【最新記事】⇒最新脱毛を体験!6ヶ月で脱毛完了「ストラッシュ」(STLASSH)体験レポート

楽天オーネットで出会った年下の営業職さんに振られた話-さかな史20

婚活デート オーネット体験談

今回は、オーネットで出会った3歳年下のDさん(仮称)との一部始終についてお話しします。

Dさんプロフィール(当時)

出会いのきっかけ:オーネット初度紹介
年齢:25歳
学歴:四大学卒
職業:食品会社の営業職
年収:420万円
婚姻歴:初婚
居住地:東京24区
身長:170cm
体重:多分56kg位
血液型:O型
メールから受けた印象:営業職的なハツラツとした雰囲気
メール頻度:3往復でアポイント
趣味:映画鑑賞・散歩

私がオーネットで出会った男性全員のプロフィールについて紹介しております記事はこちら

Dさんとのメッセージのやりとりについて

Dさんのメールは、簡潔でハキハキとしていて、明るい印象でした。

前日には、
「お店、こちらを予約しておきました(→URL)。昨日四国に出張があって、お土産買ってきたので持っていきますね^^、ではでは明日はよろしくお願いします!!」
といったメールをくださり、なんだか漫画に出てくる若手の営業さんみたいだな、と感じました。

営業職の方は出会いの場でも営業さん

婚活中、営業職の方とご縁があった際、「ああ、営業のお仕事されてる方らしいなぁ」と感じることが多かったです。
お客さんに対するかのような、礼節のある立ち居振る舞い、余裕を感じるスマート対応。配慮をありがたく感じる一方、それが必ずしも女心に嬉しかったかと言うと、正直その限りでもありませんでした。

初対面での応対に仕事感、慣れてる感が見えてしまうと、「婚活デートを数さばいてる」と見られてしまうケースもあるのかな、と思った次第です。(単に私への期待値が高くなかったせいかもしれません)

Dさんとのデート

Dさんとは計3回デートをしました。

1回目のデート:新宿でランチ

Dさんは待ち合わせ場所に5分前に着いた私を出迎えて下さりました。
駅近ビルの上階にあるお店を予約下さっていて、広い窓がある掘りごたつの個室で一緒に和食を食べました。

食事をとりながら、映画はどんなジャンルや作品が好きかといった趣味の話を中心に、和やかな時間を過ごしました。

Dさんはメッセージ上ではハツラツとした方でした(笑顔の顔文字やビックリマークを良く使ってらっしゃいました)が、実際に会ってみると、とても落ち着いた方でした。
感情があまり表に出ない方で、少し驚くくらいのギャップがありました。

けれどもこちらのアクションに対し無反応というわけではなく、きちんと受け止めて、リアクションをしてくださいました。
また、表情は薄いけれども、会話が苦手なわけではないようで、私が興味を持っているような話題を振って下さったりもしました。

25歳という若さで婚活をしている理由について、「兄に子供が生まれてすごく可愛くて、自分も早く結婚したいと思った」とおっしゃいました。
少し考えながら、言葉を選んでお話される様子に、真面目さが色濃く出ていました。

2時間弱のランチタイムを終えて、別れ際、「また会ってもらえませんか?」と言われ、私は笑顔で「ありがとうございます。是非」と答えました。

1回目のデート後のメールのやり取りについて

当日に、私からお礼のメールを送りました。
その返しに、「次回は映画に行きましょう」とお誘いを受け、乗っかる文を簡潔に返しました。
その3日後、次週のお誘いを頂きました。

2回目のデート:映画鑑賞

新宿で平日夜にアクション映画を観ました。
Dさんが予約をして下さっていて、見やすい席で楽しむことが出来ました。

その後、近くのパスタ屋さんで夕食をご一緒しながら会話を楽しみました。
Dさんが最近転職したばかりで今の環境に恵まれていると感じていることなど、お仕事についての話を色々と伺いました。

デートの最後に、前回に続いてまたもやお土産を頂きました。
「荷物になると思ったから、最後に渡そうと思って」
若いのに配慮の人だな、と驚きました。

お店を出たところでDさんが、「次はどこへ行きましょうか?週末は空いていますか?」とお誘いをくださいました。
私は、「良かったら庭園でもお散歩しませんか?ただ、今週末は別の予定があるので来週でお願いしたいです」と答えました。この時、お相手の表情が僅かに曇りました。

微妙な間があった後、「いいですね、じゃあ、来週の日曜で」と、おっしゃいました。

ちょっと気まずくなった帰り道

「今、何人位とやりとりしてますか?」

歩きながら、ダイレクトに質問されました。

「これまでDさんの他に、2人、お会いしました」
「その方たちとは続いていますか?」
「続いているという状態と言えるのかどうか…こちらからは特には何も」

本当はこの時点で5人以上と会っていて、控えている初回デートも同じ数位ありましたが、そう答えました。

「凄いな。僕はかけもちとか無理だから、1人に集中して会っています」

私は「ありがとうございます。Dさんみたいな方にそんな対応してもらえるなんて嬉しいです」と答えました。

Dさんはそれ以上突っ込んでは来ませんでした。

Dさんとの最後の逢瀬:庭園でお散歩

3回目のデートは、浜離宮の庭園に行きました。

良い天気に恵まれ、ゆっくりとお散歩することができました。
穏やかな景色の中、お互い心もほぐれて、これまで以上に自然体で話が出来、これまでの彼との時間で一番楽しいと感じられるデートとなりました。

そんな中、事態は急変します。

2人の分かれ道

「今日は、さかなさんに言わなきゃならないことがあります」

一通り回って、ベンチに座って休んでいる時、Dさんが改まっておっしゃいました。
そう口にした彼の表情が急に冴えなくなったこと、私が過去にAさんの流れを経験していたこともあり、これから起こることが、何となく想像できました。

「僕は、さかなさんと会うのはこれで最後にしようと思っています」

彼は続けました。

「これは僕の個人的な拘りなのかもしれませんが、1人と向き合って、答えが出るまでその人とだけ続けていきたいと考えています。同時並行で何人かと続けていくのは、するのもされるのも嫌なんです。しかし、さかなさんはそうは考えていらっしゃらないようなので、このまま続けていくのは厳しい。でも、僕の考えを押し付けるつもりはないので、これで最後にしようと思いました」

「…」

私は10秒くらい沈黙しました。
そして、

「わかりました」

と一言答えました。

そうしましたらば、Dさんは明らかに驚いた顔をしました。
この反応は全くの予想外で、私もまた驚きました。

Dさんは動揺した様子を見せながらも、「勝手なことを言ってすいません」と私に言い、「今話した通り、僕は1人に集中するタイプの人間なので、メールも今後しませんし、今日で最後にしてもらえたらと思います」と続けました。

彼の声色は強く、やや攻撃的に感じられました。
私は落ち着いて、『あなたの意思を尊重し受け入れます』という気持ちをお渡しできるように、「はい。それぞれの考えがありますので、仕方ないですよね」と答えました。
その回答に、今度はまるで自分が振られたかのように傷ついた顔をして私から目をそらしました。

(あれ?もしかして、私が「Dさんだけにするから続行してください」って言う流れに持っていきたかった?)

当時思わずそんな邪推をしてしまったくらい、彼のリアクションは不可思議に思えました。

…今思い返せば、そんな私の想像は思い上がりで、彼が多分2回目デートの後から一週間悩み通して出た結果を、私がろくに悩みもせず簡単に受け入れてしまったためなのだと想像できます。
私との今後を真剣に考えてくださった上での葛藤でもあったはずなのに、私はそのことについて、しっかり察することが出来ずにいました。

このことを恥じる一方で、しかしながら今でも変わらない思いもあります。

それは、婚活は「幸せな結婚生活が送れる相手」を探すためのものであり、それが叶う相手かを最終判断するには、2、3回の逢瀬ではあまりに少ないこと。
そうである以上、「女性の市場価値や、妊娠出産をライフプランとして考えた際に残された時間」という現実的問題を考えた時、Dさんの説く「常に1対1でのお相手探し」は、あまりにリスクが大きいということです。

相手が私一人を見て下さっているのに、それを知りながら、何人ものお相手を掛け持ちしている私は、フェアではないと思います。
ですから、彼がそんな私に対して「NO」を突きつけたのは理解できます。

しかしながら、婚活において、年齢が成否に影響するのが間違いない事実である以上、「1対1」を主義とするのは配慮に欠けた行為であると思わざるを得ません。

「その主張は、25歳男性で婚活をしているあなたのように、時間を気にせずに婚活出来る人にしか通用しない考えだよ」

そう感じてしまったことも、やむを得ぬことだったと今でも思っています。

Dさんとの今生の別れ

駅で最後のサヨナラをする時、Dさんはこうおっしゃいました。

「うーん、これで最後っていうのはつらいなあ…」

私は困り顔をしながらこう答えました。

「Dさんが私を振ったんですよ(笑)」

彼は苦笑しながら、
「だけど、メール位なら、友達として、別に良い気がしてきました」
なんておっしゃいました。

…Dさんはきっと本当に優しい人なのだと思います。
しかしここは僭越ながらちょっとお姉さんになって、私はこう答えました。

「Dさんには、この先素敵な女性が現れます。その時、婚活で知り合った他の女性の存在があったら彼女は悲しみます。…ここで、さよならです」

彼は私の言葉を受け止め、考え、小さくうなずきました。

「わかりました」

私たちは別々の方向に歩き始めました。

私は振り返りませんでした。
多分、Dさんも振り返らなかったと思います。

結婚して今思うこと

ご縁には、タイミングや巡りあわせがあるということを、自身の婚活時代を思い返して良く感じます。

もし、Dさんと婚活後半で出会っていたら、2回目のデートの帰り道に、私は違う回答をしたと思います。
同じようなシーンで、私は主人に違う回答をしました、そのお蔭で今があるのかもしれません。
主人にした回答をDさんにしていたら、それがその後の流れを、ひいては今の私の環境を変えることになったかもしれません。

あれから6年が経ちますが、Dさんはまず間違いなく、素敵な女性と優しさに満ちた幸せな家庭を築いていると思います。

幸せな結婚を求める人をサポートしています。
婚活から結婚した自身の経験と、サポート成婚率7割の実績を以て、20代~40代の男女にリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

当サイトの概要はTOPページをどうぞ
⇒さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法

【速報】恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、2018年12月1日以降で受付中です。
【12/5追記】12月のご新規様ご予約枠は残り1名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。
⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

さかな(婚活サポーター)をフォローする
オーネット体験談

欲しい資料だけ選べます!さかなの「無料一括資料請求」

結婚相談所の資料請求フォームは入力項目が多くて、複数に申し込むのは骨が折れますよね。
でも業者の一括資料請求は、興味のない相談所の資料までわんさか届いたり、保険などの無関係なDMが届くようになったりと、面倒が多い…

当サイトの一括資料請求は、あなたが送ってほしい結婚相談所の資料だけをお届けします。
余計なDMも一切お送りいたしません。

当サイトはSSLシステム導入で個人情報も安心です。是非ご利用くださいね。

※恐れ入りますが、クラブオーツーの資料請求には非対応となっております。

+資料請求フォームを開く
社名記載送付結婚相談所資料とわからない封筒で送付希望
必須希望する資料 オーネットツヴァイパートナーエージェントIBJメンバーズノッツェゼクシィ縁結びカウンター
必須お名前
※フルネーム
必須フリガナ
必須性別
必須生年月日(西暦)
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
必須郵便番号
必須ご住所 市区町村迄
必須市区町村以下
必須お電話番号
必須婚姻歴
必須最終学歴
必須勤務先・ご職業
必須一番気になる事

【個人情報の取扱いと利用規約について】

「さかなの結婚相談室」管理人は、業務実態に応じた個人情報保護のための管理を徹底するとともに、個人情報保護方針に従い適切かつ慎重に取り扱います。

(1)個人情報の収集について

個人情報を収集する際には、お客様・関係者様に対して収集する目的を明確にし、その目的達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。

(2)個人情報の利用について

個人情報を利用する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内のみで利用致します。

(3)個人情報の提供及び預託について

個人情報を第三者に提供または委託する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内でこれを行います。

【利用規約】

1.定義
(1)「本サービス」とは、「さかなの結婚相談室」管理人(以下管理人といいます)が、当ホームページで提供する一連のサービスを指すものとします。
(2)「ユーザー」とは、「さかなの結婚相談室」利用規約(以下「本規約」といいます)の内容に同意した上で、本サービスをご利用する方を指すものとします。
(3)「提携事業者」とは、本サービスを提供するにあたり管理人と提携した事業者を指すものとします。

2.本規約の範囲、適用
本規約は、本サービスをご利用するユーザーに適用されます。管理人は、本規約の定めに従うことに同意することを条件として、ユーザーに対し、本サービスの利用を許諾いたします。

3.サービス
本サービスの内容は以下の通りとします。
(1) 当ホームページを通じた提携事業者及びその内容、広告情報等の紹介。
(2) ユーザーから提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼の受付
(3) ユーザーから受け付けた資料請求・サービス案内依頼の提携事業者への転送
管理人から資料請求・サービス案内依頼を転送された提携事業者は、ユーザーに対し、当ホームページに定める期間内に当ホームページに定める方法で連絡します。

4.ユーザーと提携事業者の契約
(1) 管理人は、ユーザーと提携事業者との取引契約の成否及びその履行、提携事業者が提供する商品・サービス等の内容、質、法的妥当性等に関しては、これを保証せず、ユーザーに対し、これらに関する一切の責任を負わないものとします。
(2) ユーザーは、提携事業者が提供する商品・サービス等の購入・利用に関しては、自己の責任において直接提携事業者と交渉、契約等を行うものとし、当該商品・サービス等に関する質問・要望等はユーザーが直接提携事業者に対して行うものとします。
(3) ユーザーは、当ホームページ及び電子メール、ダイレクトメール、電話等で提携事業者が提供するサービス・商品及び広告情報等が、提携事業者の責任において提供しているものであることを理解した上で、提携事業者との間でサービス・商品等の提供を受けるものとします。
(4) ユーザーと提携事業者の契約等に関して何らかの問題が生じた場合、ユーザーは自らの責任と負担により解決することとし、管理人は一切これに関与しません。
(5) ユーザーは、提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼を取り消す場合、または提携事業者との間で締結した契約を解除する場合、自ら当該提携事業者に直接連絡をするものとします。
5.ご利用上の注意
本サービスのご利用にあたっては、管理人が指定する方法に従って申し込むものとします。管理人が指定する方法に従わないことにより、ユーザーが不利益を被ったとしても、管理人は一切の責任を負わないものとします。

6.ユーザー
本サービスの利用及び設備等
(1)ユーザーは、本サービスのご利用にあたり、本規約等を遵守するものとします。
(2) 本サービスのご利用は、無料です。
(3)管理人及び提携事業者との連絡手段として電子メールアドレス等必須事項を提供していただけない方は、本サービスをご利用いただくことができないものとさせていただきます。
(4) 本サービス利用の際の入力事項に、虚偽の記載、誤記、または入力漏れがあった場合、ご本人様へ確認をさせていただく場合がございます。
7.個人情報
個人情報の収集目的及び収集手段
(1)個人情報の収集は、本サービスの充実ならびに円滑なる提供(提携事業者に対する個人情報の提供、提携事業者による商品・サービスの提供を含みます)及び本サービスの円滑な運営を目的として、当該目的の達成に必要な範囲内で行うものとします。
(2) 個人情報の収集は、当ホームページ上での入力により行うものとし、ご提供時に送信ボタンへのクリックをなさることによって本人の同意を得たものとします。

7. お客様・関係者様の権利の尊重

管理人は、お客様・関係者様の権利を尊重し、お客様・関係者様から自己の個人情報について以下の対応を求められた際には、速やかにこれに応じます。

・ご自身の個人情報の開示
・ご自身の個人情報の訂正・削除
・自己の個人情報の利用拒否、及び提供の拒否

2016年3月25日制定

さかなの結婚相談室 管理人 池田千紘
連絡先:E-mail:sakanainfo@chainhearts.com


上記を確認し、チェックをお願いします。

さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法