【pick up】最新脱毛を体験!6ヶ月で脱毛完了「ストラッシュ」(STLASSH)効果検証レポート

婚活で趣味や休日の過ごし方はどう書く?効果的な書き方と例文

婚活ライフスタイル 婚活プロフィール

婚活サポーターのさかなです。

趣味や休日の過ごし方といったライフスタイルに関する項目は、それぞれの婚活サイトは結婚相談所で色があります。

例えば、エキサイト婚活だとこのような感じです。

エキサイト婚活のプロフィール画面3

ユーブライドの画面ですと、このような感じです。

ユーブライドのプロフィール画面2

選択幅の広い項目や、自由に記述する欄をどのように埋めていけばお相手候補を惹きつけられるのか、それぞれ見ていきましょう。

IBJ結婚相談所「さかなの結婚相談室」
IBJ結婚相談所「さかなの結婚相談室」

【この記事を書いた人】

三浦さかな

特技恋愛。恋愛婚活サポーターとして数多くのマッチングアプリ・婚活パーティー・10社以上の他社結婚相談所利用者さんを成婚に導く。(⇒本気で結婚したい人の個別婚活相談IBJ系結婚相談所も運営中。【当会員活動実績】成婚率91.6% (2019-9月開所~2021-9月 成婚退会/全退会数)入会5ヶ月以内の"真剣"交際率7割達成。お見合い"自申込"成立率 平均24%(業界平均6.6%)・交際率100%(開所~2021.9現在)。モットーは「いいなと思える人との結婚を叶える」。自身は40歳バツイチシンママで6歳下年収数千万イケメンと結婚。万年ラブラブ夫婦中。

趣味・休日の過ごし方などの選択項目の埋め方

趣味と休日の過ごし方は、相手からの初メールや初デートの中で触れられる可能性の高い箇所です。

相手の放った初球に対し、どんな打ち返しができるかで、あなたへの期待値はほぼ決まることでしょう。

ですので、選択した項目に、それなりに沸かせられるネタを用意しておきたいところです。

たとえば、趣味に「映画」を選択すれば、「最近何の映画を見ましたか?」と質問される可能性は少なくないですよね。

相手が映画好きでこの質問をしていた場合、あなたの返しが、

「ここ1年以上、忙しくて映画館に見に行けていません」

だとしたら、相手のテンションはだだ下がりです。
少なくとも、1~2ヶ月の間に行動を起こしたもの、もしくは、起こす予定のものを選択することをおススメします。

これは、関係を一歩前進させるための伏線を作る意味でも有益です。
あなたが婚活サイトでやりとりしているなら、会うためのキッカケを作れますし、結婚相談所を利用なさっているなら、2回目デートに繋げるキッカケを作れます。

「けどさ、とにかく何か話題として拾ってもらえるように、選べそうなものは全部選んでおくのも手なんじゃ?」
という考えもあるかもしれません。

が、通常、相手はあなたの選択したジャンルの中から、自分が一番興味のあるジャンルを選んで球を打ちこんで来るのではないでしょうか。

興味レベルが高いということは、ある程度その世界に精通している可能性が高いということです。

メールのやり取りは言わばラリーの応酬です。
初っ端から残念な返球をしたら、その先盛り返すのは難しくなります。

それに、自分があまり詳しくないことで話を盛り上げるのは、とてもしんどい作業になるのではないでしょうか?

無駄な負担なく会うところまで持っていくためには、全く知見がない話題でも深掘りの質問でお相手を楽しませる自信がある人でない限り、それなりに返しに自信のあるものだけを選んだほうが安心です。

家事の得意度を答える選択肢について

多くの婚活サイトでは直接的に、多くの結婚相談所では間接的に、家事能力や意欲について意思表示する項目があります。

この選択は、あなたが結婚後、家事についてどのようなスタンスを取りたいのかで、多少色を付けた方が良い項目かもしれません。

結婚後、家事の一切をする気がなければ、例え家事が得意だったとしても、「デキる感」を出さない選択を推奨します。
「家庭の事は相手に全て任せたい」としておきながら、自身の家事力をMAX評価したり、ひとこと欄で「家事は全て得意」なんて記した日には、相手候補が怖気づきかねません。

専業主婦(または主夫)希望の場合は、家事面に抜かりないところをアピールして頂きたいです。
特に料理は「出来る」を選びましょう。家庭内を一手に引き受ける役割を希望しながら、「料理 不得意」では、見つかる相手も見つかりません。
(でも正直料理苦手、という方にお勧めなのがこちらの記事です⇒婚活で絶対無敵のスキル「料理」を磨こう

全くのウソはいけませんが、この項目は自己評価で、感覚は人それぞれです。
その範囲内でおさまる程度であれば、有利に見せるに越したことはありません。

ペットの選択欄について

ペットの選択欄には、現在の飼育状況に加えて、「いまは飼っていないが将来飼いたい」といった選択肢が存在している場合があります。

動物が好きであること自体が、マイナスの印象を与えることはまずないと思います。

ただ、
「ペットは大事な家族」
「飼い猫と伴侶と楽しく暮らすのが夢」
といった思いを持って「ペットありきの結婚生活」を連想させるような選択や記述をした場合、夫婦二人の新婚生活を描いている人から敬遠されるかもしれません。

また、動物アレルギーがある人や、仕事で活躍していたり出張が多い女性も「ペットを飼っている」「将来動物を飼いたい」と書いてある時点で候補から外す傾向があります。

選択肢についての解説はここまでとしまして、続いて自由文についてご案内してまいりますね。

ライフスタイル項目の自由文で相手を惹きつけるために意識したいこと

好感をもたれるための書き方として心掛けたい点は、以下の3点です。

  1. 詳細を語りすぎずに期待値アップを狙う
  2. 嫌い・苦手な事を否定しすぎない、語りすぎない
  3. 趣味などの話題の取り上げ方は「異性目線」を意識

以下に詳しく解説していきますね。

詳細を語りすぎずに期待値アップを狙う

あなたは文章でびっちりと埋め尽くされた異性のプロフィールを見て、良い印象を持ちますでしょうか。

良かれと思って、枠内めいっぱいに詳細を記述なさる方もいらっしゃると思いますが、どの質問に対してもきっちりと応えたり、沢山の回答をすると、文字だらけの真っ黒で重たいプロフィールになってしまいます。

プロフィールを、「あなたの説明書」にする必要はありません。
情報を与えれば与えるほど、相手はお腹いっぱいになって動く気を無くしてしまいます。

あなたがプロフィールですべきことは、あなたという人間を丁寧に説明することではなく、相手を刺激し、期待値を増幅させ、「もっとこの人のことが知りたい!」と思わせることです。

「自分を正確に知ってもらいたい」「共通点が多い人からレスポンスをもらいたい」という思いには大いに共感するところではありますが、映画の予告編しかり、どれだけ本筋に迫っているかではなく、どれだけ心を引き付けられるかに注力しましょう。

取り上げる話題やワードを取捨選択して最適化し(後述します)、文章量は最大文字数の8割未満を目標に作成されるのをおすすめします。

嫌い・苦手な事を否定しすぎない、語りすぎない

「納豆が死ぬほど嫌いです。腐った豆なのに食べられる人がいる事が不思議でなりません。匂いを嗅ぐだけで吐き気がします。ネバつき具合も本当にキモいです。褒めるところが一つも無い。同じような理由でオクラもダメです。あと山芋やサトイモも無理。思えば粘つくものはみんな嫌いかもしれません」

「嫌いな食べ物」について、このようなコメントがなされていたら、あなたはその人にどのような印象を持ちますでしょうか?

将来、この人と一緒に温かで幸せな家庭を築いていきたいと思えますでしょうか。

…まず、無理ですよね。遠巻きに見ている分には面白そうな人ですが。

これは、極端すぎる例ですが、意外と遠からずな書き方―自分が嫌いなものに対して容赦なく否定している方も実際に見受けられます。

「自分を知ってもらいたい」と思う時、人は好きなものを語るのと同じように、人によってはそれ以上に、自分が何に対して怒るか、嫌悪するかも語りたくなる習性があるようです。

好きな事を3つ挙げたら、なんとなく嫌いなことも3つ挙げたくなるのです。

けれど、プロフィールは文字だけの世界です。

実際のあなたを見たことも聞いたこともない人は、その言葉の印象をダイレクトに受けて、あなたと言う人間のイメージにストレートに反映させてしまいます。

婚活で、否定、下品、決めつけ言葉、ネガティブワードを使用するのは基本NG

嫌い、むかつく、イラッとする、キモイ、ウザい、無理、どうせ、別に・・・etc。

こういった言葉は使えば使うほど、マイナスのイメージを呼び込みます。

また、嫌いなものを全力で否定する人は、「視野が狭い」と思われたりと、良い印象を持たれにくいです。

嫌いなものを書き出せば書き出すほど、語れば語るほど、「面倒な人」と思われる可能性も高くなります。

苦手なこと、嫌いなことの書き方

嫌いな事や、苦手な事を書かなくてはならない場面もあるかもしれませんが、極力さらっと、柔らかい表現を心掛けましょう。

ネガティブ系の質問には、「苦手な食べ物」を例に挙げるとすると、

「納豆は未だに克服できません。唯一の食わず嫌いです」

程度の回答にしておくのが得策です。

趣味などの話題の取り上げ方は「異性目線」を意識

忘れてならないのは、プロフィールは、異性の相手候補に興味を持ってもらうためのものだということです。

自身の持ち札の中で、好きな度合いが強い順に取り上げがちですが、それを、より異性からみて印象の良いことを意識した取り上げ方に変えることが大切です。

男性で、模型作りとドライブが趣味なら、ドライブをメインに取り上げた方がより女性の興味を惹きますし、
女性で、料理とお琴が趣味なら、料理をメインに取り上げた方が男性ウケすると思います。

趣味や休日の過ごし方の文例

「週に2,3回、サルサダンスを習っています。最近やっと思うように体を動かせるようになってきました。やっぱり出来るようになってくると楽しくなりますね。先日教室の先生から、『教室の代表として次の大会に出てみないか』と声をかけて頂きました。結果を出せるようにさらに気合を入れてレッスンを頑張ろうと思います」

というPRは、

「ああ、まじめな子なんだな、習い事にも一生懸命なんだな」
と、それなりに良い印象を与えるかもしれませんが、そこ止まりになりがちです。

「サルサダンスを習って半年。メリハリあるプロポーションに憧れて頑張っていたら、思っていた以上の効果が…! 今では体型がちょっとした自慢です♪」」

といったPRのほうが、「明るくて楽しそうな人だな。(スタイルも気になるな)」と、相手候補の目を惹かせられます。

それでは今回はこの辺で。
次回は自身の結婚観と向き合わずして婚活の成功なしをお送りします。

「結婚観についてはアドバイス不要!」という人は、その次の講座「婚活自己pr文の書き方」へとお進みください。

画像をお借りしたサイト:
エキサイト婚活公式HP http://wedding.excite.co.jp
ユーブライド公式HP http://youbride.jp

タイトルとURLをコピーしました