【最新記事】⇒最新脱毛を体験!6ヶ月で脱毛完了「ストラッシュ」(STLASSH)体験レポート

婚活で告白するタイミングや告白の仕方は?何回目のデートがベスト?メールやLINE、電話はアリ?

婚活で告白 交際前デート 結婚相性確認編

結婚への強い思いを胸に婚活を続け、ついにあなたは良き人との出会いを果たしました。

更に、その「良き人」とデートを重ねることにも成功し、今、告白の機会or告白される機会をうかがっていると想像します。

婚活における本交際へのステップアップは、多くの場合、就職で言えば内定ゲットと同義です。
通常の交際に至るための告白よりはるかに深刻な意味を持ち、それゆえ期待しつつも不安で胸がいっぱいでいらっしゃることでしょう。

本記事では、あなたが本懐―お相手とのご縁をつなぎ入籍にいたる―を遂げるため、私の実体験と、婚活サポーターとして20代~40代の男女を成婚へ導いてきた経験を活かして、最適な婚活告白法をお伝えしてまいります。

婚活で出会った相手に告白する際に知っておきたいこと

婚活からの告白は、あなたが男性ならご自身で告白するのがベストですし、あなたが女性なら告白される側となるのが理想です。

もちろんそうせずとも上手くいく場合もありますが、その場合というのは、相手の「あなたへ想いの熱さ」が明らかにあなた以上である場合か、相手とあなたの両方に「大事なロマンスの節目は男性がリードするもの」という概念が全くない場合に限られます。

長年生きて来た中で環境が刷り込ませた理想論は簡単には崩せません。男女平等が叫ばれて久しい今の日本ですが、とかく恋愛の場面においては、男性は男気を求められ、女性は奥ゆかしさを求められがちです。

ですので、男性が想いを伝え、女性が想いを受け入れる、という長い男女の歴史に倣って頂けたらと思います。

(女性が意中の男性になかなか行動に移してもらえない時のための「告白を促す方法」もご案内しているのですが、取り扱い注意な手法のため限定公開とさせていただいております。
婚活で出会い、それなりに良い関係が築けてきた人に、お付き合いを促す方法

告白するタイミングはいつ?何回目のデートがベスト?

婚活サイトや結婚相談所が出会いの場合は、早くて4回目、遅くて5回目のデートで告白しましょう。
期間で言いますと、初デートから1ヶ月~2ヶ月の間がベストとなります。

これは、これまで婚活講座デート編でお伝えしてきましたように、結婚前に判断可能な生活面での相性をあらかた確認できた頃合いで、かつ、相手が必要以上に焦れたり他の異性に目を向けずらい期間内で決着をつけるためです。

お見合いパーティーやマッチングアプリの場合は、3回目のデートの時点でお相手に結婚の時期についての希望をさらりと聞いておきましょう。
その回答が比較的結婚に乗り気だったら、4回目~5回目に告白して問題ないと思いますが、「今は結婚は考えられない」といった消極的な答えだった場合は、(あなたが結婚を目的としてお相手探しをしている場合は)、その方との進展を見直したほうが良いかもしれません。

恥ずかしいからメールやLINE、それがダメなら電話で告白したい。直接会わないで告白するのはアリ?ナシ?

相手の「あなたへ想いの熱さ」があなたと同等以上である場合は、メール(LINE)や電話で告白しても「NO」を突きつけられることはないと思います。が、内心がっかりされる可能性は低くありません。

特に相手が記念日や節目をそれなりに大事にする人の場合は、「告白という一大行事を会わずに済まされちゃった…ちょっと感覚が違う人なのかも…」と、ネガティブな印象を与えかねません。

「でも、成功するかどうかわからないのに、面と向かって告白するのは勇気が要るよ」

そうですよね。女性はポーカーフェイスですから、「いけそう」と思っていても万が一もあり得ますでしょうし、不安な気持ちもお察しします。

あなたが本命かどうかの見極めポイントとしましては、

  • メール(LINE)の返事は数時間~24時間以内に来て、相手からの返信が来る日が週に5回以上ある
  • 電話をかけて繋がらなかった時、数時間以内に相手からかけ直してくる
  • やり取りの中で、相手も話題を振ってくる
  • これまで3回以上デートに誘って、断られた末に流れたことがない(都合がつかなかった際には代案を出される、もしくは仕切り直しで向こうから誘われた)
  • 家族の話や子供の希望、結婚後の働きかたなど、結婚観に関する質問が相手から複数回あり、あなたの回答に対して、同調や受容と感じる反応が多かった

これらを満たしていれば、7割以上の確率で成功しそうです。是非対面で告白なさるのをお勧めします。

そうでない場合はやや冒険であると言えるかもしれません。

メールで告白した場合は、そのまま返事が返って来なくなる可能性も0ではありません。
電話で告白した場合も、その電話を最後に、連絡が取れなくなる可能性も0ではありません。

どちらにせよ、「想いを伝えた時点で、もう二度と会えなくなる」危険性をはらんでいます。
会って告白してもお断りされたら会えなくなるのは同じですが、相手の反応を目で確かめられない分、もやもやの残り具合はかなり違ってくると予想されます。

そのリスクを考えてなお、「面と向かって振られたときの気まずさを考えたら全然マシ」と思えるかどうかで、選択しても良いのかもしれません。

なんだか後ろ向きな話になってしまってごめんなさい。

続きまして、告白の際に気を付けたいポイントについてお伝えしますね。

日程調整やシチュエーションなど、告白の際に気を付けたいポイント5つ

  • 普段以上に身なりの印象を気にする
  • 告白予定日前後の互いのスケジュールをチェックし、悪影響が出にくい日に設定
  • 告白前提のデートは疲れすぎない場所を選ぶ。午後からのスタート推奨
  • 空腹時の告白は避けて、カフェやダイニングバーでお腹を満たしてから告白する
  • 告白実行のGO or STOPは、直前のお相手の様子を見ながら最終ジャッジ

何万人といる婚活市場で出会った二人が今、結ばれようとしています。
告白の日は、(告白が上手くいけば)将来のあなたとお相手にとって、非常に意味の深い一日となり、結婚後も振り返ったり、何かの節目に度々懐かしく思い馳せる日となることでしょう。

ですので、できる限り不安要素は取り除いて、最善のコンディションで挑んでいただきたく思います。

普段以上に身なりの印象を気にする

まず絶対に抜かりなく行っていただきたいのは、デート当日の身だしなみです。
(ご参考⇒デート前の身だしなみチェックに言及している記事
清潔感が感じられるかどうかは勿論ですが、告白するにラフすぎる格好ではないかもチェックしてください。

お相手が普段からあまり着飾るタイプではなかったとしても、例えば度重なる洗濯で色あせたトップスにシワの残った半ズボン、靴はスリッポン、というのはいただけません。
婚活デートに無難なメンズ服は、当サイトでもご案内しておりますので良ければ参考になさってください。⇒「メンズ服特集季節・年代別」一覧

告白予定日前後の互いのスケジュールをチェックし、悪影響が出にくい日に設定

どちらかが前後に大事な趣味の大会を控えていたり、仕事が通常以上に忙しかった週の週末などは、体調やメンタルの状況的に、推奨しかねます。
自然な会話から、お相手のスケジュールを確認し、双方心身ともに悪影響が出なさそうな日をセレクトしましょう。

告白前提のデートは疲れすぎない場所を選ぶ。午後からのスタート推奨

例えばディズニーランドなどで遊んだ帰りに、というのはとてもロマンチックですが、あまりはしゃぎすぎると心の疲れも溜まりがちとなります。人間、疲れると余裕がなくなります。ちょっとしたことで雰囲気が悪くなってしまう可能性も捨てきれません。

4回目デートで告白するなら、そういった場所は3回目にこなし、告白当日は長時間のデートも控えて、デート開始から4時間以内に告白なさるのをお勧めします。
告白に適している時間は、夕暮れ時、という説があります。お昼過ぎから会って、カフェを出て景色の良いところを歩きながら、というのも良いかもしれません。(でも必要以上にこのシチュエーションに拘る必要はないと思います)

空腹時の告白は避けて、カフェやダイニングバーでお腹を満たしてから告白する

空腹時よりお腹が満たされている時のほうが、心を他人に預けやすくなります。
先述の案は天気にも左右されますので、カフェorダイニングバーなどで、食事やお茶を進めてから挑むのが堅実かもしれません。

場所のムードも大事です、品があって静かめのお店を選びたいところです。
混雑した街中で会う場合は、最適なお店がどこも満席で彷徨ってしまう可能性がありますので、あらかじめ予約しておくと安心です。

告白するんだから羽振り良くいかなくて良いの?

有名なフレンチのお店で数万円のフルコースを食べながら告白する、みたいに頑張りすぎると、プロポーズの敷居が高くなり、その後のご自身の首を強く締めかねません。頑張りすぎるのはおすすめしがたいです。
(あなたに人並み外れた経済力がある場合はそれで問題ないと思います)

よし、完璧!!いざ告白、のその前に

これだけの条件を整えても、「あれ、なんか機嫌が良くないな…ちょっと微妙な雰囲気かも」と感じる場合は、状況を見て告白の延期も検討してください。
但し、5回目を超えた逢瀬での告白の場合、相手の心が曇っている理由が「このまま一緒になれないのでは、と不安になっている」場合もあります。5回目を過ぎたら、機嫌を回復させる努力をし、当日中に告白なさったほうが賢明です。

告白はなんて言えばいい?結婚まで安全運転で辿り着くための告白方法

まずは、これから重要な話をする、という意思表示をしましょう。空気を作るのは大事です。そうすることで、お相手に対する誠実さや男気を、お相手に伝えることができます。

「少し真面目な話をしたいんだけど、いいかな」

といった柔らかな疑問形で「了承」を促せば、互いが真摯に向き合う空間をジェントルに作り出せます。

焦る必要はありません。相手は「聞く態勢」に入ってくれています。
会話はできるだけ落ちついたテンポで、終始相手を尊重していることが伝わるのを意識し、慎重に言葉を選んで語りかけてください。

相手のあなたに対する温度が明らかに高い場合の告白セリフの例

あなたに言える範囲で最大限にロマンチック発言してしまいましょう。
よりあなたにメロメロになると思います。

「これまで何度か○○さんとデートしてきて、こんなに一緒にいて楽しくて、癒される人はいないって感じました。もしかしたら俺だけかもしれないけど、出会えたことに運命を感じた。まだ会って間もないけど、○○さんとだったら、ずっといい関係を作っていける気がしてて、この先のこと、真剣に考えています。結婚前提でお付き合いしてください

相手のあなたに対する温度がそこまで高くないかもしれない場合の告白セリフの例

「これまで何度か○○さんとデートしてきて、こんなに一緒にいて楽しくて、癒される人はいないって感じました。まだ会って間もないけど、もしよかったら、○○さんとこの先のことを真剣に考えていけたら嬉しいです。結婚も視野にいれて、お付き合いしてもらえませんか?

告白の際は、相手の名前も入れ込んで話すのがポイントです。「何度かデートしてきて」というよりも、「何度か○○さんとデートしてきて」といったように、名前を出しながら話を進めていくと、より気持ちがまっすぐに伝わりやすいです。
意識しすぎるとくどくなります、ちょこっと入れ込むのを推奨します。

お相手との結婚を希望する気持ちがあるなら、必ず「結婚」というワードを入れて告白する

婚活中の女性の大半は、生涯のパートナーを求めてお相手探しをしています。

結婚に対してとても真剣で、結婚する意思がない人との交際には前向きになれない場合が多いです。
せっかく意中の人から告白を受けても、「ただカジュアルにお付き合いしたいだけ?刹那的に遊びたいだけなのかな?」といらぬ不安を抱え込んでしまうこともあります。

あなたがお相手との結婚を望む気持ちがおありなら、是非、「結婚前提で」「結婚も視野に入れて」という言葉で安心させてあげてください。

「え?告白しようと思ってるけど、そこまで重い思いでいなかったんだけど…だめなん?」

という男性も当記事をご覧かもしれません。

その場合は、その後のことを考えますと、嘘をつくような言い方はしないほうがお互いのために良いと思います。
結婚については触れずに告白し、

「交際は、結婚前提なのかな?」

と聞かれたら正直に、

「正直に言うと、今はそこまで先のことは考えられてない。結婚は将来的にはしたいと思っているけど、自然とそういう気持ちになったらするものだって思っているから…。ただ、今は○○さんのこと真剣に大事にしたいって思っている。それじゃだめかな?」

と言ってみると良いかもしれません。

婚活での告白方法-最後に

「この人だ!」と思える人であればあるほど、受け入れてもらえるのかと不安になりますよね。
逆に、「交際してからいろいろ分かってやっぱり無理ってなるかもしれないから、あんまり思い切った言い方はしたくない」と引き腰の男性もいらっしゃるかもしれません。

どっちであっても、「婚活で告白する」というのは、生涯の伴侶を決める最終審査の1つ前のステップであり、重要な局面であることには変わりありません。
結果的にどうなろうとも、「生涯を共にすることになった場合」にベストだったな、と思える告白をしていただくと、あなたにとっても最良の選択となる気がします。

ファイトです!

幸せな結婚を求める人をサポートしています。
婚活から結婚した自身の経験と、サポート成婚率7割の実績を以て、20代~40代の男女にリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

当サイトの概要はTOPページをどうぞ
⇒さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法

【速報】恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、2018年11月1日以降で受付中です。
【10/12追記】11月のご新規様ご予約枠は残り3名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。
⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

さかな(婚活サポーター)をフォローする
交際前デート 結婚相性確認編

欲しい資料だけ選べます!さかなの「無料一括資料請求」

結婚相談所の資料請求フォームは入力項目が多くて、複数に申し込むのは骨が折れますよね。
でも業者の一括資料請求は、興味のない相談所の資料までわんさか届いたり、保険などの無関係なDMが届くようになったりと、面倒が多い…

当サイトの一括資料請求は、あなたが送ってほしい結婚相談所の資料だけをお届けします。
余計なDMも一切お送りいたしません。

当サイトはSSLシステム導入で個人情報も安心です。是非ご利用くださいね。

※恐れ入りますが、クラブオーツーの資料請求には非対応となっております。

+資料請求フォームを開く
社名記載送付結婚相談所資料とわからない封筒で送付希望
必須希望する資料 オーネットツヴァイパートナーエージェントIBJメンバーズノッツェゼクシィ縁結びカウンター
必須お名前
※フルネーム
必須フリガナ
必須性別
必須生年月日(西暦)
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
必須郵便番号
必須ご住所 市区町村迄
必須市区町村以下
必須お電話番号
必須婚姻歴
必須最終学歴
必須勤務先・ご職業
必須一番気になる事

【個人情報の取扱いと利用規約について】

「さかなの結婚相談室」管理人は、業務実態に応じた個人情報保護のための管理を徹底するとともに、個人情報保護方針に従い適切かつ慎重に取り扱います。

(1)個人情報の収集について

個人情報を収集する際には、お客様・関係者様に対して収集する目的を明確にし、その目的達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。

(2)個人情報の利用について

個人情報を利用する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内のみで利用致します。

(3)個人情報の提供及び預託について

個人情報を第三者に提供または委託する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内でこれを行います。

【利用規約】

1.定義
(1)「本サービス」とは、「さかなの結婚相談室」管理人(以下管理人といいます)が、当ホームページで提供する一連のサービスを指すものとします。
(2)「ユーザー」とは、「さかなの結婚相談室」利用規約(以下「本規約」といいます)の内容に同意した上で、本サービスをご利用する方を指すものとします。
(3)「提携事業者」とは、本サービスを提供するにあたり管理人と提携した事業者を指すものとします。

2.本規約の範囲、適用
本規約は、本サービスをご利用するユーザーに適用されます。管理人は、本規約の定めに従うことに同意することを条件として、ユーザーに対し、本サービスの利用を許諾いたします。

3.サービス
本サービスの内容は以下の通りとします。
(1) 当ホームページを通じた提携事業者及びその内容、広告情報等の紹介。
(2) ユーザーから提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼の受付
(3) ユーザーから受け付けた資料請求・サービス案内依頼の提携事業者への転送
管理人から資料請求・サービス案内依頼を転送された提携事業者は、ユーザーに対し、当ホームページに定める期間内に当ホームページに定める方法で連絡します。

4.ユーザーと提携事業者の契約
(1) 管理人は、ユーザーと提携事業者との取引契約の成否及びその履行、提携事業者が提供する商品・サービス等の内容、質、法的妥当性等に関しては、これを保証せず、ユーザーに対し、これらに関する一切の責任を負わないものとします。
(2) ユーザーは、提携事業者が提供する商品・サービス等の購入・利用に関しては、自己の責任において直接提携事業者と交渉、契約等を行うものとし、当該商品・サービス等に関する質問・要望等はユーザーが直接提携事業者に対して行うものとします。
(3) ユーザーは、当ホームページ及び電子メール、ダイレクトメール、電話等で提携事業者が提供するサービス・商品及び広告情報等が、提携事業者の責任において提供しているものであることを理解した上で、提携事業者との間でサービス・商品等の提供を受けるものとします。
(4) ユーザーと提携事業者の契約等に関して何らかの問題が生じた場合、ユーザーは自らの責任と負担により解決することとし、管理人は一切これに関与しません。
(5) ユーザーは、提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼を取り消す場合、または提携事業者との間で締結した契約を解除する場合、自ら当該提携事業者に直接連絡をするものとします。
5.ご利用上の注意
本サービスのご利用にあたっては、管理人が指定する方法に従って申し込むものとします。管理人が指定する方法に従わないことにより、ユーザーが不利益を被ったとしても、管理人は一切の責任を負わないものとします。

6.ユーザー
本サービスの利用及び設備等
(1)ユーザーは、本サービスのご利用にあたり、本規約等を遵守するものとします。
(2) 本サービスのご利用は、無料です。
(3)管理人及び提携事業者との連絡手段として電子メールアドレス等必須事項を提供していただけない方は、本サービスをご利用いただくことができないものとさせていただきます。
(4) 本サービス利用の際の入力事項に、虚偽の記載、誤記、または入力漏れがあった場合、ご本人様へ確認をさせていただく場合がございます。
7.個人情報
個人情報の収集目的及び収集手段
(1)個人情報の収集は、本サービスの充実ならびに円滑なる提供(提携事業者に対する個人情報の提供、提携事業者による商品・サービスの提供を含みます)及び本サービスの円滑な運営を目的として、当該目的の達成に必要な範囲内で行うものとします。
(2) 個人情報の収集は、当ホームページ上での入力により行うものとし、ご提供時に送信ボタンへのクリックをなさることによって本人の同意を得たものとします。

7. お客様・関係者様の権利の尊重

管理人は、お客様・関係者様の権利を尊重し、お客様・関係者様から自己の個人情報について以下の対応を求められた際には、速やかにこれに応じます。

・ご自身の個人情報の開示
・ご自身の個人情報の訂正・削除
・自己の個人情報の利用拒否、及び提供の拒否

2016年3月25日制定

さかなの結婚相談室 管理人 池田千紘
連絡先:E-mail:sakanainfo@chainhearts.com


上記を確認し、チェックをお願いします。

シェアする
さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法