専業主婦になりたい方に朗報!?意外といる専業主婦希望男性

専業主婦になりたい方に朗報!?意外といる専業主婦希望男性

専業主婦希望

専業主婦が絶対条件だったり、できれば専業主婦になりたいといったお気持ちを持って婚活をされている女性も一定数いらっしゃるようです。
巷では「今は共働きが当たり前の時代だ」といった話を良く耳にします。
同時に、「専業主婦を希望する男性なんて今時ほとんどいない」という話も耳にします。

果たしてこれらは本当なのでしょうか。
今回は、その真偽に迫ってみたいと思います。

専業主婦家庭は、言われているほど少なくはない

まず、下図をご覧ください。

共働き世帯と専業主婦世帯の割合

総務省労働局が調査した「夫婦共稼ぎ世帯等の割合」のデータとなります。
(グラフをお借りしたサイトさん:なるほど統計学園/総務省統計局

こちらのデータを参考に、わかりやすく考えてみようと思います。

夫婦世帯の総数を100と仮定しますと、2012年の夫婦共働き世帯は36家庭、専業主婦世帯は27家庭でした。
(残りの35家庭は、自営業の家庭や年金暮らしのご夫婦の家庭等だと思われます)
共働き家庭と専業主婦家庭を対比しますと、共稼ぎ:専業主婦=57:43となります。
さすがに半々、とまでは行きませんが、世間で言われている程どこもかしこも共働き家庭とは言えない現状が見えてきました。

「いやいや、それって50代とか専業主婦が当たり前な世代も入ってるからでしょ!20代30代だけに絞って調査したら結果は全然違って来るんじゃないの?」

そうお考えになるかもしれないと思いまして、他の資料も探してみました。
下図は、内閣府男女共同参画局さんのHPで発見したデータとなります。

既婚女性の専業主婦率がわかるグラフ

平成24年度の、女性の年齢別就労率調査の結果です。赤色のグラフが、既婚女性のデータとなります。
この調査結果から、むしろ20代、30代の既婚女性の方が、40代、50代の既婚女性よりも就労していないことが判明しました。
この図から、アラサー既婚女性の半分弱が家庭に入っていることが伺えます。

「日本の子育て世帯は、言われているほど共働きをしているわけではない」という現実が浮き彫りになって参りました。

しかし、これは既に夫婦となられている家庭のお話です。
お知りになりたいのは、「現在未婚の男性がどのような考えを持っているか」、ですよね。
こちらも参考になりそうな資料を引っ張って来ました。

専業主婦を希望する未婚男性は、稀有というほど稀有ではない

専業主婦を希望する人の割合

上図は、厚生労働省が平成25年に行った若年意識調査(~39歳)より引用させて頂きました。

この結果から、20%弱の男性が、専業主婦家庭に利点を感じていることがわかります。
ここで特筆したいのは、専業主婦家庭にプラスの印象を持っていない男性の割合は30%と、さほど多くも無いと言うところです。
「どちらとも言えない」が過半数であるところから、状況や相手の意思等を考慮し臨機応変に、と考えている人が多いのだろうと想像します。

男性の5人に1人は専業主婦を希望しており、10人に7人は「専業主婦歓迎もしくは場合によって可」という立場であると言えるかと思います。
女性が専業主婦を希望する程の割合ではないにしても、「今時専業主婦を希望する男性なんていない」と言い切れる程に共働き思考一色の男性ばかりでもないようです。

しかし、これは現在婚活中ではない人―恋人がいたり、恋人がいなくて相手探しもしていない人―も含まれた上での調査結果です。
今まさに婚活中の方だけを対象にするとどうなのか、これが一番知りたいところですよね。

探しました。

専業主婦を希望する婚活男性は少ないが、相手の希望を尊重する考えの男性は多い

下図は、結婚相談所や婚活サイトなどを運営する(株)IBJが、婚活中の男女に行った「結婚後の共働き」に関する意識調査の結果です。
(出典:http://www.ibjapan.jp/information/2013/11/post-55.html)

こちらのデータからは、専業主婦家庭を希望する婚活男性は決して多くない、という結果が見えてきました。

しかし、この報告書を詳しく読んで参りますと、「事情による」と回答された男性のコメントに、
「共働きか家庭に入るかは、相手の意見を尊重したいから」といった意見が多く見受けられました。
この調査結果は、見方によっては、「4割近くの婚活男性が共働きを強く希望しているが、6割の婚活男性は「妻が専業主婦になっても良い」とも考えている」と解釈できます。

結論

あれこれ資料を見て来ました結果、伴侶が専業主婦となることを否定している男性の割合は、ネットで騒がれている程多くないことが判明しました。

しかし、

「それなら私も専業主婦になれるわね」

とお考えになるのは早計です。

専業主婦歓迎、もしくは専業主婦OKの婚活男性が探しているのは、「この人だ!」と思える女性です。

そして彼らが「この人だ!」と思う相手というのは、「専業主婦になりたい女性」ではなく、「専業主婦として夫をしっかりサポートし、癒しの毎日を提供してくれる女性」だったり、「めちゃくちゃ好きになってしまった女性」だったりするのです。

専業主婦を希望する人が男性よりも女性に多いのは、こちらに出しました資料の通りです。
競争率に打ち勝たねば、専業主婦になることは難しいです。傾向と対策をしっかり練って婚活に挑むことが大切です。

後日、専業主婦になりたい方の為の婚活方法も記事にする予定でいます。
興味がありましたらそちらもご覧くださいね。

婚活案内人

さかな婚活サポーター

詳細プロフィール

幸せな結婚を求める人をサポートしています。婚活から結婚した自身の経験と、サポート成婚率7割の実績を以て、20代~40代の男女にリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

当サイトの概要はTOPページをどうぞ
⇒さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法

【速報】恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、現在6月いっぱいまでご予約が埋まっているため、2018年7月1日以降で受付中です。
【6/7追記】7月のご新規様ご予約枠は残り2名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。
⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

短期決着型 本気婚活のすすめ-wikiより詳しいさかなの婚活ガイド

結婚相手との出会い

自然な出会いから結婚までは平均4年かかります。(厚生労働省調べ)
これに対し、結婚相談所は半年~1年、婚活サイトは2年が出会いから結婚までの期間の中央値となっています。※成婚退会した人の中央値

希望する条件通りの人と、1年以内に結婚を具体化させたいなら、「事前に条件の一致不一致が確認できる、結婚意識が高い人とだけ出会えるサービス」を使ってお相手探しをするのが現実的です。

婚活が当たり前になってきている昨今、サービスを利用している人の人柄、容姿、職業は本当に多種多様で、普段の生活では得られない出会いのチャンスにあふれています。

結婚相談所早期結婚度 ★★★★★料金の安さ ★☆☆☆☆
婚活サイト早期結婚度 ★★★☆☆料金の安さ ★★★★☆
婚活パーティー早期結婚度 ★★☆☆☆料金の安さ ★★★☆☆
恋活アプリ早期結婚度 ★☆☆☆☆料金の安さ ★★★★☆

婚活実践講座 ステップ別

婚活に役立つ記事

筆者紹介

婚活ブログのプロフィール

名前:さかな
1980年代生まれ。婚活開始から3ヶ月の間に約30人とデート(面接)をし、4ヶ月後に婚約、1年後に入籍。現在一児の母です。
自身の経験を活かしてアラサー、アラフォー男女の婚活を支援中。当ブログ読者さんからは毎月成婚のご報告が届いています。

当婚活講座では、婚活を成功に導くための活動の仕方について事細かにレクチャーしています。
講座基礎編結婚相手の選び方」から実践編本命に選ばれるための婚活講座」へと1つ1つお読み頂くことで効果が出る婚活法となっています。
その他、婚活サービス比較や婚活体験談にも力を入れておりますので、是非ご覧下さいね。

個人相談受付状況について

恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、現在6月いっぱいまでご予約が埋まっているため、2018年7月1日以降で受付中です。
【6/7追記】7月のご新規様ご予約枠は残り2名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。

⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

さかなの詳細プロフィール

はじめに-結婚したいあなたへ

当ブログの取り扱い説明書

個人サポート サービス詳細

私の婚活体験史

会員登録と定期購読のご案内

婚活卒業者さんの体験談募集

お問い合わせ

20代の婚活方法

  1. 20代女性婚活
  2. 20代男性婚活

アラサーの婚活方法

  1. 30代男性婚活
  2. 30代女性の婚活

アラフォーの婚活方法

  1. 40代の婚活、男性

    アラフォー男性の婚活方法。現実と向き合い歩むべき道を決める

  2. アラフォー女性の婚活方法。自信と誇りを。後悔のない選択を。

著作権について

婚活ブログの著作権


To the top