる決断だけど、君orあなたを信頼して、友人or先輩の勧めを受けることにする。でも、二人の将来の為にまず必要なのは、これを届け出ることだと思うんだ」と、白紙の入籍届を差し出す。
  • さかなに相談してみる

最後にしましたご提案も、なかなかに有効であると考えられます。

さかなへの無料相談のご案内はこちらよりどうぞ。
有料相談のご案内はこちらよりどうぞ。

最後に-実際に使われた(ている)婚活サイトはどこだったのか

婚活サイトを利用されている方のほとんどが、まじめに結婚を考えて利用されているのだと思います。

私も婚活サイトでお相手探しを頑張ってらっしゃる方から何度も相談を受けてきました。相談後、嬉しい報告も頂いてきました。

また、私自身も婚活サイトで出会った人と結婚に至りました。
今、幸せな毎日を過ごしていますので、婚活サイトは結婚を考えている方にとってとても有益なツールであると、身を持って体感しています。

一方で、残念ながら、婚活サイトはどのサイトであっても、詐称や悪意を持った入会が不可能ではありません。
被害に遭われた方が利用していらした婚活サイトは、身分証の提出が必要で、数万人単位の会員を抱えているような、名のある有料婚活サイトでした。
私はいくつかそのサイトを把握していますが、ここで実名を公表したところで、ただいたずらに風評被害を助長させるだけだと思いますので、実名は公開はしないでおこうと思います。

先述した見極めポイントを、心に留めつつ、柔軟にお相手探しをして頂けたらと思います。

ネット婚活がどうしても怖い方には、結婚相談所がおすすめです

ネット婚活にどうしても不安がある方には、結婚相談所の利用をおすすめします。

例えばオーネットですと、入会時に身分証、独身証明書、卒業証明書、社員証明(社員証や保険証)が必要です。
ツヴァイでは、独身証明書、卒業証明書、収入証明書(給与明細・源泉徴収票等)が必要です。

また、入会にはそれなりの金額が必要である点、紹介のメインは相互マッチで月の上限数が決まっている事からも、詐欺をするにも効率が悪く、やりにくい土壌であると言えます。

ご参考:業界最大手の2大結婚相談所のご紹介

オーネット、ツヴァイについて婚活サポーターの視点で解説している記事はこちらです。参考になれば幸いです。

幸せな結婚を求める人をサポートしています。
婚活から結婚した自身の経験と、サポート成婚率7割の実績を以て、20代~40代の男女にリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

当サイトの概要はTOPページをどうぞ
⇒さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法

【速報】恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、2019年6月13日以降で受付中です。
【5/9追記】6月のご新規様ご予約枠は残り3名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。
⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

⇒アクセス(ご予約は上記リンク先専用フォームよりお願いします)

★youtube始めました★
⇒明日の不安を減らすための恋愛・婚活講座「ゆるふわに理詰めます」

さかな(婚活サポーター)をフォローする
婚活悩み

気になる結婚相談所だけ選ぶorさかなに選ばせる「無料一括資料請求」

結婚相談所の資料請求フォームは入力項目が多くて、複数に申し込むのは骨が折れますよね。
でも業者の一括資料請求は、興味のない相談所の資料までわんさか届いたり、保険などの無関係なDMが届くようになったりと、面倒が多い…

当サイトの一括資料請求は、あなたが送ってほしい結婚相談所の資料だけをお届けします。
余計なDMも一切お送りいたしません。

また、「自分にピッタリの結婚相談所を選んでほしい」人には、さかな自身があなたのお住まい・気質からおすすめできる結婚相談所を2~4社ピックアップして代理資料請求を行います。
(資料請求後、選んだ理由を添えて資料請求した相談所をメールにてご報告します。)

当サイトはSSLシステム導入で個人情報も安心です。是非ご利用くださいね。

※恐れ入りますが、クラブオーツーの資料請求には非対応となっております。

+資料請求フォームを開く
社名記載送付結婚相談所資料とわからない封筒で送付希望
必須希望する資料 オーネットツヴァイパートナーエージェントIBJメンバーズゼクシィ縁結びエージェントノッツェサンマリエさかなに選んでほしい
*さかなに選んでほしいを選択した人のみ回答必須(当てはまるもの全てお選びください) 交際経験は3人以上or2年以上続いた人がいるモテる人に惹かれやすい自分の容姿は人並み以上だ手間をかけずに会いたい料金の安さはかなり重要だ体の相性を無視して婚約はできないスペックより内面重視派だ婚活をひとりで乗り切る自信がない異性を見る目に自信がない
必須お名前
※フルネーム
必須フリガナ
必須性別
必須生年月日(西暦)
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
必須郵便番号
必須ご住所 市区町村迄
必須市区町村以下
必須お電話番号
必須婚姻歴
必須最終学歴
必須勤務先・ご職業
必須一番気になる事

【個人情報の取扱いと利用規約について】

「さかなの結婚相談室」管理人は、業務実態に応じた個人情報保護のための管理を徹底するとともに、個人情報保護方針に従い適切かつ慎重に取り扱います。

(1)個人情報の収集について

個人情報を収集する際には、お客様・関係者様に対して収集する目的を明確にし、その目的達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。

(2)個人情報の利用について

個人情報を利用する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内のみで利用致します。

(3)個人情報の提供及び預託について

個人情報を第三者に提供または委託する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内でこれを行います。

【利用規約】

1.定義
(1)「本サービス」とは、「さかなの結婚相談室」管理人(以下管理人といいます)が、当ホームページで提供する一連のサービスを指すものとします。
(2)「ユーザー」とは、「さかなの結婚相談室」利用規約(以下「本規約」といいます)の内容に同意した上で、本サービスをご利用する方を指すものとします。
(3)「提携事業者」とは、本サービスを提供するにあたり管理人と提携した事業者を指すものとします。

2.本規約の範囲、適用
本規約は、本サービスをご利用するユーザーに適用されます。管理人は、本規約の定めに従うことに同意することを条件として、ユーザーに対し、本サービスの利用を許諾いたします。

3.サービス
本サービスの内容は以下の通りとします。
(1) 当ホームページを通じた提携事業者及びその内容、広告情報等の紹介。
(2) ユーザーから提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼の受付
(3) ユーザーから受け付けた資料請求・サービス案内依頼の提携事業者への転送
管理人から資料請求・サービス案内依頼を転送された提携事業者は、ユーザーに対し、当ホームページに定める期間内に当ホームページに定める方法で連絡します。

4.ユーザーと提携事業者の契約
(1) 管理人は、ユーザーと提携事業者との取引契約の成否及びその履行、提携事業者が提供する商品・サービス等の内容、質、法的妥当性等に関しては、これを保証せず、ユーザーに対し、これらに関する一切の責任を負わないものとします。
(2) ユーザーは、提携事業者が提供する商品・サービス等の購入・利用に関しては、自己の責任において直接提携事業者と交渉、契約等を行うものとし、当該商品・サービス等に関する質問・要望等はユーザーが直接提携事業者に対して行うものとします。
(3) ユーザーは、当ホームページ及び電子メール、ダイレクトメール、電話等で提携事業者が提供するサービス・商品及び広告情報等が、提携事業者の責任において提供しているものであることを理解した上で、提携事業者との間でサービス・商品等の提供を受けるものとします。
(4) ユーザーと提携事業者の契約等に関して何らかの問題が生じた場合、ユーザーは自らの責任と負担により解決することとし、管理人は一切これに関与しません。
(5) ユーザーは、提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼を取り消す場合、または提携事業者との間で締結した契約を解除する場合、自ら当該提携事業者に直接連絡をするものとします。
5.ご利用上の注意
本サービスのご利用にあたっては、管理人が指定する方法に従って申し込むものとします。管理人が指定する方法に従わないことにより、ユーザーが不利益を被ったとしても、管理人は一切の責任を負わないものとします。

6.ユーザー
本サービスの利用及び設備等
(1)ユーザーは、本サービスのご利用にあたり、本規約等を遵守するものとします。
(2) 本サービスのご利用は、無料です。
(3)管理人及び提携事業者との連絡手段として電子メールアドレス等必須事項を提供していただけない方は、本サービスをご利用いただくことができないものとさせていただきます。
(4) 本サービス利用の際の入力事項に、虚偽の記載、誤記、または入力漏れがあった場合、ご本人様へ確認をさせていただく場合がございます。
7.個人情報
個人情報の収集目的及び収集手段
(1)個人情報の収集は、本サービスの充実ならびに円滑なる提供(提携事業者に対する個人情報の提供、提携事業者による商品・サービスの提供を含みます)及び本サービスの円滑な運営を目的として、当該目的の達成に必要な範囲内で行うものとします。
(2) 個人情報の収集は、当ホームページ上での入力により行うものとし、ご提供時に送信ボタンへのクリックをなさることによって本人の同意を得たものとします。

7. お客様・関係者様の権利の尊重

管理人は、お客様・関係者様の権利を尊重し、お客様・関係者様から自己の個人情報について以下の対応を求められた際には、速やかにこれに応じます。

・ご自身の個人情報の開示
・ご自身の個人情報の訂正・削除
・自己の個人情報の利用拒否、及び提供の拒否

2016年3月25日制定

さかなの結婚相談室 管理人 池田千紘
連絡先:E-mail:sakanainfo@chainhearts.com


上記を確認し、チェックをお願いします。

※料金・会員数・成婚率・サービス充実度…実績がある大手結婚相談所5社を徹底比較した記事⇒おすすめ結婚相談所比較

さかなの結婚相談室-「結婚したいと思える人」と最短で結ばれる婚活方法