【pick up】最新脱毛を体験!6ヶ月で脱毛完了「ストラッシュ」(STLASSH)効果検証レポート

婚活初回デートの奢る奢られ論争の盲点。女性は「割り勘されて良いこと無し」という結果に…【デート割り勘問題】

婚活悩み

婚活サポーターのさかなです。

先日ツイッターで、婚活初回デートの支払いについて男女別意識調査を行いました。
ご協力くださった皆さん、ありがとうございます。

男性には「初回デートで割り勘or女性にいくらか支払いを求めることがある人」に限定して、考えとして一番近いものを4択から選んでいただきました。

女性には「初回デートのお会計で(結果的に)自分も支払った時に感じること」を4択から選んでいただきました。

本アンケートを実施した理由は、初回デートを次につなげるためのベターな選択を知っていただく、もしくは「奢り奢られ」も継続の判断材料として相手をジャッジなさる場合に、複数ある価値観についてお伝えできる機会となれば、と考えたためです。※1

しかし回答結果からは意外な事実が浮き彫りとなり、本記事は予定していた内容とは違うテーマでお送りすることになりました。

以下、質問と回答の結果、私の見解についてお伝えしていきます。※2

※追記:ご指摘をいただき、一部表現を訂正しました

※1そのため、どちらにも「論外な相手とのデート」を排除した上での回答をお願いしました。

※2先述しましたように、本記事は今後のあなたの婚活にお役立ていただくのを目的として書いています。あなたが支払い時にとってきた行動や判断を批判する意図はないことをご承知いただけましたら幸いです。

婚活初回デートの支払いについて男性へのアンケート結果

本調査は、ツイッターの有料広告を利用して行いました。婚活アカウントをフォローしている25歳~49歳の男女に絞り、性別を分けて出稿しましたのでそれなりの信憑性はあると考えています。

実際のアンケートの結果を貼り付けます。

念のため文章に書き起こしますね。

婚活中の男性への質問内容

婚活中の男性で、かつ「初回デート」で割り勘or女性にいくらか支払いを求めることがある方、ご回答をお願いします。
お考えとして一番近いものを選択頂き、その他の方はリプで頂けると嬉しいです。
(気分を害してくる女性やあまりに写真詐欺な女性とのデートは除く)

回答者数と回答の割合

回答者数:353人

  • どれ程タイプの女性であっても支払いを求める 67人(19%)
  • 全額出しても良いと思えたデートは払っている 148人(42%)
  • 払う意思を見せられたら喜んで応じている 67人(19%)
  • 奢るかはその時の財布事情が一番影響する 71人(20%)

※リプでのその他意見は無し

他の3つの項目の倍以上の票を獲得して、「全額出しても良いと思えたデートは払っている 148人(42%)」が1位になりました。

これは、「全額払う価値がないと思えたデートの時は支払いを求めている」と言い換えられます。

なるほど、これが実情なのであれば、女性が初回デートでご馳走してもらえなかった時に「女性としての価値を感じてもらえなかった」と思うのは、悲しいですが状況把握として正解に近いのかもしれません。

女性の回答を見てみましょう。

婚活初回デートの支払いについて女性へのアンケート結果

こちらが女性へのアンケート結果です。

女性の質問と回答も書き起こします。

婚活中の女性への質問内容

婚活中の女性にご質問です。「初回デート」のお会計で(結果的に)自分も支払った時、どんな感想を持ちますか?
一番近いものを選択頂き、その他の方はリプで頂けると嬉しいです。
(お相手男性の方が年収が上、年齢は同世代もしくはそれ以上かつ、悪印象が特にないという前提)

回答者数と回答の割合

回答者数:336人

  • 良いと思う(割り勘肯定派) 155人(46%)
  • 女性慣れしてない人なのかな? 50人(15%)
  • 女性として扱う価値が無いと思われたかな… 74人(22%)
  • 自分以外にお金を使いたくない人なのかな 57人(17%)

※リプでご意見を頂きましたが、選択項目のその他に当たる回答ではなかったためここでは割愛

ほぼ半数の票を獲得して、良いと思う(割り勘肯定派)が一位となりました。

なんと、初回デートで女性側も支払う展開となった時、「女としての価値、低く見られたかな?」「この男性、女性慣れしてなくてデートで忖度出来ない人なのかな?」「ケチな人なのかな?」と感じる女性よりも、

良いと思う。

と感じている女性が多く、ポジティブな捉え方をしている女性が半数近くを占めるという結果が出ました。

…ここで改めて、男性が初回デートで割り勘もしくは支払いの一部を女性に求めた際の心情についての調査結果をお伝えします。

  1. どれ程タイプの女性であっても支払いを求める⇒割り勘主義だから満足度関係なく支払いを求めた  67人
  2. 全額出しても良いと思えたデートは払っている⇒満足度が高くないデートだったから支払いを求めた 148人
  3. 払う意思を見せられたら喜んで応じている⇒相手が払うと言ったから支払いを求めた  67人
  4. 奢るかはその時の財布事情が一番影響する⇒全額ゴチするお金の余裕が無いので支払いを求めた 71人

この結果で言うと353人中286人の男性は相手や状況を見てごちそうするか決める人です。
相手や状況を見てごちそうするか決める人がごちそうしない場合の理由は上記2~4の通りで、内148人、半数以上の男性が「満足度が高くないデートだった」場合に支払いを求めています

このような男性の心情に対し、女性の半数近くは「男性が支払いを求めることに肯定的な意見を持っている」。

…私は、肯定的な意見を選んだ女性は「男性が奢らなきゃ、みたいな時代じゃないよね。お互い対等に出し合うのがいいと思う」という、器が大きくて心の温かな女性なのだとお察しします。

(割合で見た場合の話ではありますが)だからこそ、男性が「奢らなかった動機」との温度差を感じて、複雑な心境になりました。

奢り奢られ論争 女性への結論

奢り奢られ論争が長年繰り広げられるのにはいくつかの原因があるとは思いますが、大きな要因の一つとして、男性が「奢らない」選択をすることによって女性に女性としての価値の否定をもたらすからだと私は感じています。

現に、「タイプの女性であろうがなかろうが支払いを求める男性」は、2割しかいませんでした。
払うと言われたら求める、お財布事情による、を選択した人の中にも、凄くタイプの女性と出会ったら奢る人がいると私は推測します。

婚活サポーターとしての見解をお伝えすると、奢ってくれる男性か奢らない男性かだけで結婚生活の相性を判断するのはお勧めしがたいのですが、自尊心を削られてなお相手の評価を維持し続けるのが困難なのも理解できます。

この調査結果を受けても「別に割り勘でも全く傷つかないわ」と思える女性もいると思いますが、そうではない女性に向けて、「じゃあ、どうすれば支払ってもらえる方向に持っていけるのか」のアドバイスをさせてもらいますね。

どうしたら初回デートの支払いで傷つかずに済むか

初回デートで絶対に払ってもらえる方法はありませんが、ご馳走してもらえる確率を上げる方法はあります

お相手のことを、男としての魅力に満ちた人として接するのです。

男性には、女性以上に「(出来る範囲で)他人の期待に応えたい」と感じる本能が備わっています。

相手男性の「男らしさ」が引き立つように接することで、男性は「この女性には、男らしさを見せなければ」と感じます。

相手の男らしさを引き出すために、あなた自身が男性から女性らしい人だな、と思われるようにふるまいましょう。
デート時の服装だったり、メイクやヘアスタイリングの気合いの入れ方だったり、向き合っている時の笑顔だったり、女性らしいしぐさなどで、「あなたを異性として見ています」とアピールします。

加えて、興味深く話を聞いたり、好感を持っていると伝わるリアクションしたり、「頼もしい」「たくましい」など、男性的魅力を感じていることを間接的に伝えます。

そうすると、お相手は「この女性の前で、男性としての評価を落とす行動をしたくない」と感じやすくなります。結果、スマートにご馳走しよう、という気持ちを引き出すことが出来るのです。

また、これらは間接的ながら異性として意識しています、という気持ちが伝わるアクションですので、相手のときめきスイッチが入りやすくなります。恋人ひいては結婚相手としてのあなたの評価も高まりやすくなるのです。
実に一石二鳥の方法です。

それをした上でも、「ひたすら疲れるだけでしかも支払えとか言われてマジ卍」となることもあると思います。けれど良き出会いが訪れた時、一人一人に「また会いたいな」と思われるための努力をしてきた経験値は、あなたを裏切りません。

「いやそういうの繰り返すのホントしんどい。最短で良い人と出会ってうまくいかせたいんだけど」

というあなたは、当個人相談をご利用なさることで、時短婚活ができるかもしれません。

奢り奢られ論争 男性への結論

割り勘論争の私の結論」でもお伝えしていますが、もしあなたが「次につなげたい」と思うなら、初回デートは全額払う、がベストアンサーです。

アンケートでは、半数の女性が「割り勘に肯定的」という結果にはなりましたが、半数の女性が「ネガティブな感想を持つ」こともわかりました。

そして、割り勘に肯定的な女性であっても、「今日は僕が出しますね」と言われて、マイナスの印象を持つ女性はほぼ皆無です。もしいたとしても、人の好意を自分の価値観で悪印象にとらえてマイナス評価するような女性は、面倒な性格の持ち主である可能性が高いです。

次につなげたいと思わない場合の合理的なアドバイスをするなら、「結婚相談所や友人の付き合いなど、他とのつながりがある環境での出会い」の場合は全額払う、がベターな選択だと思います。

何故なら、支払わないことでお相手女性にマイナス評価され、それが界隈に伝わり、以降の出会いが減るリスクがあるからです。

ネットなどの出会いなら、私の個人的な感情を無にしてお伝えするとすれば、今後の出会いにまず影響しないので、お財布との相談で良いのかもしれません。

おまけ

現在、最も沸いている婚活サイトである「ゼクシィ縁結び」で「初回デートの費用」について、会員がどのような選択をしているかを調べてみました。

【ゼクシィ縁結び 女性会員の「初回デートの費用」選択】

ゼクシィ縁結び女性会員 総数180,118人

  • 男性に全て出してほしい 2,350人 1%
  • ほとんど出してほしい 3,897人 2%
  • 割り勘が良い 18,749人 10%
  • 相談して決めたい 36,763人 20%
  • 無回答 119,179人 66%

【ゼクシィ縁結び 男性会員の「初回デートの費用」選択】

ゼクシィ縁結び男性会員 総数208,644人

  • 全て出す 39,375人 18%
  • 多めに出す 27,223人 13%
  • 割り勘 4,369人 2%
  • 相手と相談 27,960人 13%
  • 無回答109,717人 52%

男性も女性も、質問の意義があまり感じられない忖度っぷりです。

現在の項目選択の正解は、圧倒的多数の「無回答」なのかもしれませんね。

今回は以上です。

追記:ツイッターで2/14までアマゾンギフト券が当たるキャンペーンをしています。
是非ご参加ください。

ご参考:ゼクシィ縁結びは他の婚活サイトとどう違う?他社比較を交えて特徴と注意点を徹底解説【料金割引コード有】

幸せな結婚を求める人をサポートしています。
婚活から結婚した自身の経験と、サポート成婚率7割の実績を以て、20代~40代の男女にリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

当サイトの概要はTOPページをどうぞ
⇒さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法

【速報】恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、2019年7月8日以降で受付中です。
【6/18追記】7月のご新規様ご予約枠は残り3名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。
⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

⇒アクセス(ご予約は上記リンク先専用フォームよりお願いします)

★youtube始めました★
⇒明日の不安を減らすための恋愛・婚活講座「ゆるふわに理詰めます」

さかな(婚活サポーター)をフォローする
婚活悩み

気になる結婚相談所だけ選ぶorさかなに選ばせる「無料一括資料請求」

結婚相手との出会い

結婚相談所の資料請求フォームは入力項目が多くて、複数に申し込むのは骨が折れますよね。
でも業者の一括資料請求は、興味のない相談所の資料までわんさか届いたり、保険などの無関係なDMが届くようになったりと、面倒が多い…

当サイトの一括資料請求は、あなたが送ってほしい結婚相談所の資料だけをお届けします。
余計なDMも一切お送りいたしません。

また、「自分にピッタリの結婚相談所を選んでほしい」人には、さかな自身があなたのお住まい・気質からおすすめできる結婚相談所を2~4社ピックアップして代理資料請求を行います。
(資料請求後、選んだ理由を添えて資料請求した相談所をメールにてご報告します。)

当サイトはSSLシステム導入で個人情報も安心です。是非ご利用くださいね。

※恐れ入りますが、IBJメンバーズ、クラブオーツーの資料請求には非対応となっております。

+資料請求フォームを開く
社名記載送付結婚相談所資料とわからない封筒で送付希望
必須希望する資料 オーネットツヴァイパートナーエージェントゼクシィ縁結びエージェントノッツェサンマリエさかなに選んでほしい
*さかなに選んでほしいを選択した人のみ回答必須(当てはまるもの全てお選びください) 交際経験は3人以上or2年以上続いた人がいるモテる人に惹かれやすい自分の容姿は人並み以上だ手間をかけずに会いたい料金の安さはかなり重要だ体の相性を無視して婚約はできないスペックより内面重視派だ婚活をひとりで乗り切る自信がない異性を見る目に自信がない
必須お名前
※フルネーム
必須フリガナ
必須性別
必須生年月日(西暦)
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
必須郵便番号
必須ご住所 市区町村迄
必須市区町村以下
必須お電話番号
必須婚姻歴
必須最終学歴
必須勤務先・ご職業
必須一番気になる事

【個人情報の取扱いと利用規約について】

「さかなの結婚相談室」管理人は、業務実態に応じた個人情報保護のための管理を徹底するとともに、個人情報保護方針に従い適切かつ慎重に取り扱います。

(1)個人情報の収集について

個人情報を収集する際には、お客様・関係者様に対して収集する目的を明確にし、その目的達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。

(2)個人情報の利用について

個人情報を利用する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内のみで利用致します。

(3)個人情報の提供及び預託について

個人情報を第三者に提供または委託する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内でこれを行います。

【利用規約】

1.定義
(1)「本サービス」とは、「さかなの結婚相談室」管理人(以下管理人といいます)が、当ホームページで提供する一連のサービスを指すものとします。
(2)「ユーザー」とは、「さかなの結婚相談室」利用規約(以下「本規約」といいます)の内容に同意した上で、本サービスをご利用する方を指すものとします。
(3)「提携事業者」とは、本サービスを提供するにあたり管理人と提携した事業者を指すものとします。

2.本規約の範囲、適用
本規約は、本サービスをご利用するユーザーに適用されます。管理人は、本規約の定めに従うことに同意することを条件として、ユーザーに対し、本サービスの利用を許諾いたします。

3.サービス
本サービスの内容は以下の通りとします。
(1) 当ホームページを通じた提携事業者及びその内容、広告情報等の紹介。
(2) ユーザーから提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼の受付
(3) ユーザーから受け付けた資料請求・サービス案内依頼の提携事業者への転送
管理人から資料請求・サービス案内依頼を転送された提携事業者は、ユーザーに対し、当ホームページに定める期間内に当ホームページに定める方法で連絡します。

4.ユーザーと提携事業者の契約
(1) 管理人は、ユーザーと提携事業者との取引契約の成否及びその履行、提携事業者が提供する商品・サービス等の内容、質、法的妥当性等に関しては、これを保証せず、ユーザーに対し、これらに関する一切の責任を負わないものとします。
(2) ユーザーは、提携事業者が提供する商品・サービス等の購入・利用に関しては、自己の責任において直接提携事業者と交渉、契約等を行うものとし、当該商品・サービス等に関する質問・要望等はユーザーが直接提携事業者に対して行うものとします。
(3) ユーザーは、当ホームページ及び電子メール、ダイレクトメール、電話等で提携事業者が提供するサービス・商品及び広告情報等が、提携事業者の責任において提供しているものであることを理解した上で、提携事業者との間でサービス・商品等の提供を受けるものとします。
(4) ユーザーと提携事業者の契約等に関して何らかの問題が生じた場合、ユーザーは自らの責任と負担により解決することとし、管理人は一切これに関与しません。
(5) ユーザーは、提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼を取り消す場合、または提携事業者との間で締結した契約を解除する場合、自ら当該提携事業者に直接連絡をするものとします。
5.ご利用上の注意
本サービスのご利用にあたっては、管理人が指定する方法に従って申し込むものとします。管理人が指定する方法に従わないことにより、ユーザーが不利益を被ったとしても、管理人は一切の責任を負わないものとします。

6.ユーザー
本サービスの利用及び設備等
(1)ユーザーは、本サービスのご利用にあたり、本規約等を遵守するものとします。
(2) 本サービスのご利用は、無料です。
(3)管理人及び提携事業者との連絡手段として電子メールアドレス等必須事項を提供していただけない方は、本サービスをご利用いただくことができないものとさせていただきます。
(4) 本サービス利用の際の入力事項に、虚偽の記載、誤記、または入力漏れがあった場合、ご本人様へ確認をさせていただく場合がございます。
7.個人情報
個人情報の収集目的及び収集手段
(1)個人情報の収集は、本サービスの充実ならびに円滑なる提供(提携事業者に対する個人情報の提供、提携事業者による商品・サービスの提供を含みます)及び本サービスの円滑な運営を目的として、当該目的の達成に必要な範囲内で行うものとします。
(2) 個人情報の収集は、当ホームページ上での入力により行うものとし、ご提供時に送信ボタンへのクリックをなさることによって本人の同意を得たものとします。

7. お客様・関係者様の権利の尊重

管理人は、お客様・関係者様の権利を尊重し、お客様・関係者様から自己の個人情報について以下の対応を求められた際には、速やかにこれに応じます。

・ご自身の個人情報の開示
・ご自身の個人情報の訂正・削除
・自己の個人情報の利用拒否、及び提供の拒否

2016年3月25日制定

さかなの結婚相談室 管理人 池田千紘
連絡先:E-mail:sakanainfo@chainhearts.com


上記を確認し、チェックをお願いします。

※料金・会員数・成婚率・サービス充実度…実績がある大手結婚相談所5社を徹底比較した記事⇒おすすめ結婚相談所比較

さかなの結婚相談室-「結婚したいと思える人」と最短で結ばれる婚活方法

comment

  1. 女性向けの四択アンケート、「良いと思う」以外の三つは全部ネガティブな内容ですよね。ネガティブな感情を覚える人が、そのネガティブな感情を表現するのに三つのうちどれがいいか選べるようになっています。
    そうすると、三つの合計値が、奢られなかったことに対する「良いと思わない」人の合計になり、「良いと思う」人の割合を超えるのでは?
    意図的なデータ操作のある記事だと感じました。

    • マミさんこんばんは。
      マミさんがおっしゃる通り、女性向けのアンケートをグラフで見た時に際立って「ポジティブ票」が目につきますね。
      アンケートは、ネガティブな感情を覚える人が、何に対してネガティブな感情を覚えるのかを計るのを第一目的に行い、当初の予定ではそれをお伝えする記事となるはずでした。
      約半数がポジティブな選択をされたことに私自身驚いています。

      三つの合計値に関してもマミさんがおっしゃる通り、
      ポジティブ票:ネガティブ票でみれば、46:54で、ネガティブ票の方が上回り、総数としては良いと思う人よりもネガティブに思う人の方がやや多い、という結果となっています。

      本記事ではそれを踏まえて、「女性の半数近くがポジティブにとらえている」という点を問題提起し、お伝えしているつもりなのですが、意図的な操作に見えたのなら、私の表現の稚拙さによるところだと思います。反省です。

タイトルとURLをコピーしました