【pick up】最新脱毛を体験!6ヶ月で脱毛完了「ストラッシュ」(STLASSH)効果検証レポート

子供が欲しいから結婚したい人へ-子供を持つ、持たないの選択

子供が欲しいから結婚 子供を持つor持たない

あなたにとって、将来子供を生んで育てることは、どの位重要なことでしょうか。

「最重要必須事項だ。自分の子供を育てられないなら、結婚する意味がない」
といった方から、
「子供が欲しいか欲しくないかと聞かれたら、そりゃあやっぱり欲しいよね」
と言う方、
「どちらかというと欲しくない。子供をちゃんと育てられる自信がないし」
また、
「かなり欲しいけれど、年齢的に厳しいので不安や焦りがある」
「絶対に欲しくない。子供を持つくらいなら、独り身を貫いて将来孤独死した方がましだ!!」

といった方も中にはいらっしゃることと思います。

IBJ結婚相談所「さかなの結婚相談室」
IBJ結婚相談所「さかなの結婚相談室」

【この記事を書いた人】

三浦さかな

特技恋愛。恋愛婚活サポーターとして数多くのマッチングアプリ・婚活パーティー・10社以上の他社結婚相談所利用者さんを成婚に導く。(⇒本気で結婚したい人の個別婚活相談IBJ系結婚相談所も運営中。【当会員活動実績】成婚率91.6% (2019-9月開所~2021-9月 成婚退会/全退会数)入会5ヶ月以内の"真剣"交際率7割達成。お見合い"自申込"成立率 平均24%(業界平均6.6%)・交際率100%(開所~2021.9現在)。モットーは「いいなと思える人との結婚を叶える」。自身は40歳バツイチシンママで6歳下年収数千万イケメンと結婚。万年ラブラブ夫婦中。

結婚の意義が多様化している現代では、子供を持つかどうかの意思確認が必要

同性婚すら認められつつある現代において、結婚=子供を生み育てるためのシステム、という概念はもはや失われつつあるのかもしれません。

が、結婚の形が多様化してきているからこそ、「子供を持つ・持たない」について、事前の意思確認が必須になってきているとも言えます。

「いやいやいや結婚したら普通、子供を生んで育てるべきでしょ!」
と考えている人の方がまだ多いかもしれませんが、それを「当然」と思って相手に押し付けたところで幸せな結婚生活は送れません。

逆に、
「このご時世、子供を持たないことも一つの選択であり権利でしょ」
と考えている人が、その考えを一方的に貫いても、幸せな結婚生活は送れません。

「趣味が合うこと」に重きを置いてお相手探しをされる方も少なくないと思いますが、
子供を「持つ」「持たない」についての意見の相違が結婚生活に及ぼす影響は、趣味の相違どころの騒ぎではありません。それも場合によっては一大事ですが。

結婚後この点に決定的な相違が出れば、とんでもない高確率で、結婚生活は破たんします。

ということで、今回から上記に挙げたコメント例別に、お話しをして参ります。

結婚したら絶対に子供が欲しい人へ

「子供得ずして満足いく結婚なし」

と、お考えのあなたは、
子供が「欲しい」「欲しくない」の意思確認だけで、相手と結婚してはなりません。

その程度の確認だけでは、あまりにも心もとないからです。

(自分の)子供が絶対欲しい方は、当然、「子供が欲しいと思っている」方を探すと思います。

同時に、相手が年齢や健康状態などによって、子供を生み育てられるかどうかを選別の基準にしておられると思います。

が、そうでありながら、ご自身が実際に子供を授かれる体であるのかどうかに関して、無頓着でいらっしゃったりはしないでしょうか。

その状態で、本当に「子供が欲しいと思っている方」と結婚して大丈夫でしょうか。

「俺は40代だけど男だから、まず大丈夫だろう」
「私は20代だし、平気でしょ」
とあなたはおっしゃるかもしれません。

けれど、20代の健康な女性であっても、10人に1人は、不妊治療無しに授かるのが難しいと言われています。

そして不妊の原因の半分は、男性にあります。男性の場合、不妊の原因に年齢はあまり関係していないそうです。

もしあなたが自覚なく子供を授かるのが困難な体質だった場合、自分はもちろん、相手までをも不幸にする可能性があります。
あなたの不妊体質が判明した時、相手は「お前そりゃあ詐欺だろ」と感じるかもしれません。

逆に、先述のように「若い女性から大丈夫だろう」「男性だからその年齢でも問題ないだろう」と選んだ相手が、不妊体質でない保証も、どこにもありません

事前に何の検査もせず結婚するのでしたら、
「お互い子供が欲しい同士結婚したけど、片方が不妊体質で子供が自然妊娠できないことが分かった」
という事態も覚悟せねばなりません。

勿論どんなに対策をしても、最悪のケースが起こる可能性は0ではありません。
が、備えられる備えをすることで、それが起こる確率を減らせることは事実です。

子供が欲しい人は、婚活時から子供を持つことについて知っておくことが大切

以前私は、 子供を授かることについての記事を、専門機関の資料を元に書きました。

是非こちらもご覧になってください。

婚活時から、子供を授かることについて考える

また、実際に子供を持つ予定のあなたは、子供を持つことで増える出費についても、気になるところですよね。

教育についてかかる具体的な金額をご紹介した参考記事はこちらです。

婚活時から、子供にかかるお金のことについて考える

では今回はこの辺で失礼します。
次回もがんばりましょう。

タイトルとURLをコピーしました