【pick up】最新脱毛を体験!6ヶ月で脱毛完了「ストラッシュ」(STLASSH)効果検証レポート

ノーモア、婚活ヤリモク!マッチングアプリや婚活サイトで誠実な男性の好感度は下げずに遊び人や既婚者をシャットアウトする方法

ヤリ捨て・セフレ 婚活悩み

婚活のための出会いのサービスを、結婚相手探しではなく体の関係を持つために利用している男性がいます。

いわゆるヤリモク、と言われる人たちですが、彼らはペアーズやomiaiなどの真面目色の強いマッチングアプリはもちろん、婚活サイト・婚活パーティーでも鋭意活動中です。

真剣に結婚相手探しをしている女性からすると、婚活の場で婚活以外のことをしている彼らは許しがたい存在ですが、巷で推奨されているような事前のヤリモク対策-牽制・警戒が伝わる言動・行動の中には誠実な男性のテンションまで下げかねないものもあります。

ヤリモクを恐れるあまり、求める出会いまで弾いてしまっては本末転倒です。

本記事では婚活サポート歴6年の筆者が、出会うべき人への好感度を極力下げずにヤリ目をシャットアウトする婚活方法をお伝えします。

  1. 婚活で「ヤリモクの見分けかた」を知っても本質的には意味がない
  2. ヤリモクなどの「あなたとの結婚を考える気がない男性」の特徴と警戒レベル
    1. 外見を中心にとにかく褒めてくる男性-警戒レベルMAX
    2. 最初からタメ語でメッセージを送ってくる男性-終了or様子見
    3. プロフィールがてきとうな男性-ご縁をつなぐ必要なし
    4. マッチングしてすぐにLINEに誘導する男性-警戒レベル高
    5. マッチングしてすぐにデートに誘う男性-警戒レベル高
    6. 高年収男性・イケメン-警戒レベル中
    7. 初デートからお酒をどんどんすすめてくる男性-警戒レベル高
    8. 甘え下手だよね、と言ってくる男性-警戒レベル高
    9. 初回デートが夜&恋バナ多めにしてくる男性-警戒レベル中
    10. 初回デートや2回目でドライブに誘ってくる男性-警戒レベル中
    11. 初回デートからボディータッチをしてくる男性-警戒レベルMAX
    12. 付き合ってないのに終電を逃させようとする男性-警戒レベルMAX
    13. 土日祝日に連絡が取れなくなったり恋人イベントの日に会えない男性-警戒レベルMAX
    14. 都内通勤なのに調布や国分寺などのベッドタウンに住んでいる男性-警戒レベル中
  3. ヤリモクなどの「あなたとの結婚を考える気がない男性」予防対策とされていることとその是非
    1. もう少しやりとりしてから会おうと言う⇒推奨しかねる
    2. ドライブのお誘いにのらない⇒状況次第
    3. ボディータッチに引く反応をする⇒やりかたに注意
    4. プロフィールに「真面目な出会い以外の目的お断り」と明記する⇒NG
    5. プロフィールに好きなタイプ・嫌いなタイプの男性を書く⇒NG
    6. 「終電までには帰ります」「日中でないと会えません」⇒伝え方を変える
  4. 最後に-真面目なマッチングアプリ・婚活サイトのヤリモクは許されざる存在だが、男性も相手を見て行動を起こす
    1. では私たち女性はどうすれば良いのか

婚活で「ヤリモクの見分けかた」を知っても本質的には意味がない

「ヤリモクをシャットアウトする方法」のご案内をすると言いつつ、しょっぱなから「はぁ?」と言われそうな見出しを書いてしまいました。

けれど大事なことなので先にお話しします。あなたの目的が「結婚」の場合、実はヤリモクを見分ける方法を知ることにそこまでのメリットはありません。

「遊び人に騙されないって超大事じゃん」という声が聞こえてきそうですが、あなたが早く結婚したくてマッチングアプリや婚活サイトを使っているのなら、「H目的かどうか」で相手を選別できても仕方ないのです。

なぜなら、「相手の目的が遊びであろうがステディな交際であろうが、あなたとの結婚を考えてくれる男性以外とのご縁は全部意味がない」からです。

むしろ、体の関係になった途端に音信不通にする男性より、結婚する覚悟もなくお付き合いをしてあなたを縛り、半年~1年以上を無駄にさせる男性の方がよっぽど罪深いのではないでしょうか。

既婚者、本命彼女持ち、ワンナイト目的、セフレ作り目的、マルチ商法勧誘・詐欺目的に加えて、「彼女がほしいなぁ」としか考えていない男性。ヤリモクという枠組みを超えて、「あなたとの結婚を考える気がない男性全員」をシャットアウトしなければなりません。

「彼女が欲しいなぁ」だけの人の選別方法は別記事に書きましたので、以下、「ヤリモクはもちろん、結婚目的以外の明らかに不純な動機で婚活サービスを利用している男性」を主な対象として対策をお伝えしていきます。

ヤリモクなどの「あなたとの結婚を考える気がない男性」の特徴と警戒レベル

まずはヤリモクの特徴として良く言われていることを挙げていきます。

  • 外見を中心にとにかく褒めてくる男性はヤリモク
  • 最初からタメ語でメッセージを送ってくる男性はヤリモク
  • プロフィールがてきとうな男性はヤリモク
  • マッチングしてすぐにLINEに誘導する男性はヤリモク
  • マッチングしてすぐにデートに誘う男性はヤリモク
  • 高年収男性・イケメンはヤリモク
  • 初デートからお酒をどんどんすすめてくる男性はヤリモク
  • 甘え下手だよね、と言ってくる男性はヤリモク
  • 初回デートが夜&恋バナ多めにしてくる男性はヤリモク
  • 初回デートや2回目でドライブに誘ってくる男性はヤリモク
  • 初回デートからボディータッチをしてくる男性はヤリモク
  • 付き合ってないのに終電を逃させようとする男性はヤリモク
  • 土日祝日に連絡が取れなくなったり恋人イベントの日に会えない男性はヤリモク既婚者
  • 都内通勤なのに調布や国分寺などのベッドタウンに住んでいる男性はヤリモク既婚者

沢山出てきました。
これらに該当する男性が本当に「あなたとの結婚を考える気がない男性」なのかどうかを以下解説していきます。

外見を中心にとにかく褒めてくる男性-警戒レベルMAX

多少ならまだしも、「かわいい」「美人」「キレイ」「早く会いたい」を連発する男性は、H目的やマルチ商法・詐欺目的などで女性をカモにする意図があるか、あなたを勝手に偶像化して一時的にお熱になっているかのどちらかです。

前者は女性の「自信の無さ」に付け込んで仕掛けてきます。会った時もあなたを褒め続けますが、自己開示が極端に少なかったり、仕事とプライベートを語るテンションに差があったりすることが多いです。

後者は会った時に「ホクホク度」が目に見える場合と、逆に「思っていた女性と違った」と感じて著しくテンションダウンする場合があります。

「ホクホク度」が目に見えた場合は別の注意が必要です。
あなたを理想の偶像化している状態が続いていると考えられるので、この先、リアルなあなたを知っていく中で気持ちが冷めて、「思ってた女性と違った」と言って去っていく可能性があります。

最初からタメ語でメッセージを送ってくる男性-終了or様子見

遊び目的か、あるいは相手との距離感を計れない男性であるかのどちらかです。

「いきなりタメ語で話しかけられるその価値観が受け入れられない」と思えるならそこで終了推奨です。

「でも顔が割とタイプだな」「年収が高いし…」など、もう一歩進んでから判断したい場合は、相手が褒められて嬉しいだろうなと思える部分を称賛+一番興味がありそうなことへの共感と質問を「敬語」で返してください。

それに対する返信で敬語を混ぜてきたり、(安易な誉め言葉以外で)あなたへの興味・関心や思いやりが感じられるメッセージを返してきた場合はもう少し様子を見ても良いかもしれません。

プロフィールがてきとうな男性-ご縁をつなぐ必要なし

自己紹介は2~3行、選択項目も未回答ばかりの男性は、真剣に結婚相手探しをしていないと捉えて問題ありません。

万が一真剣にお相手探しをしていたとしても、「スカスカのプロフィールでは女性の心を掴めないかもしれない」という発想に至らない点で「お察し能力」の低さが懸念されます。

身バレしたくない・仕事が忙しすぎて入力する暇がないから…といった理由があったとしても、それが個人の勝手な都合であることを認識できていない=無自覚な自己中傾向が見られるため、交際後に苦い思いをするフラグが立っている男性と言えます。

どんなに高収入であっても、イケメンであっても、あなたが幸せになれる相手ではないように思えます。敢えてご縁をつなぐ必要はないでしょう。

マッチングしてすぐにLINEに誘導する男性-警戒レベル高

マッチング成立してすぐにLINE誘導してくる男性は、現時点であなたに結婚相手候補としての価値をほとんど感じていないと言えます。
「結婚」まで視野に入れてご縁をつないだ異性にテンションダウンされかねない提案を軽々しくする男性はまずいません。遊び目的や詐欺目的であなたに近づいた可能性が高いです。

「LINEの方がやりやすいから」「有料会員期間が明日で終わるから」「今日で辞めようと思っている」などもっともらしい理由を言ったりもしますが、仮にそれが本当だったとしても、知り合って間もない異性に自分の都合を押し付ける男性をあえて選ぶ必要はないような気がします。

初日~2日目かつ往復3回以内で誘導されたら一旦放置推奨です。

マッチングしてすぐにデートに誘う男性-警戒レベル高

マッチング成立してすぐに「今日か明日会えない?」「今週末どう?」と打診してくる男性は9割の確率で結婚相手探しを主たる目的とはしていないと考えましょう。
イケメンであっても高年収であってもそうでなくても「手軽にHできる女性」を求めていて、その実は彼女持ちだったり、既婚者である可能性も高いです。

残りの1割は「婚活と言えど会ってみないとわからないからとにかく早く会いたい」と思っている男性で、かつ「急に誘っても無礼ではない」と考えている男性です。

「その価値観が受け入れられない」と思えるならそこで終了推奨です。

ただ、すぐ会おうとする中に市場価値が高めの男性がいることもあります。
それでも個人的にはおすすめしかねますが、ご自身の中で「絶対に2時間で帰る」と決めて挑むのも1つかもしれません。
会った際は、ボディータッチや終電を逃させようとしている様子が見えた時点で、結婚相手候補として見られていないと判断しましょう。

別案として「ごめんなさい、今週は予定が入っていて…来週の〇日か〇日はご都合どうでしょうか?」と10日ほど先の日で逆提案してみる方法もあります。
直近で約束するよりも会える確率は下がりますが、それでメッセージが返ってこなくなる場合は結婚相手候補として見られていなかったと解釈しましょう。

約束が成立した際は、「お約束の日までまだありますが、その間に〇さんのこと、色々教えてもらいたいです。」とメッセージ交換を打診して反応を見ましょう。

それについて返信が返ってこない場合や、やる気がなさすぎるレスしかつかない場合は、体目的かもしくは「俺様は興味が持てる女にしか時間を割かない。会って実際を確認するまではお前を相手にしない」意思表示であると言えます。「急な用事が入った」と言って約束を断っても良いかもしれません。

高年収男性・イケメン-警戒レベル中

通常、マッチングアプリや婚活サイトは「結婚相手(or恋人)を見つけたいけれど自然な出会いがない男女」が使います。

仕事が忙しすぎて出会いを開拓できなかったり、周囲の環境的に出会いがなかったり、お付き合いしていた人と破局したばかりだったり、恋愛が苦手な人だったりします。

そんな中に、高収入男性、イケメン男性、その両方を兼ね備えた男性がいてもおかしくはありません。
おかしくはありませんが、彼らはネット婚活ではモテ無双できます。結婚本気度が高ければ高いほど早々に「人気モテ女子」をゲットして婚活を卒業していきます。
中には「付き合うのはゴメンだけどHはしたいな」と思える女性に手を出しながら、理想の女性を探している人もいるでしょう。

恋愛・結婚に全く困らなそうな男性に見えるのに、何か月もマッチングアプリを使い続けている人がいたら、

  • 結婚本気度が高くない
  • 理想が高い
  • 既婚者か彼女持ちが遊び目的で使っている
  • マルチ商法の勧誘に使っている
  • 写真と実物が別人レベルのため交際に至らずにいる
  • 会ってみないとわからない部分(人柄や癖や体臭など)にモテない要素があるため交際に至らずにいる

これらのいずれかに該当する男性だと判断されるのが賢明です。

H目的かどうかというより、結婚できない可能性が高い男性という意味で「警戒レベル中」としました。

初デートからお酒をどんどんすすめてくる男性-警戒レベル高

お酒が入った方が初対面でも打ち解けやすいという人はいます。
初回デートが夜であること自体を不審に思う必要はありませんし、グラスが少なくなったらすぐに気づいて「次何飲む?」とすすめてくる人は気遣いさんなだけの可能性も高いです。

ただ、「お酒進んでないね」「ほらほら、もっと飲もう、どんどん飲もう!」と、女性のペースを尊重せずに煽ってくるような男性は他の目的を持っている可能性があり、不純な動機がなかったとしても人の気持ちやタイミングを察するのが苦手なタイプである可能性が高いので、あえて次に繋げる必要はないと思います。

甘え下手だよね、と言ってくる男性-警戒レベル高

心の関係性が形成される前に身体的距離を詰めてくるのは典型的な遊び人です。
「甘え下手だよね、ちょっと俺に甘えてみなよ」といって寄りかからせてきたり、あたまをなでなでしてきたら、「ワンナイト候補」にされている、と考えるのを推奨します。

初回デートが夜&恋バナ多めにしてくる男性-警戒レベル中

初回デートが休日なのに夜だったり、出会って間もなく恋愛話をしてくることを警戒する必要はありませんが、話を下ネタに誘導しようとする意図が見えたり、見た目を褒めながらボディータッチを絡めてくる、帰り際手をつなごうとしてきたら、その時点で「結婚相手候補としては見られていない」と判断するのが賢明です。

初回デートや2回目でドライブに誘ってくる男性-警戒レベル中

特に地域にお住いの場合は、初回がドライブデートであることだけで「遊び目的」と判断するのはもったいないです。

ただ、「これから家に行って飲まない?」など2人きりになれる空間へ誘われたら、「結婚相手候補としては見られていない」と判断するのが賢明です。

初回デートからボディータッチをしてくる男性-警戒レベルMAX

色んな意味で「やめておこう案件」です。

結婚相手候補として見られていない可能性が高いですし、候補として見られていたとしても、出会って数時間の女性に気軽にボディータッチできる男性と結婚して良いのかという問題もあります。このような男性は、同じことを他の女性にもしまくっていると思った方が良いです。また、お付き合いしても結婚しても、女性との距離感を変えません。

高収入だったりイケメンだったら、女性を引き寄せやすいですから、距離感が近いのも相まって浮気への敷居が低いことを頭に入れておきたいです。自分を大切にしましょう。

付き合ってないのに終電を逃させようとする男性-警戒レベルMAX

今すぐ逃げて案件です。

あなたのことを特別な女性として大事にしたい、と考えている男性は、紳士な自分をアピールするため、終電前に帰そうとします。
それをしない男性は、あなたのことを「守りたい女性」と思って接していません。

どんなに褒められても、好意を伝えられても、「結婚相手候補として見ているかどうかは別」です。
出会ったばかりの男と終電を逃すまでお酒を飲める女性・良く知らない相手とすぐにHできる女性を結婚相手として歓迎する男性はいません。
あなたが結婚したくてお相手探しをしているなら「貞操観念が身についている女性」でいるべきです。

※付き合う前にHしたけど付き合えたし結婚できた女性もいますが、なぜそうなったかは別の角度で見る必要があります。
詳しくお知りになりたい人はこちらの記事をどうぞ⇒付き合う前に体の関係になるとヤリ捨て・セフレにされる?告白なしにHに誘われた時の正しい対処法

土日祝日に連絡が取れなくなったり恋人イベントの日に会えない男性-警戒レベルMAX

既婚者や彼女と同居している男性あるあるですが、既婚者や彼女持ちであるかどうかに限らず、恋人らしい過ごし方を全然してくれない男性なのだとしたら、あなたの結婚相手としてふさわしいのか疑問です。

あなたの結婚相手となる男性は、あなたを唯一の異性のパートナーと認め、あなたに愛を注いでくれる男性であるべきです。

十分に納得いく理由と証拠が揃っていたとしても、あなたが不安や不満を感じずにいられないのなら、彼との相性は良くありません。固執する必要はないように思えます。

都内通勤なのに調布や国分寺などのベッドタウンに住んでいる男性-警戒レベル中

既婚者である可能性がありますが、独身だったとしても実家暮らし(一人暮らしの経験がない)場合は注意が必要です。
実家にほとんどお金をおさめずに家事の全てを母親にやってもらっている男性は正直お勧めしがたいです。

既婚者かどうかの確認の方法として、4~5回目のデートで「あなたの住んでいる街でデートしてみたい。お家には伺わなくて良いから、普段よく行ってるごはん屋さんや、散歩しているルート回れたら嬉しいな」と言ってみて、反応を見るのが有効です。

ヤリモクなどの「あなたとの結婚を考える気がない男性」予防対策とされていることとその是非

続いて、よく言われているヤリモク(および結婚以外が目的の男性)予防策についてお伝えし、それを行うべきかどうかを解説します。

  • もう少しやりとりしてから会おうと言う⇒推奨しかねる
  • ドライブのお誘いにのらない⇒状況次第
  • ボディータッチに引く反応をする⇒やりかたに注意
  • プロフィールに「真面目な出会い以外の目的お断り」と明記する⇒NG
  • プロフィールに好きなタイプ・嫌いなタイプの男性を書く⇒NG
  • 「終電までには帰ります」「日中でないとあえません」⇒伝え方を変える

ほとんどNGとなりました。

詳しく見ながら、代替え案をお伝えしていきます。

もう少しやりとりしてから会おうと言う⇒推奨しかねる

「もう少しやりとりしてから会おう」は、相手のリクエストに対し「拒絶」を示す対応です。
拒絶アクションは、関係性が浅い人間関係を決定的に壊滅させる可能性がある危険アクションです。

即Hが目的の男性を撃退するには効果的ですが、市場価値が高い婚活男性とつながるチャンスも失いかねないもろ刃の手段と言えます。

それで会えなくなっても良い相手ならそう言ってしまって構わないのですが、一度は会いたい、と思える期待値の相手の場合は、先延ばしを講じるのをおすすめします。

「お誘いもらえてうれしい(絵文字)でもごめんなさい、今週は予定が埋まっていて(絵文字)よかったら来週〇日か〇日に会えないかな?」7日~12日程先の日程を提案し、約束を取り付けた後で「デートまでの間に、〇さんのこともっと教えてもらえたら嬉しいな。〇さんて、映画鑑賞が趣味なんですね、私も大好きです。最近気になってる作品ありますか?」と、相手が特に話したがりそうな話題をプロフィールから探して話題提供してみてください。

先の日程を提案したことで連絡が来なくなったり、やりとりが続かないなら、会う価値はないと判断しても良いと思います。

ただ真面目に結婚相手を探している男性だったとしても、すぐに会おうと言ってくる人はあなたへの期待値を低く見積もっている可能性が高いです。難易度が高いことも覚悟で挑んでいただけたらと思います。

ドライブのお誘いにのらない⇒状況次第

車がないと不便な地域だったり、普段から車を良く使う男性の場合は、不純な動機がなくてもドライブデートに誘ったりします。

日中のデートならお受けし、夜のドライブデートを提案されたら「夜に2人きりになるのはまだ緊張しちゃうから、日中にしてもらえると嬉しい」と伝えてみるのも良いかもしれません。
それで反応が悪くなるならそれまでの相手だと思いましょう。

会う際は、念のための対策として防犯ベルを所持したり、スマートフォンの緊急SOS(⇒ihone緊急SOS)を知っておくなど対策はしておきたいところです。

ボディータッチに引く反応をする⇒やりかたに注意

初回から馴れ馴れしく体に触れてくる男性は「逃げて案件」だと思っていますが、1度チャンスをあげるとしたら、わかりやすくビクッと反応して「ごめんね、ちょっとびっくりしちゃった」と優しめの拒絶をしましょう。
相手が謝ってきたら「わたしもごめんね。今時ないくらい固い子だよね」と謝りつつ、けれど触って良い空気は一切出さないでおきましょう。

相手が「えー、肩に触っただけなのに?」「そんな少女でもあるまいし」など茶化してきたら、「気分悪くさせたならごめんね。私、お付き合い前とあとの線引きはちゃんとしたい派なんだ」と、自分の意向をきちんと伝えましょう。

「じゃあ付き合おうよ」と軽いノリで言われたら、「ありがとう。考えてみるので3日下さい(笑)」と軽いノリで返しましょう。

軽くないノリで言われたら、「ちょっと真面目な話させてもらうと、私、お付き合いする人のこと、私に何ができるかなって視点でも探してます。あと2、3回会ってみないと〇さんを幸せにできるって確信が持てないから、良かったらもう少しこの関係を続けてほしいです」と言いましょう。

そこまで言っても自分の意見を押し通そうとする人は、あなたの意思を尊重したい、という気持ちを持てない人ですから、これ以上関係を続ける意味はないと思います。

プロフィールに「真面目な出会い以外の目的お断り」と明記する⇒NG

これはしない方が良いです。
警戒心をあらわにしている人は良い印象を持たれにくいです。

「金目的で近づいてくる女性お断り」と書いてある男性のプロフィールがあったら、そのつもりが無くてもあえてその人に近づきたいとは思わないのではないでしょうか?

特に信頼関係が結ばれる前の相手に「拒否」「否定」を伝えかねないメッセージは書かないに越したことはありません。

それに、「〇〇な人お断り」を書いても近づく遊び人は近づきますし、むしろ下心がばれないように慎重にあなたに近づく可能性もあります。

プロフィールに好きなタイプ・嫌いなタイプの男性を書く⇒NG

好きなタイプ:誠実な人、嫌いなタイプ:軟派な人と書いて遠回しに「遊び人お断り」を伝えるのも、前項と同じ理由(相手によっては「拒否」「否定」ととらえかねないメッセージとなるため)で、推奨しかねます。

また、これらを書けば一致する層だけが寄ってくるかと言うと残念ながらそうではありませんので、あまり意味がありません。

「終電までには帰ります」「日中でないと会えません」⇒伝え方を変える

「私はあなたを警戒しています」「あなたをジャッジしています」というメッセージを伝えるのはNGです。

「僕はお金目当てで寄ってくる女を避けたいからデートは割り勘にしています」と言われたら割り勘OKな女性でもテンションが下がると思います。それに遠くない行為とお考えいただけたらと思います。

まず初回デートは人が多い場所で会う約束をしましょう。

そして遅くても20時には集合して2時間で帰りましょう。
(20時までに会うのが難しい場合は休日にし、相手に20時以降を指定された場合は「良ければ19時前後か休日でお約束してもらえたら嬉しいです」と返しましょう。理由は言わなくてOKです)

このルールを徹底すれば、日中でなくても危険度は少ないですし、終電を逃す展開にもなりません。

「いやでも2時間で感じよく終わらせる方法がわからないわ」

という人はこのツイートでご案内している通り、

(何時まで大丈夫か聞かれたら)「初回デートだから、2時間が良いですよね」

聞かれないままデートして2時間経ったら「あ、もういい時間ですね。あっという間だったなぁ。とても楽しかったです。今日はありがとうございました(笑顔)」

もう少し一緒にいたいと言われたら、⇒「実は今日〇さんに会うんだって思ったら緊張しちゃって、昨日あまり寝れなくて…すごく楽しかったからまた誘ってもらえたら嬉しいな」

といったように、相手を立てつつふんわりとした言葉で切り上げましょう。

最後に-真面目なマッチングアプリ・婚活サイトのヤリモクは許されざる存在だが、男性も相手を見て行動を起こす

これからお伝えする話はあなたには受け入れられない話かもしれませんが、数多くの恋愛を見てきておおよそ間違いないと私が思っている男性の本質をお伝えします。

男性は女性に対して、「恋人にして独占したい」と「体の関係だけ持ってみたい」と「興味なし(生理的に無理)」、この3つの評価軸を持ち、実行に移すかどうかは別として「体の関係だけ持ってみたい」と感じる女性の割合が一番多かったりします。

100人女性がいたとしたら、(個人差はありますが)40人が恋人候補となり、50人が体の関係だけ持ってみたい人で、10人が興味なし(生理的に無理)、といった割合かもしれません。

モテる男性なら、1~2人が恋人候補となり、約30人が体の関係だけなら持ってみたい人、残りの70人は敢えて行く必要がない女性、という認識かもしれません。

この評価軸で生きているため「あわよくば」という気持ちを持ちやすく、「付き合う約束してないからだますわけじゃない」と自分を正当化して都合の良い関係を迫ることがあります。

こういった男性の中には自分のことを正直で誠実な男だと考えている男性もいます。
そして「この女性だ!」と思える女性が現れた時は、深い愛情を持ってその女性とだけ関わったりもします。

遊ばれた側からしたら「地獄に落ちろ!」と呪いたくなりますが、それは女性(の多く)が「体の関係だけ持ってみたい」という評価軸を持ち合わせていないからこそ感じる理不尽さであり、また、人は男女関わらず相手の価値を計り、その価値の高さに応じて対応を変える生き物であることを鑑みると、解決しがたい問題なのかもしれません。

では私たち女性はどうすれば良いのか

婚活での出会いの場合、評価付けは数分~数時間でかたまり、一度下された評価はまず覆りません。

ですので、結婚相手候補にはしないことをしてくる男性はサクサク排除していきましょう。

あれ?と思ったら、先述のアドバイスをヒントに「これって結婚相手候補にする誘いやお願いかな?」という視点で冷静に考えていただきたいです。

同時に、結婚相手候補から外されるような行為をしない

本命候補と交際前に体のお付き合いをするのは完全NGです。

男性も自分が選んだ異性が、自分以外と体の関係になることを許せません。
交際相手ではなく生涯を共にする「結婚相手となる女性」ならなおさらです。

そういった視点で見ると、

はじめて会った男性と終電まで2人で飲んだり、
その日のうちにホテルに行ったり、
付き合ってもいない男性の家に遊びにいったり、
露出が多い服を着てデートすることは、
貞操観念が低いと示すようなもので、自らの首を絞める行為に他ならないことがお分かりになると思います。

※中には「この女性は俺が特別魅力的だから応じただけだ」とポジティブに考える男性もいますが数は少ないです。

ホテルや自宅に誘われ時点で、たとえ相思相愛感があったとしても「〇さんのこともっと知りたいと思っているし、私のこともっと知ってもらいたいって思っているけど、私は深い関係になるのはお付き合いしてからにしています。割り切りとかできないし、これ以上好きになったら辛くなっちゃうから。ごめんね」と伝えましょう。
デートの最中だったなら、相手がそれに対してどのような反応をしたとしても、笑顔でお礼を言って帰るのをおすすめします。別れて30分後に楽しかった感が伝わりまくる5行程度のお礼メールをしましょう。

「結婚相手候補」として見られたいなら「体だけの関係にはならない女性」と思わせるのは必須です。

育ちが良く、お付き合いした男性以外と2人きりで遊ぶなど考えられないような印象を与える

人は「罪悪感」を感じる行為をしたくない生き物です。

相手の男性の心に入り込んで信頼関係の芽を出させて、かつ「遊ばれるなど思いもしないピュアな女性」を体現できれば、手出しを躊躇する確率が高まります。

「男性の心に入り込んで信頼関係の芽を出させるコツ」は私の極意でして、お知りになりたい場合は婚活個人相談にお申込みいただけたらと思いますが、ここですぐにできるアドバイスを1つだけさせていただきますね。

会って間もない頃合い、例えばドリンクを注文し終えた時に、

「婚活するまで、男性と2人きりで飲んだことなかったから、ちょっと緊張してるかも。でも〇さんが紳士そうな人で良かった」

と言って、笑顔を見せましょう。そして、

「〇さんとお話できるの、楽しみにしてました。想像通りの方で嬉しいです」

と言って、彼が聞いてほしそうな話題を中心に、質問し、深掘りし、共感し、称賛しましょう。

会話の中で、「紳士ですね」「誠実なんですね」と言えるシーンがあれば、差し込みましょう。

人は褒められると、褒められたキャラを継続しようという気持ちになりやすいので、「紳士」「誠実」といったキーワードで褒めるのは、ヤリ逃げ防止に効果的です。

以上、長文にお付き合いくださりありがとうございました。

幸せな結婚を求める人をサポートしています。
婚活から結婚した自身の経験と、サポート成婚率7割の実績を以て、20代~40代の男女にリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

当サイトの概要はTOPページをどうぞ
⇒さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法

【速報】恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、2019年7月8日以降で受付中です。
【6/18追記】7月のご新規様ご予約枠は残り3名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。
⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

⇒アクセス(ご予約は上記リンク先専用フォームよりお願いします)

★youtube始めました★
⇒明日の不安を減らすための恋愛・婚活講座「ゆるふわに理詰めます」

さかな(婚活サポーター)をフォローする
婚活悩み

気になる結婚相談所だけ選ぶorさかなに選ばせる「無料一括資料請求」

結婚相手との出会い

結婚相談所の資料請求フォームは入力項目が多くて、複数に申し込むのは骨が折れますよね。
でも業者の一括資料請求は、興味のない相談所の資料までわんさか届いたり、保険などの無関係なDMが届くようになったりと、面倒が多い…

当サイトの一括資料請求は、あなたが送ってほしい結婚相談所の資料だけをお届けします。
余計なDMも一切お送りいたしません。

また、「自分にピッタリの結婚相談所を選んでほしい」人には、さかな自身があなたのお住まい・気質からおすすめできる結婚相談所を2~4社ピックアップして代理資料請求を行います。
(資料請求後、選んだ理由を添えて資料請求した相談所をメールにてご報告します。)

当サイトはSSLシステム導入で個人情報も安心です。是非ご利用くださいね。

※恐れ入りますが、IBJメンバーズ、クラブオーツーの資料請求には非対応となっております。

+資料請求フォームを開く
社名記載送付結婚相談所資料とわからない封筒で送付希望
必須希望する資料 オーネットツヴァイパートナーエージェントゼクシィ縁結びエージェントノッツェサンマリエさかなに選んでほしい
*さかなに選んでほしいを選択した人のみ回答必須(当てはまるもの全てお選びください) 交際経験は3人以上or2年以上続いた人がいるモテる人に惹かれやすい自分の容姿は人並み以上だ手間をかけずに会いたい料金の安さはかなり重要だ体の相性を無視して婚約はできないスペックより内面重視派だ婚活をひとりで乗り切る自信がない異性を見る目に自信がない
必須お名前
※フルネーム
必須フリガナ
必須性別
必須生年月日(西暦)
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
必須郵便番号
必須ご住所 市区町村迄
必須市区町村以下
必須お電話番号
必須婚姻歴
必須最終学歴
必須勤務先・ご職業
必須一番気になる事

【個人情報の取扱いと利用規約について】

「さかなの結婚相談室」管理人は、業務実態に応じた個人情報保護のための管理を徹底するとともに、個人情報保護方針に従い適切かつ慎重に取り扱います。

(1)個人情報の収集について

個人情報を収集する際には、お客様・関係者様に対して収集する目的を明確にし、その目的達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。

(2)個人情報の利用について

個人情報を利用する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内のみで利用致します。

(3)個人情報の提供及び預託について

個人情報を第三者に提供または委託する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内でこれを行います。

【利用規約】

1.定義
(1)「本サービス」とは、「さかなの結婚相談室」管理人(以下管理人といいます)が、当ホームページで提供する一連のサービスを指すものとします。
(2)「ユーザー」とは、「さかなの結婚相談室」利用規約(以下「本規約」といいます)の内容に同意した上で、本サービスをご利用する方を指すものとします。
(3)「提携事業者」とは、本サービスを提供するにあたり管理人と提携した事業者を指すものとします。

2.本規約の範囲、適用
本規約は、本サービスをご利用するユーザーに適用されます。管理人は、本規約の定めに従うことに同意することを条件として、ユーザーに対し、本サービスの利用を許諾いたします。

3.サービス
本サービスの内容は以下の通りとします。
(1) 当ホームページを通じた提携事業者及びその内容、広告情報等の紹介。
(2) ユーザーから提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼の受付
(3) ユーザーから受け付けた資料請求・サービス案内依頼の提携事業者への転送
管理人から資料請求・サービス案内依頼を転送された提携事業者は、ユーザーに対し、当ホームページに定める期間内に当ホームページに定める方法で連絡します。

4.ユーザーと提携事業者の契約
(1) 管理人は、ユーザーと提携事業者との取引契約の成否及びその履行、提携事業者が提供する商品・サービス等の内容、質、法的妥当性等に関しては、これを保証せず、ユーザーに対し、これらに関する一切の責任を負わないものとします。
(2) ユーザーは、提携事業者が提供する商品・サービス等の購入・利用に関しては、自己の責任において直接提携事業者と交渉、契約等を行うものとし、当該商品・サービス等に関する質問・要望等はユーザーが直接提携事業者に対して行うものとします。
(3) ユーザーは、当ホームページ及び電子メール、ダイレクトメール、電話等で提携事業者が提供するサービス・商品及び広告情報等が、提携事業者の責任において提供しているものであることを理解した上で、提携事業者との間でサービス・商品等の提供を受けるものとします。
(4) ユーザーと提携事業者の契約等に関して何らかの問題が生じた場合、ユーザーは自らの責任と負担により解決することとし、管理人は一切これに関与しません。
(5) ユーザーは、提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼を取り消す場合、または提携事業者との間で締結した契約を解除する場合、自ら当該提携事業者に直接連絡をするものとします。
5.ご利用上の注意
本サービスのご利用にあたっては、管理人が指定する方法に従って申し込むものとします。管理人が指定する方法に従わないことにより、ユーザーが不利益を被ったとしても、管理人は一切の責任を負わないものとします。

6.ユーザー
本サービスの利用及び設備等
(1)ユーザーは、本サービスのご利用にあたり、本規約等を遵守するものとします。
(2) 本サービスのご利用は、無料です。
(3)管理人及び提携事業者との連絡手段として電子メールアドレス等必須事項を提供していただけない方は、本サービスをご利用いただくことができないものとさせていただきます。
(4) 本サービス利用の際の入力事項に、虚偽の記載、誤記、または入力漏れがあった場合、ご本人様へ確認をさせていただく場合がございます。
7.個人情報
個人情報の収集目的及び収集手段
(1)個人情報の収集は、本サービスの充実ならびに円滑なる提供(提携事業者に対する個人情報の提供、提携事業者による商品・サービスの提供を含みます)及び本サービスの円滑な運営を目的として、当該目的の達成に必要な範囲内で行うものとします。
(2) 個人情報の収集は、当ホームページ上での入力により行うものとし、ご提供時に送信ボタンへのクリックをなさることによって本人の同意を得たものとします。

7. お客様・関係者様の権利の尊重

管理人は、お客様・関係者様の権利を尊重し、お客様・関係者様から自己の個人情報について以下の対応を求められた際には、速やかにこれに応じます。

・ご自身の個人情報の開示
・ご自身の個人情報の訂正・削除
・自己の個人情報の利用拒否、及び提供の拒否

2016年3月25日制定

さかなの結婚相談室 管理人 池田千紘
連絡先:E-mail:sakanainfo@chainhearts.com


上記を確認し、チェックをお願いします。

※料金・会員数・成婚率・サービス充実度…実績がある大手結婚相談所5社を徹底比較した記事⇒おすすめ結婚相談所比較

さかなの結婚相談室-「結婚したいと思える人」と最短で結ばれる婚活方法
タイトルとURLをコピーしました