【pick up】最新脱毛を体験!6ヶ月で脱毛完了「ストラッシュ」(STLASSH)効果検証レポート

とても好きになれる相手と出会ったが、結婚までどう進めていけばいいのか分からない-婚活悩み相談

婚活相談 無料結婚相談過去ログ
IBJ結婚相談所「さかなの結婚相談室」
IBJ結婚相談所「さかなの結婚相談室」

【この記事を書いた人】

三浦さかな

特技恋愛。恋愛婚活サポーターとして数多くのマッチングアプリ・婚活パーティー・10社以上の他社結婚相談所利用者さんを成婚に導く。(⇒本気で結婚したい人の個別婚活相談IBJ系結婚相談所も運営中。【当会員活動実績】成婚率91.6% (2019-9月開所~2021-9月 成婚退会/全退会数)入会5ヶ月以内の"真剣"交際率7割達成。お見合い"自申込"成立率 平均24%(業界平均6.6%)・交際率100%(開所~2021.9現在)。モットーは「いいなと思える人との結婚を叶える」。自身は40歳バツイチシンママで6歳下年収数千万イケメンと結婚。万年ラブラブ夫婦中。

相談者さつきさんの婚活状況と情報詳細

年齢:20代後半
性別:女性
婚活歴:【一年以上】
使用ツール:【結婚向き婚活サイト数箇所、結婚相談所複数】

さつきさんの情報詳細

家族構成:【両親と兄弟の4人家族】、同居
婚活地域:【婚活がそこそこ活動的な地域】

容姿:並
体型:【身長やや高め】、中肉中背
ファッション:MORE系

最終学歴:大学

希望条件

一緒にいて楽しい、落ち着く関係

※頂きましたコメントの【 】内に関しましては、個人情報を配慮しさかなの手によりぼかしています。
(実際には詳細にお書きいただいており、その状態で拝見した上での回答となります)

ご相談内容

さかなさん、初めまして。さつきと申します。

ブログの記事のほとんど全て拝読し、大変感銘を受けました。新たな価値観を得ることができ、本当に感謝しています。
僭越ながら私の現在の状況についてご意見をいただければと、ご相談させていただきます。

婚活を通してとても惹かれるお相手と出会い、ありがたいことにおつき合いに至りました。
ただ、お相手の方も結婚の意志をお持ちのようですが、私がどう進めていけばいいのか分からず、不安です。下記の方法を考えているのですが、いかがでしょうか。

  1. 次回お会いしたときに今後の展望(「結婚は年内ではどうか、そのためには夏までにはご挨拶や婚約を考えてほしい)など私の本音を伝えてしまう
  2. 3ヶ月はひたすら「お相手に結婚したいと感じてもらえるように努力し、夏になってもお相手から何も動きがなければご挨拶や婚約をほんのり促してみる

さかなさんのご意見を聞かせていただければうれしく思います。
お返事お待ちしております。

――その後の追記情報として、

  • この冬に会って、最近お付き合いに至ったこと
  • 初めて会ってからコンスタントにデートしていること
  • 駆け引きは苦手な性分
  • その相手には、結婚相手として相性の良さを強く感じている。
  • 数回目の逢瀬の際、結婚までの希望の期間を伝え、賛同を得られた

ことをお伝え頂きました。

さかなの回答

さつきさんのお望みは、「今気になっている人と結婚に至りたい」と解釈しました。

さつきさんがお話し下さった情報には、

  • 出会いは連盟系結婚相談所か、大手相談所か、それとも婚活サイトか
  • 彼がどんな人なのか。(婚活市場価値的に、気質的に)
  • デートの約束はどちらから取りつけているのか
  • 何度かデートを繰り返す中で、彼のさつきさんへの温度や対応はどうなっていったか

といったことをお伝えいただけておりませんので、精度の高いアドバイスは出来かねますが、頂いた情報内で私なりに想像してお伝えしますね。

―――

  • お相手の方も結婚の意志を持っている(との話)
  • 初めて会ってからコンスタントにデートしている
  • 数回目の逢瀬の際、結婚までの希望の期間を伝え、賛同を得られた

とのことですので、彼も(現時点では)さつきさんとの結婚を意識した上で逢瀬を重ねている可能性が非常に高いと思います。

アドバイスとしましては、

「しばらくお尻を叩く必要はない」というのが私の見解です。

さつきさんは、長く辛く苦しい婚活の果てに、今回初めて心沿わせられるお相手を見つけたご様子ですので、その分、不安や焦りも大きく感じていらっしゃるかと想像します。

しかし、それが表面に出てしまうような応対をなさると、お相手のテンションが下がる可能性の方が高いです。

通常、お相手が結婚までの期間に賛同した上で交際を続けていらっしゃるのなら、そして本当にさつきさんと結婚したいお気持ちがあるなら、
お相手もその期間を意識して、今後何らかのアクションをされていくと思います。

結婚の時期やスタイルについて、聞かれていないのに主張したり、彼を追いつめかねない発言・行動をすることは、大抵の場合、百害あって一利なしです。

特に、

  • 連盟系相談所からの出会いで、本交際ではなく、仮交際の最中である(=さつきさんの他に仮交際の女性を作れる状況)
  • 連盟系相談所以外からの出会いで、真剣交際の告白は受けたけれど、その告白の中で「結婚前提」と彼からしっかり意思表示されていない
  • 連盟系相談所からの出会いで、本交際には進んだけれど、客観的に見てさつきさんの方が彼にお熱の状態

上記に当てはまる場合は、「お相手に結婚したいと感じてもらえるように努力」を2ヶ月は続ける覚悟でいらっしゃる方が安全かな、と思います。

もし、交際開始から3ヶ月経っても何の進展もない場合は、彼はさつきさんと結婚したい気持ちを忘れてしまったか、もしくは結婚に踏み出すことを躊躇し始めたかのどちらかの可能性が高いと思います。
この時点で「どうするの?」を真正面から突きつけるのは、あまり得策とは言えません。
苦手とおっしゃいますが、最後の希望をかけて、デート中以外の時間の対応を低体温にされることをお勧めします。

「結婚は年内ではどうか、そのためには夏までにはご挨拶や婚約を考えてほしい)など私の本音を伝えてしまう」ことでスムーズに行く場合もあると思います。

但し、ややリスキーな方法ですので、

さつきさんが彼から結婚を前提に告白を受け、その上で交際をなさっている、且つ、その交際が順調で彼の温度がとても高い状態でいらっしゃるなら、
彼の体調や機嫌が良く、場所的シチュエーションでも良いところを見計らって、ムードを壊さないような導入で、慎重に話を打ち明けられても良いと思います。

言い出し方の例としましては、ロマンチックで静かな場所を手を繋いで歩きながら、

「○○さんとこんな風に一緒に歩いているのが自分の中ですごくしっくり感じます」

みたいな感じです。
それに同意してくれたら、

「こうやって、二人でずっと時間を重ねていくこと、どう思いますか?」

と聞き、それについて前向きな答えをもらえたら、

「もし良かったら、私、○○さんのご両親に、早めにご挨拶させて頂きたいです。こうして真剣に交際させて頂いているので、後々失礼が無いようにしておきたいです」

といった形で、外堀から埋めていく作戦に出られても良いと思います。

――今回のご投稿で、第一稿の他に追加訂正としまして、5回ご投稿いただきました事から考えまして、さつきさんはちょっとおっちょこちょいだったり、焦って行動に出てしまう気質もおありなのかな、と想像します。

こういった隙がある部分は、さつきさんの可愛らしさを引き立て、守ってやりたいと感じさせることもあるかと思います。それが、さつきさんの良い持ち味にもなっているかと思います。

その反面、やり取りの中でこれが悪目立ちしてしまいますと、相手の温度を急速冷凍する事態にもなりかねません。

幸せな未来を招くために、お相手候補とのメールのやりとり時は連続投稿とならないように細心の注意を払い、特に結婚に関する発言に関しては慎重にしていただきたく強く願います。

さつきさんには、私がご紹介しております本の中で、「恋愛マトリクス」と「ルールズ」を一読されることをお勧めします。
(amazonで中古で物凄く安く買えると思います)
駆け引きは苦手とのことですが、「男女のやり取りの中でやってはいけないこと」について学ぶ良い教材となるかと思いますで、是非ご覧頂ければと思います。

私の回答は以上です。

タイトルとURLをコピーしました