【最新記事】⇒最新脱毛を体験!6ヶ月で脱毛完了「ストラッシュ」(STLASSH)体験レポート

「早く結婚したい」人の婚活術。最短で幸せになれる結婚相手の見つけ方【婚活方法最適化】

婚活方法 婚活方法
  • 結婚を考えられる人にすぐに出会いたい
  • 出会えたら、トントン拍子で入籍に至りたい

あなたが婚活を検討中だったり、婚活中だけど良い進展がない状態でいらしたら、「早く結婚したい」という焦りや先が見えない不安に、心穏やかでない毎日を送っていらっしゃると想像します。

相手は誰でも良いわけじゃない。
結婚して幸せになりたいんだ。

そんな思いを抱えて頑張るあなたへ、「最短で幸せな結婚に至るための婚活方法」をご案内いたします。

私は、婚活開始から3ヶ月で将来の伴侶との出会いを果たし、その1ヶ月後に交際開始、翌年に結婚しました。現在は婚活サポーターとして、依頼者さんを成婚へ導くお手伝いをしています。

自身の経験と実績を以って、あなたに早期結婚のノウハウをお伝えします。

婚活方法を最適化したフローチャート

本記事では、早期成婚への活動工程として、当ブログの講座 婚活基礎知識編婚活実践編でお伝えしている膨大な内容を、ダイジェストでお伝えします。

下の活動工程を実際にこなすにはかなりの努力が必要ですが、婚活サポートを始めて5年、実際にご成婚した方々から幸せいっぱいのご報告を数頂いてきて、この婚活の仕方の有効性を強く感じています。

流れとしては以下となります。

  1. 第一印象対策(婚活迎合化)
  2. 婚活サービスを選定する(自分棚卸し)
  3. 婚活サービスに登録する(活動開始)
  4. 対異性スキルを磨く(実地調査)
  5. デートを重ねて成婚へ(実践)
  6. 婚活サービスを変更・追加(check&act)

項目ごとに解説していきますね。

第一印象対策(婚活迎合化)

婚活フィールドに足を踏みいれる前に、必ずやっていただきたいのが、「第一印象(見た目)対策」です。
これをせずにお相手候補とデートに至ると、高確率で後悔する結果を招きます。

お相手探しにはお相手探しのTPOが存在します。初対面から「普段のあなた」全開で相手と対峙し、「受け入れてもらえて当然」という姿勢を見せるのは、機会損失を招きかねないリスキーな行為です。

髪形や体型、服装、姿勢、所作、女性は+メイクの研究…初めて会う異性に「恋人候補として審査される」と考えた時に不安に思える部分は、全力て改善しましょう。
(とは言え、時間は非常に大事です、例えば「1ヶ月間で出来ることを頑張る」と期限を決めて、短期集中で取り組むようにしてください。)

当ブログでは、婚活に特化した見た目対策のご案内もしています。

男性デート服装対策

男性ヘアスタイル対策

女性デート服装対策

女性ヘアスタイル対策

婚活メイク対策

※ご参考:私がした見た目対策について書いた記事はこちら
レッツ迎合-さかなの婚活史3

婚活サービスを選定する(自分棚卸し)

あなたが結婚相手を見つけるのに利用するサービスを決めましょう。

婚活サービスは多岐に渡っています。

合コン、知人の紹介、自治体や業者の婚活パーティー、婚活サイト、マッチングアプリ、結婚相談所…種類は沢山ありますが、成婚率とそのツールから結婚に至る平均期間を考えますと、優先順位順に、

  1. 結婚相談所
  2. 婚活サイト

このどちらかの利用は必須とお考えいただきたいです。

あなたが希望するお相手と結婚に至れるかどうかは、あなたがどんな婚活サービスを使うのかにかかっています。

婚活サービス選ぶポイントとして、「あなたが希望する時期までに結婚に至れる確率が高いサービスかどうか」はもちろんですが、「あなたが結婚生活を送る上で相性の良いお相手と出会える可能性が高いサービスかどうか」、この点が何より重要です。

結婚生活を送るのに相性が良いお相手を探すためには、大前提として、あなた自身があなたのことを、客観的に理解していなければなりません。

当ブログの婚活下準備編を参考に、見た目強化と同時進行で自身の棚卸しをし、理想の結婚相手を明確化しましょう。明確化したお相手像と各サービスの母数を考慮しながら、利用すべき結婚相談所を2つ、婚活サイトを3つ選び、それぞれ優先順位をつけましょう。
以後優先1位はA、2位はB、3位はCと表記していきます。

※結婚相談所や婚活サイトのことをまだよく知らない、という人はこちらのご案内をどうぞ。

結婚相談所とは?1から解説!在籍会員はどんな人達?入会の流れ、サービスの内容、成婚率は?

ネット婚活徹底解説!婚活サイトはどんなサービス?メリットや注意点は?

ちなみに、最近利用者激増中の「マッチングアプリ」については、できるなら使わないに越したことはない、というのが婚活サポーターとしての私の所感です。
どうしてもお使いになる際は、こちらの記事をお読みになった上でご利用いただくと、後悔が少なく済むかもしれません。

結婚したい女性のペアーズ(pairs)必勝術。「付き合えても結婚はできない男性」を見極める、マッチングアプリの婚活方法

婚活サービスに登録する(活動開始)

始めに選んだサービスから結婚できれば言うことなしですが、目的は「成婚」ですので、選んだサービスで良きご縁に恵まれなかった場合は、サービスの種類を変える必要があります。

婚活が年齢的にも精神的にも時間との勝負である以上、狙ったサービスで成果が出ない可能性も視野に入れ、「先を見据えた婚活」をして頂きたいです。

私は、結婚相談所と婚活サイトを最初から併用するのを推奨しています。
婚活サポートでの経験上、「結婚相談所の方が向いている」「婚活サイトの方が自分には合っている」と、両方利用してわかることも多いと体感しているためです。早めに気づけるに越したことはありません。

相談所Aに登録終了後、婚活サイトAに登録してプロフィール公開を公開します。
(プロフィールの書き方についてはこちら⇒婚活プロフィール講座

この場合、データの反映までにかかる時間が婚活サイトの方が短いので、ネット婚活から入ることになります。

対異性スキルを磨く(実地調査)

婚活市場には、数多のライバルが存在します。
あなたは他者と比較・取捨選択される環境下で、理想のお相手の心を掴まねばなりません。

競合せめぎ合う中、経験値0で本命にぶつかっていくのは非常にリスキーです。
現場の空気を掴み、市場(ライバル)調査してから本番に臨まれるのを強く推奨します。

特訓の場として、婚活パーティーがおすすめです。
初対面の異性に好印象を与えるためのヒントがたくさん得られるはずです。
(⇒婚活パーティーは格好の修行場

1回~3回程度の参加をして頂き、ある程度の自信をつけてから本命にぶつかって頂きたいと思います。

ご参考:婚活パーティー比較一覧

デートを重ねて成婚へ(実践)

Aの結婚相談所、婚活サイトで、まずはアプローチしてくれた人とやり取りを開始。本ブログのメールのやりとり編を参考にしながら初デートへと繋ぎましょう。
(⇒婚活メール対策

初デートで、3人のお相手から「また会いたい」を引き出せれば、あなたの見た目対策と対異性レベルは一定以上になっていると考えられます。これを持って、自分からの検索アプローチを開始してください。

あとは、会って会って会いまくります。
本ブログの交際前デート編を参考に、回数毎の押さえを効かせてデートをしましょう。

3回目デート以降

3回目で相手が自分の最低限の希望条件に合致しているかを確認します。クリアしている人とだけ、4回目デートに進みましょう。4回目、5回目のデートで、相手の価値観と自分の価値観の相性を確認して下さい。

3回目以前に告白を受けたら、「次にお付き合いした人と結婚したいと思っている」と打ち明けてください。(結婚前提で告白されたらその必要はありません)
「me too」という答えが返ってきたら、「嬉しい。私(僕)は、〇〇さんのことをもう少し知りたいと思っています。私(僕)と一緒になって〇〇さんが幸せになれるかどうか、もっと自信が持ててから返事をしたい。だめかな?」とお答えになるのを推奨します。

デート4~5回目で、「この人となら結婚後も温かな毎日が過ごせるかも」と思えたら、あなたが男性ならば結婚前提での告白をしましょう。あなたが女性で告白を受けた場合は、「次にお付き合いした人と結婚したいと思っている」と打ち明け、それを肯定してもらえたら、交際に移りましょう。

「この人となら結婚後も温かな毎日が過ごせるかも」と感じているのに5回目デートを終えても相手からの意思表示がない場合は、当限定記事の「付き合いに至るテクニック」を使用。成功なら交際開始、失敗なら次の人へ行きましょう。

婚活サービスを変更・追加(check&act)

Aの結婚相談所、婚活サイトで活動の波が引いてきたら、婚活サイトBを開始しましょう。活動の仕方は上記と同様です。
婚活サイトBも落ち着いてきたら結婚相談所Bに入会・登録しましょう。

この時点で「思うような人と全然出会えてない」と感じている場合は、もう一度自分が結婚したい理由と、自分の掲げている希望条件について振り返ってみて下さい。その上で、覚悟を持って現状の希望を貫き続けるか、覚悟をもって譲れない条件のいくつかを捨てるかの選択をしましょう。

「出会えているけど次に繋がらない」場合は、見目の向上と対異性力を高める努力をすることで、状況が変わる可能性があります。

婚活パーティーや街コンに通い、あなたが良いな、と思えるような異性がどんな雰囲気の人に興味を持つのかリサーチし、迎合できる点を徹底的に迎合する、というのも手段の一つだと思います。

Aの結婚相談所、婚活サイトでも活動に余裕が出てきたら、婚活サイトCに登録しましょう。

この婚活方法の注意点

最短で婚活に至るための方法を、ダイジェストでお送りしてまいりました。

こちらに沿って進めて頂けたら、半年以内にはほとんどの方が、結婚前提での交際を開始できるのではないかと思います。

ただし、婚活は自由競争の市場です。
自身の見た目対策(対婚活用)や、対異性力の向上にしっかりと取り組んだ上で活動することが大前提となります。そして、

「自分が幸せな結婚をするために絶対に必要な条件と、不要な条件」をしっかり煮詰めた上で活動することも、安寧な結婚生活に辿りつくための重要なポイントとなります

当ブログでは各ステージ毎の婚活方法を細かくご案内しております。(各リンク先参照)
結婚したい人が納得いく形で婚活を卒業できるよう、心をこめて、誠実に記事をしたためました。あなたの参考となれば幸いです。

この婚活方法で結果でなかなか出ない場合

もし本記事を実践しながら3ヵ月が過ぎても「全然上手くいかない」場合は、あなたが上記のどこかのステップで対策に不備を抱えたまま活動しているか、もしくは自身の基本情報(外見込)と、相手に求める基本情報の部分で、市場価値のレベルバランスが全くとれていない状態で相手を探しているかのどちらかであるかと思われます。

後者に関して少しだけアドバイスさせて頂きますと、自身の婚活市場価値を勘定する際、参考とする一つの目安として、以下のような考えができるかもしれません。

(あくまで一つの目安です。個人的な体感であり、何かを保証するようなデータではありません)

婚活市場における男女の価値の指針(管理人の経験による個人的見解)

男性(年収)女性(年齢)
600万円~~27歳
500万円28歳
470万円29歳
430万円30歳
400万円31~32歳
380万円33~34歳
360万円以下35歳以上

上記は、ルックスや学歴や職業などが、中央値である、と仮定して出しています。
美人さんでおおらかで機転が利いて料理が得意で育ちも良い37歳女性でしたらまた話は違ってきますし、年収が1000万円でも清潔感が皆無な男性でしたら20代女性からの支持は得られないと思います。

ちなみに、サラリーマン男性の年齢別平均年収は、20代後半で367万円、30代前半で431万円、30代後半で498万円、40代前半で561万円だそうです。ソース:国税庁 平成24年 民間給与実態統計調査結果

さかなとしましては、市場価値の高低と幸せな結婚生活との間に因果関係があるようには思えません。

けれども悲しいことに、数多の人で溢れかえる婚活市場では、相手を計るのにどうしてもわかりやすい定規を選びがちとなります。

もしあなたが「この表でイコールとなる相手よりもっと条件的に良い人と結ばれたい」と強くお感じなら、あなたの年齢もしくは年収を差し引いても、あなたを生涯のパートナーにせずにはいられない、と思わせるだけの価値を体現する必要があります。

それを成すには、できる限りの見た目対策を行った上での、「最上の愛情表現」、これが最も現実的な手段です。

理解・共感・感謝・称賛・許容。

意中の異性を「かけがえのない存在」と感じていることを、言葉や態度で示し続ける。

相手を知り、受け入れ、相手が価値をおく部分に尊敬を示し、短所を受け入れる。

「この人といるとなんて居心地が良いのだろう。一緒にいてこんなに心が安らぐ人ははじめてだ」

そう感じさせられたら、その人にとってあなたは「幸せな気持ちにしてくれる人」となり、手離したくない唯一無二の存在と認識されることでしょう。

条件先行の婚活市場だからこそ、「最上の愛情表現」を徹底的に実行することで、他の同性との差別化が測れます。

婚活上不利な条件下にある人は、当ブログの実践講座を参考にしていただくと同時に、「理解・共感・感謝・称賛・許容」で、お相手に惜しみない愛情を注ぎ、望む結婚生活を掴んでいただけたらと思います。

欲しい資料だけ選べます!さかなの「無料一括資料請求」

結婚相談所の資料請求フォームは入力項目が多くて、複数に申し込むのは骨が折れますよね。
でも業者の一括資料請求は、興味のない相談所の資料までわんさか届いたり、保険などの無関係なDMが届くようになったりと、面倒が多い…

当サイトの一括資料請求は、あなたが送ってほしい結婚相談所の資料だけをお届けします。
余計なDMも一切お送りいたしません。

当サイトはSSLシステム導入で個人情報も安心です。是非ご利用くださいね。

※恐れ入りますが、クラブオーツーの資料請求には非対応となっております。

+資料請求フォームを開く
社名記載送付結婚相談所資料とわからない封筒で送付希望
必須希望する資料 オーネットツヴァイパートナーエージェントIBJメンバーズノッツェゼクシィ縁結びカウンター
必須お名前
※フルネーム
必須フリガナ
必須性別
必須生年月日(西暦)
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
必須郵便番号
必須ご住所 市区町村迄
必須市区町村以下
必須お電話番号
必須婚姻歴
必須最終学歴
必須勤務先・ご職業
必須一番気になる事

【個人情報の取扱いと利用規約について】

「さかなの結婚相談室」管理人は、業務実態に応じた個人情報保護のための管理を徹底するとともに、個人情報保護方針に従い適切かつ慎重に取り扱います。

(1)個人情報の収集について

個人情報を収集する際には、お客様・関係者様に対して収集する目的を明確にし、その目的達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。

(2)個人情報の利用について

個人情報を利用する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内のみで利用致します。

(3)個人情報の提供及び預託について

個人情報を第三者に提供または委託する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内でこれを行います。

【利用規約】

1.定義
(1)「本サービス」とは、「さかなの結婚相談室」管理人(以下管理人といいます)が、当ホームページで提供する一連のサービスを指すものとします。
(2)「ユーザー」とは、「さかなの結婚相談室」利用規約(以下「本規約」といいます)の内容に同意した上で、本サービスをご利用する方を指すものとします。
(3)「提携事業者」とは、本サービスを提供するにあたり管理人と提携した事業者を指すものとします。

2.本規約の範囲、適用
本規約は、本サービスをご利用するユーザーに適用されます。管理人は、本規約の定めに従うことに同意することを条件として、ユーザーに対し、本サービスの利用を許諾いたします。

3.サービス
本サービスの内容は以下の通りとします。
(1) 当ホームページを通じた提携事業者及びその内容、広告情報等の紹介。
(2) ユーザーから提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼の受付
(3) ユーザーから受け付けた資料請求・サービス案内依頼の提携事業者への転送
管理人から資料請求・サービス案内依頼を転送された提携事業者は、ユーザーに対し、当ホームページに定める期間内に当ホームページに定める方法で連絡します。

4.ユーザーと提携事業者の契約
(1) 管理人は、ユーザーと提携事業者との取引契約の成否及びその履行、提携事業者が提供する商品・サービス等の内容、質、法的妥当性等に関しては、これを保証せず、ユーザーに対し、これらに関する一切の責任を負わないものとします。
(2) ユーザーは、提携事業者が提供する商品・サービス等の購入・利用に関しては、自己の責任において直接提携事業者と交渉、契約等を行うものとし、当該商品・サービス等に関する質問・要望等はユーザーが直接提携事業者に対して行うものとします。
(3) ユーザーは、当ホームページ及び電子メール、ダイレクトメール、電話等で提携事業者が提供するサービス・商品及び広告情報等が、提携事業者の責任において提供しているものであることを理解した上で、提携事業者との間でサービス・商品等の提供を受けるものとします。
(4) ユーザーと提携事業者の契約等に関して何らかの問題が生じた場合、ユーザーは自らの責任と負担により解決することとし、管理人は一切これに関与しません。
(5) ユーザーは、提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼を取り消す場合、または提携事業者との間で締結した契約を解除する場合、自ら当該提携事業者に直接連絡をするものとします。
5.ご利用上の注意
本サービスのご利用にあたっては、管理人が指定する方法に従って申し込むものとします。管理人が指定する方法に従わないことにより、ユーザーが不利益を被ったとしても、管理人は一切の責任を負わないものとします。

6.ユーザー
本サービスの利用及び設備等
(1)ユーザーは、本サービスのご利用にあたり、本規約等を遵守するものとします。
(2) 本サービスのご利用は、無料です。
(3)管理人及び提携事業者との連絡手段として電子メールアドレス等必須事項を提供していただけない方は、本サービスをご利用いただくことができないものとさせていただきます。
(4) 本サービス利用の際の入力事項に、虚偽の記載、誤記、または入力漏れがあった場合、ご本人様へ確認をさせていただく場合がございます。
7.個人情報
個人情報の収集目的及び収集手段
(1)個人情報の収集は、本サービスの充実ならびに円滑なる提供(提携事業者に対する個人情報の提供、提携事業者による商品・サービスの提供を含みます)及び本サービスの円滑な運営を目的として、当該目的の達成に必要な範囲内で行うものとします。
(2) 個人情報の収集は、当ホームページ上での入力により行うものとし、ご提供時に送信ボタンへのクリックをなさることによって本人の同意を得たものとします。

7. お客様・関係者様の権利の尊重

管理人は、お客様・関係者様の権利を尊重し、お客様・関係者様から自己の個人情報について以下の対応を求められた際には、速やかにこれに応じます。

・ご自身の個人情報の開示
・ご自身の個人情報の訂正・削除
・自己の個人情報の利用拒否、及び提供の拒否

2016年3月25日制定

さかなの結婚相談室 管理人 池田千紘
連絡先:E-mail:sakanainfo@chainhearts.com


上記を確認し、チェックをお願いします。

幸せな結婚を求める人をサポートしています。
婚活から結婚した自身の経験と、サポート成婚率7割の実績を以て、20代~40代の男女にリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

当サイトの概要はTOPページをどうぞ
⇒さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法

【速報】恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、2018年12月1日以降で受付中です。
【12/5追記】12月のご新規様ご予約枠は残り1名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。
⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

さかな(婚活サポーター)をフォローする
婚活方法

欲しい資料だけ選べます!さかなの「無料一括資料請求」

結婚相談所の資料請求フォームは入力項目が多くて、複数に申し込むのは骨が折れますよね。
でも業者の一括資料請求は、興味のない相談所の資料までわんさか届いたり、保険などの無関係なDMが届くようになったりと、面倒が多い…

当サイトの一括資料請求は、あなたが送ってほしい結婚相談所の資料だけをお届けします。
余計なDMも一切お送りいたしません。

当サイトはSSLシステム導入で個人情報も安心です。是非ご利用くださいね。

※恐れ入りますが、クラブオーツーの資料請求には非対応となっております。

+資料請求フォームを開く
社名記載送付結婚相談所資料とわからない封筒で送付希望
必須希望する資料 オーネットツヴァイパートナーエージェントIBJメンバーズノッツェゼクシィ縁結びカウンター
必須お名前
※フルネーム
必須フリガナ
必須性別
必須生年月日(西暦)
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
必須郵便番号
必須ご住所 市区町村迄
必須市区町村以下
必須お電話番号
必須婚姻歴
必須最終学歴
必須勤務先・ご職業
必須一番気になる事

【個人情報の取扱いと利用規約について】

「さかなの結婚相談室」管理人は、業務実態に応じた個人情報保護のための管理を徹底するとともに、個人情報保護方針に従い適切かつ慎重に取り扱います。

(1)個人情報の収集について

個人情報を収集する際には、お客様・関係者様に対して収集する目的を明確にし、その目的達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。

(2)個人情報の利用について

個人情報を利用する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内のみで利用致します。

(3)個人情報の提供及び預託について

個人情報を第三者に提供または委託する際には、お客様・関係者様から同意を得た収集目的の範囲内でこれを行います。

【利用規約】

1.定義
(1)「本サービス」とは、「さかなの結婚相談室」管理人(以下管理人といいます)が、当ホームページで提供する一連のサービスを指すものとします。
(2)「ユーザー」とは、「さかなの結婚相談室」利用規約(以下「本規約」といいます)の内容に同意した上で、本サービスをご利用する方を指すものとします。
(3)「提携事業者」とは、本サービスを提供するにあたり管理人と提携した事業者を指すものとします。

2.本規約の範囲、適用
本規約は、本サービスをご利用するユーザーに適用されます。管理人は、本規約の定めに従うことに同意することを条件として、ユーザーに対し、本サービスの利用を許諾いたします。

3.サービス
本サービスの内容は以下の通りとします。
(1) 当ホームページを通じた提携事業者及びその内容、広告情報等の紹介。
(2) ユーザーから提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼の受付
(3) ユーザーから受け付けた資料請求・サービス案内依頼の提携事業者への転送
管理人から資料請求・サービス案内依頼を転送された提携事業者は、ユーザーに対し、当ホームページに定める期間内に当ホームページに定める方法で連絡します。

4.ユーザーと提携事業者の契約
(1) 管理人は、ユーザーと提携事業者との取引契約の成否及びその履行、提携事業者が提供する商品・サービス等の内容、質、法的妥当性等に関しては、これを保証せず、ユーザーに対し、これらに関する一切の責任を負わないものとします。
(2) ユーザーは、提携事業者が提供する商品・サービス等の購入・利用に関しては、自己の責任において直接提携事業者と交渉、契約等を行うものとし、当該商品・サービス等に関する質問・要望等はユーザーが直接提携事業者に対して行うものとします。
(3) ユーザーは、当ホームページ及び電子メール、ダイレクトメール、電話等で提携事業者が提供するサービス・商品及び広告情報等が、提携事業者の責任において提供しているものであることを理解した上で、提携事業者との間でサービス・商品等の提供を受けるものとします。
(4) ユーザーと提携事業者の契約等に関して何らかの問題が生じた場合、ユーザーは自らの責任と負担により解決することとし、管理人は一切これに関与しません。
(5) ユーザーは、提携事業者に対する資料請求・サービス案内依頼を取り消す場合、または提携事業者との間で締結した契約を解除する場合、自ら当該提携事業者に直接連絡をするものとします。
5.ご利用上の注意
本サービスのご利用にあたっては、管理人が指定する方法に従って申し込むものとします。管理人が指定する方法に従わないことにより、ユーザーが不利益を被ったとしても、管理人は一切の責任を負わないものとします。

6.ユーザー
本サービスの利用及び設備等
(1)ユーザーは、本サービスのご利用にあたり、本規約等を遵守するものとします。
(2) 本サービスのご利用は、無料です。
(3)管理人及び提携事業者との連絡手段として電子メールアドレス等必須事項を提供していただけない方は、本サービスをご利用いただくことができないものとさせていただきます。
(4) 本サービス利用の際の入力事項に、虚偽の記載、誤記、または入力漏れがあった場合、ご本人様へ確認をさせていただく場合がございます。
7.個人情報
個人情報の収集目的及び収集手段
(1)個人情報の収集は、本サービスの充実ならびに円滑なる提供(提携事業者に対する個人情報の提供、提携事業者による商品・サービスの提供を含みます)及び本サービスの円滑な運営を目的として、当該目的の達成に必要な範囲内で行うものとします。
(2) 個人情報の収集は、当ホームページ上での入力により行うものとし、ご提供時に送信ボタンへのクリックをなさることによって本人の同意を得たものとします。

7. お客様・関係者様の権利の尊重

管理人は、お客様・関係者様の権利を尊重し、お客様・関係者様から自己の個人情報について以下の対応を求められた際には、速やかにこれに応じます。

・ご自身の個人情報の開示
・ご自身の個人情報の訂正・削除
・自己の個人情報の利用拒否、及び提供の拒否

2016年3月25日制定

さかなの結婚相談室 管理人 池田千紘
連絡先:E-mail:sakanainfo@chainhearts.com


上記を確認し、チェックをお願いします。

さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法