婚活プロフィールの書き方-書く前に知っておきたい3つのこと

婚活プロフィールの書き方-書く前に知っておきたい3つのこと

婚活プロフィール 書き方

婚活プロフィールの書き方編に突入です。

第1回目の今回は、結婚相談所・婚活サイトのプロフィール項目がどのようなものかをざっくり解説し、作成するにあたって、絶対に押さえておきたい3つのポイントをご案内してまいります。

(婚活パーティーのプロフィールの書き方についてはこちらへどうぞ⇒婚活パーティーのプロフィールの書き方-本命に興味を持たせるためのコツ

婚活プロフィールの構成と内容

まずは、結婚相談所・婚活サイト、それぞれ1例ずつ、画面をお見せしますね。

【オーネット】

オーネットプロフィール画面

※オーネットのプロフィールはタブで基本情報・経歴・趣味特技・家族情報・価値観を切り替えて見るようになっています。

【ゼクシィ縁結び】

ゼクシィ縁結びプロフィール画面

それぞれ結婚相談所、婚活サイトで内容に多少の違いはありますが、大筋で以下のような構成になっています。

  • プロフィール写真(もしくはアバター)欄
  • 身分証や収入証明書などの提示状況欄
  • 自身の基本情報欄(年齢、年収、学歴、職業、体型等)
  • 自己PRの自由文
  • 性格やライフスタイル(趣味や休日の過ごし方)についての選択項目
  • 希望するお相手についての選択項目
  • 結婚観についての選択項目

入口がプロフィールである結婚相談所、婚活サイトでは、写真の雰囲気とプロフィール内容で出会える層と人数が決まってしまいます。

今後詳しくそれぞれについてのポイントをお話ししていきますが、あなたのプロフィールが、最多数のお相手候補に好印象を与えられるように、まずは以下3点をしっかり胸に刻んで頂きたいと思います。

  1. 婚活のプロフィール画面はセールスの場だと心得る
  2. 本人証明以外の各種証明も提出する
  3. プロフィール内に、非公開・未登録・未記入部分を作るのはNG

それぞれ解説していきますね。

婚活のプロフィール画面はセールスの場だと心得る

あなたはもしかしたら、趣味等のSNSに自己紹介をするような感覚で、婚活のプロフィールを作成しようと思っていらっしゃるかもしれません。

「僕・私はこんな人です。こういうのが好きで、こういうのが嫌い。気の合いそうな人と仲良くしたいな」

といったような、自分らしさ全開の発信をしようとお考えではないでしょうか。

飾らず素直に描かれたプロフィールは、「うん、俺を出せた、私を出せた」と、あなたにとって満足度の高い仕上がりとなるでしょう。

ですが、私はそういったプロフィールの書き方を推奨しておりません。

なぜなら、自分視点で満足のいく様に書いたプロフィールは、相手の視点に立って書かれたプロフィールに勝てないからです

くどいようですが、あなたは、このプロフィール画面で、出来る限り多くの人に、好印象を与えねばなりません。

嘘を書けとは決して言いません。意味がありませんので。

ですが、これからあなたは、
あなたという商品を売りまくるのです。

婚活プロフィールは、希望条件内のお相手をどれだけ多く惹きつけられるかが全てです。
このことを、心に刻み込んで頂きたいと思います。

本人証明以外の各種証明も提出する

ネット婚活の場合、各種証明があることでスタート地点の好感度は俄然高くなります。

特に男性で婚活サイトを利用なさる際は、本人証明だけではおぼつかないです。ネット婚活が珍しくなくなった昨今ですが、まだまだ女性の警戒心は高いです。

各種証明には、いくつか種類があります。

本人確認・・・免許証、健康保険証→近所でコピー(もしくは自宅で撮影)
住居確認・・・住民票→役所
勤務先証明・・・社員証、源泉徴収票、在籍証明書→勤務先
収入証明・・・源泉徴収票、課税証明書→役所
卒業証明・・・卒業証明書→卒業した学校
独身証明・・・独身証明書→役所

高年収の方でしたら、収入証明と独身証明、一般的な年収の方でしたら、勤務先証明と独身証明の提出をおすすめします。これらがあるのとないのとでは、女性に与える安心感に大きな差が出ます。

女性が婚活サイトを利用なさる場合は、本人確認は必須、各種証明は1つあれば十分かと思います。

プロフィール内に、非公開・未登録・未記入部分を作るのはNG

不利になりそうな点全てを開けっ広げにする必要はありませんが、選択すべき項目は選択をし、記入すべきところは記入するようにしてください。

選択や記入する欄があるのに選択・記入していないのは、不自然です

やる気がないと思われるか、故意に隠していると思われるかのどちらかです。

「この点については、書類の時点で受け入れてもらう自信がない。ある程度仲良くなってから打ち明けたい」という気持ちから、未選択にする場合もあるかもしれませんが、後出しはおススメできません。

後で、「だから今まで隠してたんだな」と相手に感じさせることになったら、印象ガタ落ちです。
ただ、卒業した学校名とお勤め先の詳細は、公開していない人が多い現状のため与える影響は少ないと思います。
この2つについては、例外としても良いと思います。

さて、ここまでよろしいでしょうか。

以前にもお話ししましたが、プロフィールは公開直後が勝負です。
完璧な状態で、初公開を迎えましょう。

以降、プロフィールのそれぞれの項目毎に、ご案内をしていきますね。
次回「婚活プロフィールの基本情報の埋め方」でまたお会いしましょう。

婚活案内人

さかな婚活サポーター

詳細プロフィール

幸せな結婚を求める人をサポートしています。婚活から結婚した自身の経験と、サポート成婚率7割の実績を以て、20代~40代の男女にリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

当サイトの概要はTOPページをどうぞ
⇒さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法

【速報】恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、現在6月いっぱいまでご予約が埋まっているため、2018年7月1日以降で受付中です。
【6/7追記】7月のご新規様ご予約枠は残り2名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。
⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

短期決着型 本気婚活のすすめ-wikiより詳しいさかなの婚活ガイド

結婚相手との出会い

自然な出会いから結婚までは平均4年かかります。(厚生労働省調べ)
これに対し、結婚相談所は半年~1年、婚活サイトは2年が出会いから結婚までの期間の中央値となっています。※成婚退会した人の中央値

希望する条件通りの人と、1年以内に結婚を具体化させたいなら、「事前に条件の一致不一致が確認できる、結婚意識が高い人とだけ出会えるサービス」を使ってお相手探しをするのが現実的です。

婚活が当たり前になってきている昨今、サービスを利用している人の人柄、容姿、職業は本当に多種多様で、普段の生活では得られない出会いのチャンスにあふれています。

結婚相談所早期結婚度 ★★★★★料金の安さ ★☆☆☆☆
婚活サイト早期結婚度 ★★★☆☆料金の安さ ★★★★☆
婚活パーティー早期結婚度 ★★☆☆☆料金の安さ ★★★☆☆
恋活アプリ早期結婚度 ★☆☆☆☆料金の安さ ★★★★☆




筆者紹介

婚活ブログのプロフィール

名前:さかな
1980年代生まれ。婚活開始から3ヶ月の間に約30人とデート(面接)をし、4ヶ月後に婚約、1年後に入籍。現在一児の母です。
自身の経験を活かしてアラサー、アラフォー男女の婚活を支援中。当ブログ読者さんからは毎月成婚のご報告が届いています。

当婚活講座では、婚活を成功に導くための活動の仕方について事細かにレクチャーしています。
講座基礎編結婚相手の選び方」から実践編本命に選ばれるための婚活講座」へと1つ1つお読み頂くことで効果が出る婚活法となっています。
その他、婚活サービス比較や婚活体験談にも力を入れておりますので、是非ご覧下さいね。

個人相談受付状況について

恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、現在6月いっぱいまでご予約が埋まっているため、2018年7月1日以降で受付中です。
【6/7追記】7月のご新規様ご予約枠は残り2名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。

⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

さかなの詳細プロフィール

はじめに-結婚したいあなたへ

当ブログの取り扱い説明書

個人サポート サービス詳細

私の婚活体験史

会員登録と定期購読のご案内

婚活卒業者さんの体験談募集

お問い合わせ

20代の婚活方法

  1. 20代女性婚活
  2. 20代男性婚活

アラサーの婚活方法

  1. 30代男性婚活
  2. 30代女性の婚活

アラフォーの婚活方法

  1. 40代の婚活、男性

    アラフォー男性の婚活方法。現実と向き合い歩むべき道を決める

  2. アラフォー女性の婚活方法。自信と誇りを。後悔のない選択を。

著作権について

婚活ブログの著作権


To the top