子供が欲しくない、子供を産まないとお考えの方-子供のいない人生

子供が欲しくない、子供を産まないとお考えの方-子供のいない人生

子供を持たない選択

今回は、子供が欲しくない方へ向けたお話しとなります。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※今回の記事は、「物理的に子供を持つことが非常に困難、もしくは不可能」な方についての配慮をしておりません。
私はそういった方々のことを責めたり非難する気持ちは全く持っておりません。
そして、「持てるけれど持たない」選択をされることについても、中立の考えでいるつもりです。
ただ、私が想像できる範囲で、実際に可能性があることをお話ししている中に、過度に読者の心を傷つける場合があるかもしれません。そのことについて、先にお詫び申し上げます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「婚姻」という制度が、愛の証明の為に存在しているものだと認識されつつある現在です。

そうした中で「子供を持たない前提で結婚」することも、市民権を獲得し始めて来たように思います。

とはいえ、もしあなたがこの選択をする場合は、さまざまな覚悟をしなければなりません。

その覚悟について、確認していきたいと思います。

先祖代々続く命の連鎖を、あなたの手で終わらせる覚悟

人は、長くても100年程で死にます。大きな功績を残したり、大変な過ちを犯した人以外は、自分が死んで100年もしないうちに、誰に思い出されることもなくなります。

けれども、あなたが愛する人を見つけ、その人と子供を育てたという事実は、その子供や子供の子供が存在し続けることで、この世に残り続けます。

あなたが子を持ち育てた場合、命のリレーのバトンを、あなたは責任をもって次世代へと繋げたことになります。

あなたが存在するのは、あなたの父と母があなたをこの世に誕生させ、育てたからです。

あなたは、あなたの父と母がこの世に生まれた証明であると共に、あなたのご両親が命のバトンを次世代へ繋いだ証明でもあるわけです。

それは、生物学的にみると、人間としての一番重要な責任を果たしたという証明に他なりません。

あなたが子供を持たない選択をするということは、あなたが生まれるまで脈々と受け継がれてきた命のバトンを放り投げ、リレーからリタイアすることを選択するのと同意義です。

父や母や祖父、曾祖母、他のあなたが生きていることで存在を証明されていた亡き方々もろとも、本当の意味でこの世から消滅させることに繋がります。

とはいえ、あなたは生まれてきたからには、周りにとんでもない迷惑をかけない範囲で、自分が幸せに生きる権利も持っています。

あなたは、子供を持たない選択をするのも「自由」とされるご時世に生を受けました。

それを権利として行使することは当然可能です。

但し、もしあなたが、あなたのご両親について、感謝の気持ちや愛する気持ちをもっているなら、命のリレーを責任を持ってつなげてきたあなたのご両親が、あなたのその選択に望むような反応をしなかった場合も、その気持ちを一旦は受け留めて頂きたいと思います。

結婚相手に先立たれた時の覚悟

あなたが婚活の果てに、最愛の人との生活を手に入れられたとしたら、そしてその生活が幸せであれば幸せである程、相手に先立たれた時の精神的ダメージは計り知れないことを覚悟してください。

小公女セーラというお話をご存知でしょうか。

愛する父親に、贅沢の限りを与えられていたお嬢様の少女が、父親の急死と破産により、一気に落ちるところまで落ちてしまうお話しです。

彼女は誰よりも優遇を受けていた特別な生徒から一夜にして、汚らしい服をまとって食事もまともに与えられない児童労働者に成り果てます。

実はこのお話しの中には、ベッキーと言う名の、児童労働者が最初から登場しています。

セーラがフリフリのドレスを着て、お姫様のような部屋で過ごしていた間も、彼女は同年代の子の世話をして、穴の開いた屋根裏部屋でねずみと一緒に固いパンをかじっていました。

きっと彼女は物心つく前から貧困な生活をし、まともに教育を受けることなく、親に働きにだされたのでしょう。

冷静に考えれば、彼女こそ、私たちが同情すべき対象であるはずなのに、この物語では、なぜかこれまで贅の限りを尽くしてきたセーラの方が、「可哀想な子」に感じてしまうのです。

これは、幸福感の落差が招く不幸なのだと思います。

子供を持たず、且つ伴侶との日々があなたにとっての何よりもかけがえのないものとなった場合、
伴侶を失った後のあなたの毎日の生活は、もしかしたら生涯独身の方よりも、精神的に苦しいものになるかもしれません。

あなたが外を歩けば、 伴侶や、息子や孫と幸せそうに笑う同年代の人を目にするかもしれません。その時、伴侶との温かな日々を失ったあなたの心が、どのようにざわつくか・・・。

あなたが、自分の子供か養子を持たずに、2人で生きることを選択したら、その日は1/2の確率で将来やって来ます。

子供をもたずとも、相手と幸せになるという覚悟

「子供が欲しい」「欲しくない」

この価値観の差を埋めるのは至難の業です。

あなたの事を「全くタイプじゃない、端にもかからない」と言う相手を、メロメロに惚れさせるくらい難しいことです。

絶対に子供が欲しくない方は責任を持って、お相手の必須条件を、「絶対に子供が欲しくない人、もしくは体質的に自然には授かれない人」にしましょう。

また、結婚後に万が一子供が欲しくて仕方なくなっても、それを相手に強要してはならないということを、約束し合っておいた方が良いです。

子供のいない結婚生活の幸不幸は、全て伴侶が握っています。

クッションになる存在も、摩擦になる存在もいません。(どちらかの両親が同居の場合はまた少し別ですが)

勝手に所帯じみてしまいがちな子持ち夫婦と比べると、家族らしくなることも、簡単ではないかもしれません。

別れるのも(子供がいる場合と比べると)簡単です。

ですが、相手の事を「生涯の伴侶」と決めて、「幸せになろう」と考えて結婚するのですから、

歩み寄りと尊重を大事にし、「相手と2人で一生を全うする覚悟」を持って、結婚をしていただきたいと思います。

子供の存在なしに、当人たちの強い絆で固く結ばれた夫婦の形は、最上に麗しいものであると私個人としては思います。

後世に自身の存在の証を残さずに、最愛の他人と共に終わらせて幸せを思える人生というのは、人間だからこそできる崇高な生き方かもしれません。

子供を持ちたくない方へ―最後に

私はあなたに後悔してほしくありません。ですので今一度自分自身に、「絶対に子供が欲しくない理由」を真摯に問うて欲しいと思います。

それは過去のトラウマだったり、ガチガチに固められた偏見からくる思い込みだったりすることも多いようです。

まずは理由を見つけ、自身と同じ立場や考えで、結果的に子供を持った人の経験談などを見聞きしてほしいです。

それでも全く心が動かない場合は、私もあなたの考えを支持したいと思います。

子供を持たない、育てない選択をして、持てない体質になった時に後悔しても手遅れです。
今のあなたではなく、10年後、20年後のあなたを思い描きながら、選択をして頂きたいと思います。

余談ですが、さかなの場合

私は、もともと子供を持つことに消極的でした。専業主婦のくせに・・・

理由は、自分自身に人としての価値があると思えなかったので、自分に良く似た子供が生まれたらどうしようという不安があったからです。

けれどもやはり専業主婦でしたし、大好きな主人の子は欲しい気持ちもあったので、悩んだ末、子供を生み育てる決意をしました。そしてその矢先、病気になり、自然妊娠できない体になりました。

不妊治療は、物凄くつらかったです。薬の副作用が酷かったのも一つですが、先端恐怖症気味の私にとって、毎日2本の自己注射は、今思い出しても涙が出るほど苦しかったです。

途中、使用済みの注射器を握りしめながら、「もう嫌だ!この先ずっとこんな日々が続くなら、いっそ離婚されて将来孤独死した方がましだ!」と叫びだしたくなった瞬間も正直ありました。

余計な話をしてしまいました。

とにかく、そういった経験から、「結婚したら必ず子供は持つべき」という意見に私は否定的です。

ただ、後悔しないように、そしてあなたの未来の結婚相手に後悔させないように、子を持つか持たないかの意思決定には、慎重を期して頂きたいです。

それでは今回はこの辺で失礼します。
次回は、「子供が欲しいけれど、年齢等の理由により、授かれる自信がない方」へ記事を書きたいと思います。
頑張りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


婚活案内人

さかな婚活支援ブロガー

詳細プロフィール

婚活から結婚した一児の母です。現在、婚活サポーターとして幸せな結婚を求める人のお手伝いをしています。自身の経験と、20代~40代の男性・女性の生の声を活かしながら、あなたのお相手探しにリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

短期決着型 本気婚活のすすめ-wikiより詳しいさかなの婚活ガイド

結婚相談所 婚活サイト
お見合いパーティー 結婚相手の見つけ方


関連記事



個人相談受付状況について

個人相談受付状況について
現在、個人サポートは不定期で行っております。

先着順でのご予約でも難航する状況となったため、ご依頼権を、競売という形でご購入頂く形に致しました。
(経緯詳細につきましてはこちらでお伝えしております)

大変申し訳ありませんが、次回の個人サポートは夏以降を予定しております。 進捗があり次第、随時このスペースでお伝え致します。

アラサー20代の婚活方法

  1. 20代の婚活

    アラサー20代の婚活方法 男性編。恋愛?結婚?求めるものを明確に

  2. 20代の婚活

    20代の婚活方法、女性編。幸せな結婚をするために知っておきたい事

アラサー30代の婚活方法

  1. 20代の婚活

    アラサー30代の婚活方法、男性編。結婚適齢期である自覚を持つ

  2. 20代の婚活

    アラサー30代の婚活方法、女性編(~34歳)。全力を出すのは今

アラフォーの婚活方法

  1. 20代の婚活

    アラフォーの婚活方法、男性編。現実と向き合い歩むべき道を決める

  2. 20代の婚活

    アラフォーの婚活方法、女性編。自信と誇りを。後悔のない選択を。

管理人紹介

婚活ブログのプロフィール

さかなと申します。1980年代生まれ、2010年に結婚し、現在専業主婦で一児の母です。婚活時、3ヶ月で200人以上の方からアプローチを受け、約30人とデート(面接)をしました。
自身の経験を活かして、アラサー、アラフォー、初心者さんから現役の方まで活用頂ける、婚活支援ブログを書いています。
このブログのメインである婚活講座では、婚活を成功に導くための活動の仕方について事細かにレクチャーしています。講座基礎編結婚相手の選び方」から実践編幸せな結婚のための婚活講座」へと1つ1つお読み頂くことで効果が出る婚活法となっています。
その他、婚活サービス比較や婚活体験談にも力を入れておりますので、是非ご覧下さいね。


さかなの詳細プロフィール
当ブログの取り扱い説明書
個人向けサポートのご案内
私の婚活体験史
会員登録と定期購読のご案内
婚活卒業者さんの体験談募集
お問い合わせ

婚活見た目対策 女性編

  1. 婚活女性のヘアスタイル
  2. エターナルラビリンス
  3. 婚活メイク

婚活見た目対策 男性編

  1. 婚活自分磨き

    婚活デートで失敗しない!見た目の自己対策と専門サービスの紹介

  2. 婚活男性のファッション

    女性にモテる髪型!婚活男性におすすめメンズヘアスタイル【見本写真あり】

  3. モテ服男性

    春のデート服コーディネート【男性体型別】見本写真有

著作権について

婚活ブログの著作権


To the top