【最新記事】⇒最新脱毛を体験!6ヶ月で脱毛完了「ストラッシュ」(STLASSH)体験レポート

婚活成功のための4か条。結婚相手の選び方の総まとめ-結婚相手の選び方6

婚活で幸せになるために 結婚相手の選び方

これまで6回にわたって、婚活基礎講座をお送りしてきました。

この講座では、あなたがお相手探しをする際に念頭に置いていただきたいことを、お話してきました。

腹落ちしていただくことを第一に記事を作成した結果、どれもこれもかなり回りくどい解説となってしまい、「えーとわからんでもないけど、つまり何に気を付ければいいんだっけ?」となってしまっている危険がありますので、ここに要点をまとめようと思います。

幸せな結婚生活を手に入れるために、心に留めておくべき婚活4か条

  1. 「ときめく異性」と結婚しても、「幸せな結婚生活」を送れるとは限らない。
  2. 恋愛感情込みで相手を決めると、時限式「あばたもえくぼ現象」のせいで、結婚後に後悔する可能性がある。
  3. 相手候補がプロフィールや口頭で伝えている「希望の条件」が、真実だとは限らない。
  4. 安定した結婚生活を続かせるためには、価値観の一致、求める役割の合致と共に、自分が相手の精神的癒しになれるかが重要。

あなたには、この4つを胸に刻みつつお相手探しをしていただきたいと思います。

・・・もっと開けっ広げに書きますと、

  1. ルックスやステータスは生活満足度には関係ない。あなたの望む生活スタイルに沿った役割を請け負える人こそが、あなたが幸せになれる結婚相手であると心得よ。
  2. 婚活中の恋は全てを台無しにする(危険性がある)
  3. 相手は自分自身をわかっていない場合が多い。注意深く観察・確認して読み取れ。
  4. 相手のストレス耐性には注意せよ。あなたが存在するだけで相手の精神安定剤になれれば強し。

ということになります。

・・・え?

最初からそう書けよ、

ですか?
そうですよね、いちいち私、回りくどいんですよね。
すいません、もう、持ち味だと思って諦めてください・・・

人間20年30年も生きているとそう変われません・・・→どこかで言った台詞ですね。

ともかく、これは相手を探す際に、押さえておきたい基本中の基本です

これらの心得無くして本当の意味での婚活成功はない、例え成功して入籍できても、結婚生活に失敗する可能性が高いと私は考えます。

ここから、あなたの実践的な婚活が始まります。

頑張りましょう!

次回は、幸せな結婚とは、等価交換の日々を送れるかどうか-「結婚相手の選び方」の終わりにをお送りします。