婚活サイト用の写真を自分撮りするコツ-撮影時の光の当て方と陰影が鍵!-見本写真有

婚活サイト用写真を自分撮りするコツ-光の当て方と陰影が与える影響【見本写真有】

写真撮影のコツ・光

今回は、プロフィール写真の撮り方。選ばれる1枚を完成させるための5つのポイントでお伝えした「写真の印象を左右する5つの要素」のうちの1つ、「光の当たり方」についてお伝えしてまいります。

専門の写真スタジオで撮る場合は、プロの方々がしっかりセッティングしてくれます。
ネット婚活時など、婚活サイトで使用する写真を自分撮りをする時に押さえておきたいコツとしてお読みいただければと思います。

光をうまく利用して撮影し、印象を操作する

写真は光が無いと撮れません。光あっての写真です。

その光に、あなたの味方になってもらいましょう。

今回からは、さかな家で唯一の美形(?)モデル、鮎・金太郎さんに協力いただいての講義となります。鮎金太郎さんよろしくお願いします。

婚活ブログモデルの鮎金太郎

プロフィール写真を室外で撮る場合の注意点

プロフィール用の写真を外で撮る勇気のある方はあまりいらっしゃらないと思うので、さっくりとお話しします。

光はレンズに強く入り込むと陰影をはっきりさせる

晴れの日に撮影すると、強い光によって輪郭線が強調され、明るくハキハキした印象に仕上がりやすいです。
が、眩しさに目の周りに不自然な力が入ってしまったり、キツイ性格に見えてしまいがちです。
また、陰影がはっきりつくためクマなどが目立ってしまうことも多いです。

フラッシュ撮影でやわらかい印象に

直射日光など日差しがきつめの中で撮影する場合は、フラッシュ撮影をすると、陰影を消してくれる効果があります。

曇りの日は、陰影ができにくく、柔らかく仕上がります。優しい雰囲気を全面に出したい場合は、曇りの日がおススメです。

室外の人物撮影は、晴れていると難易度が高くなります。光の方向と共に、撮影の角度によっても随分と印象が変わってきますので、意識しなければならないことが多くなります。

プロフィール写真を室内で撮る場合の注意点

婚活で使うプロフィール写真を撮影する場合、ほとんどの方が室内で撮影をされると思います。

室内で撮影する場合は、窓のある部屋を選びましょう。

照明の明かりより、日光の光の方が、狙い通りの印象に映りやすいと思います。

比べてみるとこんな感じです。左の写真が日光、右の写真が照明を光源とした写真です。

婚活の写真の撮り方。日光と照明の撮影の印象差

 左が自然な雰囲気であるのと対照的に、右は表情による陰影が顕著に出ています。(若干それがわかりやすい表情を選んでいますが)

話はそれますが、写真に写りこんだ潰れたティッシュの箱とか倒れた時計が気になりますね。
余計なアイテムが写ることで、無駄に生活感が出て、素敵な写真にならないという例を、身を挺して知らしめたさかなです。敢えてです。敢えて。

背景の話は別途先々します。

室内撮影時は、光が十分に当たる場所で撮影する

日の光で写す場合は、必ず窓からの光が十分当たる場所で撮影するようにしてください。

 家具の位置的に、まっさらな壁を狙って奥で撮りたい場合もあると思いますが、そうすると下の写真のように、かなり暗く写ってしまいます。

光が不十分な中で撮影された写真

婚活の写真。影が出来て暗い。

どんな良い表情をしていても、全然活かされません。

また、逆光は、窓に近ければ近い程、暗く写ってしまいます。

逆光で撮影された写真

婚活の写真。逆光

 これまた折角の笑顔が台無しです。

ですが、窓に背を向けて撮るのが全てNGなわけではありません。
この記事の一番最初の写真も、実は逆光です。良く光の入る時間帯の曇りの日に、窓から2メートル程の距離で撮影しました。

光を正面にとらえて撮影した写真

下の写真が、光をほぼ正面にとらえて撮影した写真です。

婚活の写真。正面

なんだかヤンキー顔なのはおいておいて、光と対峙して撮影すると、顔に余計な影が付きにくく、より若々しく見える気がします。
(右上にある陰影は痣でして影ではありません、最近派手に転んでしまったんです・・・)

光を横にとらえて撮影した写真

横からの光で撮ると、こんな風に影が付きます。

婚活の写真。横から撮影

 正面から当てる時より、内面に深みや厚みのある人物に見えるかもしれません。

 (鮎金太郎は赤ちゃんなので深みも厚みもあったものじゃないですが)

このように、光の当て方で、陰影のつき方が随分変わり、それに伴って印象が変わるのがお分かり頂けたかと思います。

その他、光に関して撮影の際に意識したいこと

撮影の時間帯は、部屋の窓の方角にもよりますが、午前中をおススメします。
本記事に掲載しました写真は、AM9時~10時に撮影したものです。

さわやかで自然な光加減で撮ることができる気がします。

また、撮影時、レースのカーテンで光を拡散させて撮ると、シワやほうれい線が目立ちにくくなり、若々しい印象に仕上がります。

ちなみに今回の撮影ですが、2番目、3番目はスマーホフォンのカメラ機能で設定を何もいじることなく撮っています。

他の写真は、実はハンディカムを使用しています。
携帯でも十分ですが、

自分撮りをされるなら、自分を見ながら撮影できるタイプのハンディーカムを用意して、
動画モードで光加減や表情を確認しながら長時間撮影したデータから良い瞬間を画像として抜き出す方法が、一番手早いです。

さかなが今回使用したハンディカムは、こちらになります。

特に、室内撮影に向いている、さかなの最強パートナーです。

プロフィール写真作成にはもちろん、使おうと思えば挙式や新婚旅行、赤ちゃんの記録まで、これ一台で末永く全ての期待に応えてくれるとは思いますが、ちょっと気が早いですよね。

参考まで、ということで。

次回は、お見合い写真、婚活写真自撮り時におすすめの服装についてお伝えしますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


婚活案内人

さかな婚活支援ブロガー

詳細プロフィール

婚活から結婚した一児の母です。現在、婚活サポーターとして幸せな結婚を求める人のお手伝いをしています。自身の経験と、20代~40代の男性・女性の生の声を活かしながら、あなたのお相手探しにリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

短期決着型 本気婚活のすすめ-wikiより詳しいさかなの婚活ガイド

結婚相談所 婚活サイト
お見合いパーティー 結婚相手の見つけ方



個人相談受付状況について

個人相談受付状況について
2017年現在、個人サポートはお休みしております。

大変申し訳ありませんが、個人相談再開の目途は現在立っておりません。
婚活基礎講座・実践講座、婚活悩みカテゴリー内記事で、今の私がお伝えできることを精一杯お伝えしております。
参考にしていただければ幸いです。

アラサー20代の婚活方法

  1. 20代の婚活

    アラサー20代の婚活方法 男性編。恋愛?結婚?求めるものを明確に

  2. 20代の婚活

    20代の婚活方法、女性編。幸せな結婚をするために知っておきたい事

アラサー30代の婚活方法

  1. 20代の婚活

    アラサー30代の婚活方法、男性編。結婚適齢期である自覚を持つ

  2. 20代の婚活

    アラサー30代の婚活方法、女性編(~34歳)。全力を出すのは今

アラフォーの婚活方法

  1. 20代の婚活

    アラフォーの婚活方法、男性編。現実と向き合い歩むべき道を決める

  2. 20代の婚活

    アラフォーの婚活方法、女性編。自信と誇りを。後悔のない選択を。

管理人紹介

婚活ブログのプロフィール

さかなと申します。1980年代生まれ、婚活をして結婚し、現在主婦で一児の母です。婚活時、3ヶ月で200人以上の方からアプローチを受け、約30人とデート(面接)をしました。
自身の経験を活かして、アラサー、アラフォー、初心者さんから現役の方まで活用頂ける、婚活支援ブログを書いていて、毎月読者さんからの成婚報告を頂いています。
このブログのメインである婚活講座では、婚活を成功に導くための活動の仕方について事細かにレクチャーしています。講座基礎編結婚相手の選び方」から実践編幸せな結婚のための婚活講座」へと1つ1つお読み頂くことで効果が出る婚活法となっています。
その他、婚活サービス比較や婚活体験談にも力を入れておりますので、是非ご覧下さいね。

さかなの詳細プロフィール

当ブログの取り扱い説明書

個人向けサポートのご案内

私の婚活体験史

会員登録と定期購読のご案内

婚活卒業者さんの体験談募集

お問い合わせ

婚活見た目対策 女性編

  1. 春のデート服
  2. 婚活ダイエット
  3. 婚活女性のヘアスタイル

婚活見た目対策 男性編

  1. 婚活男性のファッション

    女性にモテる髪型!婚活男性におすすめメンズヘアスタイル【見本写真あり】

  2. 婚活自分磨き

    婚活デートで失敗しない!見た目の自己対策と専門サービスの紹介

  3. モテ服男性

    春のメンズファッション。デートのための春服全身コーデ2017体型別【見本写真有】

著作権について

婚活ブログの著作権


To the top