【最新記事】⇒最新脱毛を体験!6ヶ月で脱毛完了「ストラッシュ」(STLASSH)体験レポート

専業主婦を擁するデメリット-ワークライフバランスについて

結婚するには 結婚観:専業主婦or共稼ぎ家庭

今回は、「専業主婦を擁するデメリット―ワークライフバランスについて」と題しまして、
結婚後「仕事」と「家庭」をそれぞれが専任で担う場合についてのリスクについてお話しします。

「専業主婦(夫)」を擁するのか「夫婦共にフルタイムで働く」のかによって大きく変わる結婚生活

婚活をしている方のほとんどは、
「共働きかどうかは、相手の意思も尊重しつつ決めていきたい」
とお考えになり、結婚観選択で「共稼ぎかどうかは相手次第」を選んでいるようです。

とても柔軟且つ優しい回答だと思います。

しかし私はここは厳しく問わせて頂きたい。

その優しさの中に、覚悟もおありですか?と。

「いやね、本音を言うと共稼ぎがいいんだけど、見た目とか、めちゃくちゃタイプな子が専業主婦になりたいって言うなら、こっちも折れられるっていうかさー。そういう意味で?相手によっては妥協できる的な?」

とおっしゃる男性や、

「そりゃ、専業主婦になりたいけど。でももしタイプの男があらわれて、その人が共稼ぎ希望だったり1馬力じゃちょい厳しそうな年収だったりしたらさ、やっぱり自分が働き続けることになっても、タイプの男と一緒になりたいっていうか」

とおっしゃる女性もいらっしゃるかもしれません。

お気持ちはわかります。

ですが敢えてここからは勇気を出して上から目線で言わせて頂きます。

結婚相手がタイプの人であれば、本意ではない生活形態でも、何年も何十年も合わせていけるなんて本気で思っていらっしゃるとしたら、
見通しがちゃんちゃら甘いと言わざるを得ませんごめんなさい、怒らないで。

ということで、結婚後、どのようなワークライフバランスで行くのかで、どのような生活が待っているのかを、ご案内しようと思います。

今回は、「一馬力」デメリット編です。

———————————その前の大前提として—————————————-

さかなは、「幸福度の高い結婚生活」を前提にお話ししています。
相手の負担の比重が大きくなって、不満が溜まれば、
家庭内不和となるのは目に見えてますし、
結婚生活の存続自体が危ぶまれる可能性もあります。
ここでは、「互いの負担の公平性」を意識しつつ、記事を書いていきます。

——————————————————————————————-

結婚後、専業主婦(夫)家庭=一馬力で行く場合のデメリット

収入の安定している家庭でなければ、片方が全く働かないという選択は難しいと思います。

最低でも2人分の生活費を、子供が出来たらその人数分プラスされた生活費を、一人で稼ぐことになるからです。

デフレな昨今、「1馬力」家庭を選択している夫婦は、それ程多くないのかもしれません。

片方が家庭に入ることで、大黒柱となる側の精神的なプレッシャーは、相当なものとなるでしょう。

自身に何かあったら一家総倒れです。

雇用の安定しない時代、生活の要となる収入の有無や程度が、自分1人の手にのしかかっているという精神的重圧は、一世代前には味わうことのなかった重みかもしれません。

上記の通り金銭的リスクヘッジが困難なだけでなく、以下のようなデメリットもあります。

専業主婦家庭は共稼ぎした場合と比べると世帯収入がぐっと少なくなる

所得は食費や住居費等、絶対に必要な費用に優先的に割かれていきます。(生活費の参考記事はこちら
結果、共稼ぎの場合と比べて大きく差が出るのは、趣味など好きな事に使える金額となります。

物質的な豊かさを求めたい人にとっては、我慢から来るストレスの多い日々となってしまう可能性があります。

怠け者の専業主婦(夫)を擁してしまった場合、後悔の多い結婚生活になる

専業主婦を希望する女性の全てが怠け者だと思いこまれるのも心外ではありますが、「ラクしたいから専業主婦」といった心持ちで婚活をしていらっしゃる方が全くいないわけでもないと思われます。

もしそういった女性に捕まってしまったとしたら、互いに支え合うような結婚生活を送れない危険性があります。
彼女達は自分にとって理想的な結婚をするのに必死であると想像されますので、そのような気配を隠して都合の良い男性に近づくことが予想され、簡単には見破れない可能性もあります。

結婚生活の途中で何らかの事情により共働き家庭となった場合、互いの生活満足度が激減する可能性がある

人は押し付けられる変化を嫌います。稼ぎ手側の希望でそうなったとしても、専業主婦側の希望でそうなったとしても、これまでのライフスタイルとはまるで違った生活を片方が強いられることとなった時、強いられた側から想定以上の不満が噴き出し、家庭の平穏が崩れていく可能性があります。

また、専業主婦(夫)となる側にも、当然デメリットはあります。

専業主婦は相当に高収入の家庭でない限り、自由になるお金はほとんど得られない

プレジデント社さんの2011年の発表によると、年収1千万で子供有の家族の場合、妻のお小遣いの平均は、1万円前後だそうです。驚愕の事実です。

世間の「専業主婦」への評価が低く、あまり良い印象を持たれない

「働かざる者食うべからず」
「税金の無駄遣い」

など、専業主婦はネット上では言われたい放題です。さかなも悲しくなってしまいます。

実社会でも、子だくさんでもない限り、肩身が狭い思いをすることもあります。

子供を抱えて働きに出なければならない女性も多い昨今、専業主婦が「良い身分ね」といったようなことを言われてしまうことも、現実にあります。

ですが専業主婦(夫)にとって何よりのデメリットは下記につきます。

「社会的充足感」を味わえない

夫以外の人間から評価してもらえない、社会的に役に立っているという実感を全く得られない。毎日単調な作業の繰り返し。

中には家庭に入ってから鬱を発症してしまう方もいるように、これまで社会に出て働いてきた女性(男性)にとって、社会での活躍の場が激減することは、結構しんどいことだったりします。

このように、大変マイナス要素の大きい「一馬力」家庭ですが、
実は、夫婦共に満足度が高いライフワークバランスは、「互いにフルタイム」か、「妻が無職」のどちらかの場合だったりするようです。

「1馬力家庭」にも、互いがその生活に満足できる理由があるのです。

あ、気が付けばかなりの長文になっていますね。
この続きは、次回にしましょう。
次回は、専業主婦(夫)家庭のメリットについてお話しします。

幸せな結婚を求める人をサポートしています。
婚活から結婚した自身の経験と、サポート成婚率7割の実績を以て、20代~40代の男女にリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

当サイトの概要はTOPページをどうぞ
⇒さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法

【速報】恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、2019年4月2日以降で受付中です。
【3/13追記】4月のご新規様ご予約枠は残り3名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。
⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

⇒アクセス(ご予約は上記リンク先専用フォームよりお願いします)

★youtube始めました★
⇒明日の不安を減らすための恋愛・婚活講座「ゆるふわに理詰めます」

さかな(婚活サポーター)をフォローする
結婚観:専業主婦or共稼ぎ家庭

欲しい資料だけ選べます!さかなの「無料一括資料請求」

結婚相談所の資料請求フォームは入力項目が多くて、複数に申し込むのは骨が折れますよね。
でも業者の一括資料請求は、興味のない相談所の資料までわんさか届いたり、保険などの無関係なDMが届くようになったりと、面倒が多い…

当サイトの一括資料請求は、あなたが送ってほしい結婚相談所の資料だけをお届けします。
余計なDMも一切お送りいたしません。

当サイトはSSLシステム導入で個人情報も安心です。是非ご利用くださいね。

※恐れ入りますが、クラブオーツーの資料請求には非対応となっております。

+資料請求フォームを開く
社名記載送付結婚相談所資料とわからない封筒で送付希望
必須希望する資料 オーネットツヴァイパートナーエージェントIBJメンバーズノッツェゼクシィ縁結びカウンター
必須お名前
※フルネーム
必須フリガナ
必須性別
必須生年月日(西暦)
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
必須郵便番号
必須ご住所 市区町村迄
必須市区町村以下
必須お電話番号
必須婚姻歴
必須最終学歴
必須勤務先・ご職業
必須一番気になる事

【個人情報の取扱いと利用規約について】

「さかなの結婚相談室」管理人は、業務実態に応じた個人情報保護のための管理を徹底するとともに、個人情報保護方針に従い適切かつ慎重に取り扱います。

(1)個人情報の収集について

個人情報を収集する際には、お客様・関係者様に対して収集する目的を明確にし、その目的達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。

(2)個人情報の利用について

個人情報を利用する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内のみで利用致します。

(3)個人情報の提供及び預託について

個人情報を第三者に提供または委託する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内でこれを行います。

【利用規約】

1.定義
(1)「本サービス」とは、「さかなの結婚相談室」管理人(以下管理人といいます)が、当ホームページで提供する一連のサービスを指すものとします。
(2)「ユーザー」とは、「さかなの結婚相談室」利用規約(以下「本規約」といいます)の内容に同意した上で、本サービスをご利用する方を指すものとします。
(3)「提携事業者」とは、本サービスを提供するにあたり管理人と提携した事業者を指すものとします。

2.本規約の範囲、適用
本規約は、本サービスをご利用するユーザーに適用されます。管理人は、本規約の定めに従うことに同意することを条件として、ユーザーに対し、本サービスの利用を許諾いたします。

3.サービス
本サービスの内容は以下の通りとします。
(1) 当ホームページを通じた提携事業者及びその内容、広告情報等の紹介。
(2) ユーザーから提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼の受付
(3) ユーザーから受け付けた資料請求・サービス案内依頼の提携事業者への転送
管理人から資料請求・サービス案内依頼を転送された提携事業者は、ユーザーに対し、当ホームページに定める期間内に当ホームページに定める方法で連絡します。

4.ユーザーと提携事業者の契約
(1) 管理人は、ユーザーと提携事業者との取引契約の成否及びその履行、提携事業者が提供する商品・サービス等の内容、質、法的妥当性等に関しては、これを保証せず、ユーザーに対し、これらに関する一切の責任を負わないものとします。
(2) ユーザーは、提携事業者が提供する商品・サービス等の購入・利用に関しては、自己の責任において直接提携事業者と交渉、契約等を行うものとし、当該商品・サービス等に関する質問・要望等はユーザーが直接提携事業者に対して行うものとします。
(3) ユーザーは、当ホームページ及び電子メール、ダイレクトメール、電話等で提携事業者が提供するサービス・商品及び広告情報等が、提携事業者の責任において提供しているものであることを理解した上で、提携事業者との間でサービス・商品等の提供を受けるものとします。
(4) ユーザーと提携事業者の契約等に関して何らかの問題が生じた場合、ユーザーは自らの責任と負担により解決することとし、管理人は一切これに関与しません。
(5) ユーザーは、提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼を取り消す場合、または提携事業者との間で締結した契約を解除する場合、自ら当該提携事業者に直接連絡をするものとします。
5.ご利用上の注意
本サービスのご利用にあたっては、管理人が指定する方法に従って申し込むものとします。管理人が指定する方法に従わないことにより、ユーザーが不利益を被ったとしても、管理人は一切の責任を負わないものとします。

6.ユーザー
本サービスの利用及び設備等
(1)ユーザーは、本サービスのご利用にあたり、本規約等を遵守するものとします。
(2) 本サービスのご利用は、無料です。
(3)管理人及び提携事業者との連絡手段として電子メールアドレス等必須事項を提供していただけない方は、本サービスをご利用いただくことができないものとさせていただきます。
(4) 本サービス利用の際の入力事項に、虚偽の記載、誤記、または入力漏れがあった場合、ご本人様へ確認をさせていただく場合がございます。
7.個人情報
個人情報の収集目的及び収集手段
(1)個人情報の収集は、本サービスの充実ならびに円滑なる提供(提携事業者に対する個人情報の提供、提携事業者による商品・サービスの提供を含みます)及び本サービスの円滑な運営を目的として、当該目的の達成に必要な範囲内で行うものとします。
(2) 個人情報の収集は、当ホームページ上での入力により行うものとし、ご提供時に送信ボタンへのクリックをなさることによって本人の同意を得たものとします。

7. お客様・関係者様の権利の尊重

管理人は、お客様・関係者様の権利を尊重し、お客様・関係者様から自己の個人情報について以下の対応を求められた際には、速やかにこれに応じます。

・ご自身の個人情報の開示
・ご自身の個人情報の訂正・削除
・自己の個人情報の利用拒否、及び提供の拒否

2016年3月25日制定

さかなの結婚相談室 管理人 池田千紘
連絡先:E-mail:sakanainfo@chainhearts.com


上記を確認し、チェックをお願いします。

※料金・会員数・成婚率・サービス充実度…実績がある大手結婚相談所5社を徹底比較した記事⇒おすすめ結婚相談所比較

さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法