アラフォー男性の婚活方法。現実と向き合い歩むべき道を決める

40代の婚活、男性 アラフォー婚活男性

本記事では、アラサー・アラフォー男女の婚活を成婚に導いている婚活サポーターの筆者が、「アラフォー男性の婚活を成功させるために必要な知識と婚活の仕方」についてご案内します。

まずあなたにお伝えしたいのは、アラフォー世代の男性が、今から良き出会いを得て結婚までたどり着くのは、非常に厳しい道のりである、という現実です。

ネットリサーチ会社マクロミルが行った「結婚・出産に関する調査」では、35歳独身男性が、40歳まで独身である確率は97%と算出されました。※1
さらに国勢調査によると、40歳以上の独身男性が独身でい続ける確率は99%と算出されたそうです。※2

一般的に非常に難しいとされているアラフォー男性の結婚相手探しです、早期結婚を目指すためには、この現状の原因が何であるのかを知っておかねばなりません。
様々なデータを参考に、解析してみました。

※1 1年毎の確率。※2 2010年調査

アラフォー男性の結婚が非常に厳しい理由

調べてみたところ、アラフォー世代―35歳~45歳までの男性の結婚が難しい理由として、以下の2つの事情が影響しているという推測に至りました。

理由1:男女の希望年齢のミスマッチ

こちらの図をご覧ください。

上図はリクルートのブライダル総研が実施した、「交際相手に希望する年齢の上限と下限」の調査です。この調査結果から、交際相手に希望する年齢幅には男女間で顕著な違いがあることがわかりました。
女性は、希望する年齢幅が自身の年齢に比例しているのに対し、男性は30代後半になると、希望する年齢の上限が35歳付近でほぼ頭打ちとなったのです。

多くの男性が「結婚したら子供が欲しい」とお考えでいると思います。ですから35歳を過ぎても、40歳を超えても、妊娠・出産適齢期である30代前半までの女性を求めるのは当然のことかもしれません。

しかしその一方で、女性が希望している年齢差は平均+2.1歳、ゆうに80%以上の女性が、自身の年齢~5歳差までの異性を希望しているという事実があります。

女性が希望する相手の年齢幅
出典:国立社会保障人口問題研究所

例えば、32歳の女性の8割が36歳までの男性を希望し、残りの1割は38歳まで、39歳以上の男性を範囲内としている女性はわずか5%となります。

アラフォー男性で20代女性を希望される方も少なくありませんが、同様に計算しますと、相互マッチはなかなか困難な実情が見えてきます。さらに、年齢の範囲を広くしている女性であっても、相手と歳が離れていればいるほど、他の条件―年収などで厳しく判断する傾向があります。
「希望条件内の人とうまくいかない」と嘆くアラフォーの女性の話はよく耳にしますが、実際はアラフォー女性だけでなく、アラフォー男性までもが苦しい戦況となりがちなのです。

理由2:アラフォー独身男性の現在のライフスタイルに対する固執

独身生活の利点
出典:国立社会保障人口問題研究所

35歳を過ぎても独身を通してきた男性は、基本的には女性がいなくても人生を謳歌できる方であるとお察しします。
「生涯を共にする異性が欲しくなった」というよりは、老いが見え始めた両親や、世間的な問題や、将来への漠然とした不安から婚活を意識し始める方が多いのではないでしょうか?

そうでなければ結婚への敷居は随分と下がるかと思われますが、もし先述した動機から婚活をされているとしたら、活動は至難を極めることと思います。

何故かと言いますと、頭で結婚すべきと考えてはいても、心が追い付いていない状態で婚活をされているからです。

現時点で結婚を切望しているわけではないので、自由に時間とお金を使えてきた日々を手放すことにより抵抗を感じ、それを手放せる位に満足の行く相手を探そうとしてしまいます。
独身の気楽な生活が充実していればしている程、「この人と結婚することは、自分の自由を引き換えにする程に貴重となりうるのか」
このような視点でお相手を判断してしまいがちです。その結果、お相手へのハードルは上がってしまうのです。
アラフォーの年代の方が、独身生活の気軽さと結婚後の不自由を量りにかけながら相手探しをしても、残念ながらまず結婚に辿り着けません。ただ時間ばかりが過ぎてしまいます。

アラフォー男性の婚活方法は2通りある

厳しい現実や自身の取捨選択への葛藤と闘いながら、それでも結婚を目指したいとお考えの方に、私は2通りの婚活方法をご提案させて頂きます。

1つは、結婚後に子供を生み育てたいと強くお望みの30代アラフォー男性へのご提案。
もう1つは、頑張り過ぎず、ご縁のアンテナを張りながら、ゆっくりとお相手探しをするご提案です。

子供を切望するアラフォー30代男性の婚活方法

あなたがアラフォー30代の男性で、結婚後に子供を持ちたいとお考えであったら、今、この瞬間から意識を思いきり改革しなければなりません。
何故なら、あなたにはあなたが思っている以上に、残り時間に猶予が無いからです。そして同時に、まだチャンスがあるからです。

35歳以降の男性が40歳までに結婚できる確率は、3%。

まずこれを胸に刻んで下さい。

次に、妊娠・出産適齢期の女性(~34歳)のおおよそが希望する年齢の上限が40歳であることも胸に刻み込んで下さい。

世知辛い世の中で立派に生き抜いていらっしゃるあなたです。この現状をお知りになった時点で、意図した未来を手に入れるために行動に出る必要があることはお察しのことと思います。

その必要な行動は、大きく分けて2つです。

結婚願望のある20代~30代前半女性との出会いを幅広く求める

あなたが高収入だったり、突出してに魅力的な容姿でない限り、待っているだけで良き出会いはやって来ません。
3%の確率で結婚するには、自ら出会いを探して精力的に活動すること、相手の希望条件のハードルを、入り口時点では限りなく低く設定することが大事です。

まずはあなたのお相手への希望条件を洗い直して下さい。それが、本当にこだわるべき部分なのかを、しっかり吟味して下さい。
「これが守られなきゃ一生独りで最悪将来孤独死したっていい!」と思える位、守るべきことなのかをご自身に問うてください。
生きていく上で誇りは大事ですが、ここで下手な選択をすると、リアルに最悪将来孤独死する人生に辿り着いてしまうかもしれません。

婚活成功のための下準備

希望ど真ん中ではない相手候補達と誠実に時間を過ごし続けるのは、苦痛が大きいと思います。
あなたの婚活はそれはそれはしんどい日々となるでしょう。
が、その時間を体験することで初めて、あなたは結婚するのに最適な人がどんな人であるかに気がつけるかもしれません。
あなた自身が結婚することに対して、納得出来る1つの答えを出せるかもしれません。

アラフォー男性におすすめな婚活サイトは「ゼクシィ縁結び」

あの「ゼクシィ」のリクルートが運営する、結婚のための婚活サイト。
20代女性率が約4割(約4万人)、35歳以下の女性が7割(約7万人)と、婚活サイトの中でも年齢が若い女性の割合がとても高いのが、ゼクシィ縁結びです。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

https://zexy-enmusubi.net/

リクルート運営、会員数は婚活サイト最大級。
価値観診断からピッタリのお相手を毎月4名ご紹介
本人証明提出率100%&24時間パトロールの運営体制
お見合いコンシェルジュによるデートセッティング代行サービス有。

ゼクシィ縁結びを私の目線で詳しく解説・批評した記事

会員数月会費本人確認写真掲載率
18万人※2017年9月調べ2,500円~PCからアップロードアクティブ会員(ログイン3日以内)90%以上

⇒ゼクシィ縁結び公式HP

当ブログでは、結婚本気度の高い婚活サイト6つをご紹介しています。
会員数、写真アップ率、年齢・年収、男女比、料金、提出する証明書、使えるクレジットカード…検討の際に知りたい情報てんこ盛りで比較。
婚活サイト選びに迷ったら、是非ご覧くださいね。

婚活サイト比較!結婚したい人におすすめのサイトは?

アラフォー男性が結婚相談所を選ぶ際は、「自分が求めるサービス」で選ぶ

婚活サポーターの経験則で申し上げますと、アラフォー男性が早期結婚を目指すには、「ご自身と相性の良い結婚相談所」をお使いいただくことが大事です。

結婚相談所と一口に言っても、サービスの内容にはかなりの幅があります。データベースとシステムマッチ紹介を利用して、自分一人で頑張るタイプの結婚相談所、担当がついてお見合いの調整や婚活相談に乗ってくれるタイプの結婚相談所など、それぞれに、メリット・注意点があります。

別記事で、当サイトの読者さんが良く成婚されている実績高い結婚相談所を5社をご紹介していますので、良ければ参考にしてくださいね。
会員の年齢・年収の割合、男女比、料金比較、してもらえるサービス…気になるデータをとことん比較しています。

⇒結婚相談所比較 あなたにおすすめなのは?徹底解説

出会いから結婚へ結びつけるための努力をする

見た目とプロフィール写真の印象の向上に全身全霊で取り掛かってください。
体型は如何でしょうか?眉毛のカットや、肌の手入れ、髪の毛の量や色に、全く問題はないでしょうか?
あなたのライバルは20代~30代前半の男性です。自分磨きをせずに楽に勝てる相手ではありません。しかし、彼らの多くは油断しています。

ヘアスタイルやファッション、身に着けるもの全てを効果的に演出するのは勿論、立ち姿や所作、表情の作り方も徹底的に研究すれば、勝てない相手ではありません。

どんなアラフォー男性を目指せば魅力的な雰囲気を演出できるかですが、1人、心当たりがありますのでご紹介しておきますね。
2013年恋人にしたい男性ランキングにアラフォーでランクインされた、西島秀俊さんです。この方のような雰囲気を参考にされても良いかもしれません。スズキ ラパンのCM「ショコラティエ」編の方です。youtubeでCMが見られます。
自分磨きをする際は、「若々しく」と「若作り」とを混同されないようにご注意願います。
年齢相応の魅力をさわやかに演出することが大切です。

婚活男性デート服対策

婚活プロフィール写真対策

婚活の進め方

使える婚活ツールは積極的に使い、希望条件内で少しでも気になるお相手を見つけたら、その1人1人を大本命として扱って下さい。(お金を沢山掛けろと言う意味ではありません)
いくら時間がないと言っても、対異性スキルが低いままでは勝算は見込めません。出会えた人とは3回デートをするのを目標に、対異性スキルを磨きましょう。
「いやもうなんか1人じゃ無理な気がする。でも結婚はしたい!」と混乱されている方は、さかなに相談するのも手です。

婚活デート対策

また、もしあなたが会社員の平均年収以上の収入がおありでしたら、結婚相談所のご利用を強くおすすめします。本気で結婚相手を探している出産適齢期の女性が沢山在籍しています。
「結婚相談所に登録している女性ってどうなんだろ」と疑う方もいらっしゃるかもしれませんが、年々結婚相談所の敷居は低くなっていて、在籍女性の容姿も気質も職業も入会理由も本当に様々です。人当たりの良い誠実な女性も、職場の花となっていらっしゃいそうなお綺麗な女性も登録しているのが、今の結婚相談所の実際です。

結婚相談所を1から知る

ネット婚活も1つの手ですが、アラサー男性のライバルが沢山いますので、覚悟の上で参戦しましょう。
ネット婚活をされる際は、結婚色の強い婚活サイトで本腰を入れた会員となり、とことんオリジナルの自己PRを作成し、お相手1人1人にオリジナルのアプローチ文で攻めて下さい。
コピーペーストの文章や、無料会員での「イイね!」、定型文の気になっているアピールは、するだけ時間の無駄です。

婚活プロフィール対策

その他注意したいこと―相互マッチしない女性へのアプローチは控える

あなたを年齢などで希望条件外にしているアラサー女性にアプローチをしても、残念ながら9割9分成功には辿り着きません。どんなに心を込めたアプローチをしようとです。

アラサー女性は希望条件外の男性からアタックを受けやすいのですが、条件外からアプローチをしてくる人の中には、お断りに対し暴言メールを返してくる人もいます。
そのため彼女たちの多くは、「条件外」の人からのアプローチを警戒しており、アプローチされるだけで大きなストレスを受けてしまう可能性が高いです。
互いが無駄に傷つくだけの結果を招かぬように、この点には十分ご配慮頂きたいと存じます。

子供に拘らない、もしくは40歳以降のアラフォー男性の婚活方法

結婚後子供を授かることに執着が無い方、もしくは40歳以上のアラフォー男性は、焦る必要性はあまり無いと言えます。
婚活市場の実情として、今後急激に今よりもチャンスが減るといったことは想定しにくいからです。

特に40歳以上で子供の欲しい男性の婚活は、残酷な物言いですが「後は運任せ」的な部分もあるかと思います。
30代前半までの女性と結婚できるか、アラフォー女性と結婚して運よく子宝に恵まれるか…
確率的には、
30代後半女性と結婚して授かる>30代前半女性と結婚して授かる>>ワケあり20代女性と結婚して授かる>>40代女性と結婚して授かる、といった感じかと思います。
(ご本人の外見が魅力的だったり、抜きんでた高収入の場合は話は違ってきます)

婚活では、あなたが苦痛とならないペースで、あなたが利用しやすい婚活ツールをお使い頂くのが一番だと私は考えます。
ご自身が興味があり、女性も多く参加しそうなサークルや習い事に通われても良いかもしれません。
趣味で会話が弾む異性と自然体で過ごす時間は、あなたに多くの気づきを与えてくれるかもしれません。
(しかしながら出会い目的見え見えな態度での参加は、参加者に不快感を与える可能性が高いです。サークルや習い事の趣旨を踏まえた上で、周りの雰囲気にも配慮しつつご参加頂ければと思います。)

アラフォー男性の婚活方法―最後に

もしあなたが今、結婚を意識し、ご縁を探すこともやぶさかではないお気持ちになっていらっしゃるならば、1つ私の意見をお聞き頂ければと思います。

先にもお話ししましたが、「気ままなライフスタイルを捨ててでも一緒になりたいと思える相手かどうか」を基準として相手探しをしてしまうと、まず結婚には辿り着けないとお考え頂きたいです。

平均的な収入をお持ちの正社員に限ったお話になってしまいますが、アラフォー男性が働いて得ている対価は、「本来は自分自身のみで消化することを想定した額ではない」と認識されることが、結婚への近道です。
この論が正しいかどうかは置いておいて、
妻を持ち、子供を持ち、家庭を築いて日本の将来を繋げていくための連鎖の中で活用されるべき部分も含まれた時間とお金なのだと思えば、「結婚すると自分が自由に使えるお金が減る」のではなく、「結婚すると、本来あるべき姿で社会貢献しながら幸せな家庭が築ける」と思えるのではないでしょうか。

あなたのご両親が結婚しあなたを生み育てたように、現代でも35歳以上の7割近くの男性が家族を持ち、子供を生み育てています。
(可能ならば)子供を持ち、将来へ命の連鎖を繋げていく…
家族を作れる収入のある男女が結婚せず、子供を生まず(生めないのではなく)、家族を養える金額を自分の道楽に全て注ぎ込み、不安定な雇用をされている人と一緒になって「良い人がいないから結婚できない」と嘆くよりは、非常に建設的な生き方であると個人的には思います。

あなたもそうお感じになったからこそ婚活を意識し、私の長ったらしい文章を最後まで読んで下さったのだと思います。
道のりは厳しいですが、あなたならきっと大丈夫、何らかの答えを出せるはずです。
頑張りましょう!