理想の結婚生活にたどり着くための38の質問で、あなた自身を掘り下げる

結婚のための質問 婚活成功のための下準備

婚活市場600万人と言われる戦地で、たった一人の結婚相手を見つけ出す。

市場には男性と女性しかいないわけですから、単純に計算すると、お相手候補となる相手が300万人、ライバルとなるべき相手も300万人いることになります。
(厳密には比の問題がありますが、取るに足らない程度の差です、きっと)

これだけの人で溢れかえっているのです。
フィーリングで動き続けても、思うような結果にはまずたどり着けません。

幸せな結婚生活を求めて激戦区に降り立つあなたに、私は目標達成に一番必要なものを授けようと思います。

それは、「自分情報」です。

理想の結婚生活の具現化こそ、婚活成功の第一歩

理想の結婚生活のための婚活必勝法

あなたはまず、自分を知らなければなりません。

どこかの国の偉人も、「敵を知り、己を知れば、百戦して危うからず」とおっしゃっていました。…敵じゃなくて、立ち向かうは結婚相手候補ですが。

あなたには、結婚情報サービスなどの実際の手段を探していただく前に、
自分の理想の生活を具体的に描いていただきます。

それが出来るように、私は必ず押さえておきたい38の質問をご用意しました。

この38の質問で、あなたは自分自身を再確認し、また、新発見することもあるかもしれません。

この質問は、とても表層的な質問に見えるものでも、実はあなたの生きてきた軌跡が反映されています。

つまり、あなたの育ってきた環境や価値観が、その答えの一つ一つの中に存在しているのです。

これは、お相手候補にも言える事です。今はまだ先の事ですが、そのことを少し憶えていてくださいね。

さて、早速質問にお答えください!…と言いたいところですが、
この質問が正しく効力を発揮するためには、以下の2つを守ってもらわねばなりません。

質問に答える環境を整えましょう

1つは、落ち着いた環境で、リラックスできる状態で受けること。

この質問は、骨髄反射で答えて頂くようなものではありません。
記憶を深く辿ったり、想像を巡らせて答えて頂くものとなります。
気が散ってしまうような環境だったり、くたくたに疲れていらしたら、平常時と同じような回答は出来ません。
その場合は、別日を設けてトライしてください。

もう1つは、回答を記すこと。

出来れば手書きを推奨しますが、パソコンのテキストに打ち込んでも構いません。
口頭でなんとなく答えて終わり、では、全く意味をなしません。
しっかりと残る形にしてください。

上記2つがクリアできる環境が整いましたら、いざ、ゆかんです。
出だしから長丁場ですが、どうか乗り越えてくださいね。

理想の結婚生活の為の38の質問

質問には、できる限り想像を巡らせ、具体的にお答え下さい。
初めて直面するような問題等に関しては、ネット検索などを利用し参考にしても構いません。

(『相手次第』という回答になりそうな所は、「どちらかというとこっち」「最低でもこの位」といったスタンスでお答えください)

※2017年7月追記
質問テンプレートをエクセルで作成しました。良ければお使いくださいね。

⇒「38の質問テンプレート」ダウンロードはこちらをクリック

  1. 結婚後自分1人の自由な時間はどのくらい必要か。(例:仕事のある日○時間、休日○時間)
  2. 結婚相手とのコミュニケーションはどのようにしてとるつもりか。それは一日どの位の時間か(例:食後20分おしゃべりタイム)
  3. 寝室について。同室か別室か。同室の場合は一つのベットか二つのベットか。
  4. 住む場所は何を優先して決めるのか(自分の仕事場が近い・街が近い、緑が多い、両親が近い等)
  5. 将来的に家を購入するのかしないのか。住居費にどの位のお金を割くか。
  6. ペットを飼うことについてどのように思うか
  7. 2人の生活が始まったら、必要と思われる世帯年収はいくらか
  8. その生活費の内訳は?毎月、年額の目標貯蓄額は?
  9. 家計管理は誰がするのか、また共稼ぎの場合はどのように出し合う額を決めるのか
  10. あなたのお金についての価値観は(どういったことに使うことに重きを置くか、ギャンブルの有無、趣味への投資等)
  11. 保険にかける費用、種類は
  12. 結婚式は行うのか、またその理由は、金額は
  13. 健康状態について懸念はあるか。ある場合今後どのように考えているか。
  14. 健康・体型の維持管理についてどの位関心があるか。また、相手にどの程度求めるか。
  15. 喫煙の有無、喫煙についてどのような考えを持っているか。
  16. 食事についてどの程度こだわりがあるか、また偏食か(例:常に和食が良い等、一緒に食事をとるのか、それは朝夕毎回か)
  17. 食材の買い出しはどちらがするのか
  18. 調理はどちらがするのか
  19. 片付けはどちらがするのか
  20. 家の掃除・洗濯はどちらがするのか
  21. 仕事はあなたにとってどのようなものか(重要度・優先度・目標等)
  22. 仕事に費やす時間は(平日○時間、休日は家でもするのか、等)
  23. 相手に仕事をすることを求めるか(どの位)
  24. 自分が仕事をリタイアする時期の予定は?
  25. 実両親は、あなたにとってどんな存在か
  26. 結婚後、実両親や実兄弟とどのような頻度でどのような付き合いをしていきたいか(同居か別居か、鍵を渡すのか、家に泊めるのか、等)
  27. 結婚後、相手の家族や実兄弟とはどのような頻度でどのような付き合いをしていきたいか
  28. 子供は持つのか
  29. それはいつごろか
  30. 何人持ちたいか
  31. 養育(教育)にどの位の金額をかける予定か(習い事、進学)
  32. なかなか授からなかった場合、不妊治療はするのか、どこまでか(人工授精か体外か)
  33. 子供を持った後、それぞれの仕事はどうするのか、子供を預けて働く場合は誰(どこ)に預けるのか
  34. 結婚後、以前からの友人との関わり方に変化はあるか(家に気軽に呼ぶ、会う頻度を減らす、など)
  35. 結婚後、相手の以前からの友人との関わりは持つのか、その度合いは。
  36. 宗教についてどのように考えているか(NGな宗教があるか、自身の宗教にどの位関わってほしいか)
  37. 夫婦の姓、家を継ぐという考えに関してどのような意見を持っているか
  38. あなたにとって家庭とは何か(絶対的な安心領域、自由に趣味などをして羽を伸ばすところ、等)

以上になります。
大変お疲れ様でした!

次回の婚活実践講座は、「できる限り早めに間違いないお相手と結婚するための婚活方法」についてお話します。