「あのニュースで得する人損する人」婚活特集を観て感じたこと

「あのニュースで得する人損する人」婚活特集を観て感じたこと

孤独死,独身

2月20日19時から日本テレビ系列で放送されました「あのニュースで得する人損する人」。
この番組の後半で、婚活特集をされていました。
話のメインは「親同士の婚活パーティー」と「全国の自治体が主催するお得な婚活情報」でしたが、私は冒頭でチラっと触れられていた、「未婚と既婚の寿命の差」について興味を持ちましたので、今回はその点についてお話ししたいと思います。

独身でいることは、喫煙よりもリスクが高い!?

生涯未婚率は年々増加しており、社会問題となっています。

アメリカのルイスビル大学が世界中の5億人のデータを分析し調査した結果、独身男性の寿命は既婚男性より平均8~17年も短く、独身女性の寿命は既婚女性より7~15年短いことがわかりました。
原因としては、既婚者の場合は家族が食生活に気を配ったり、体の調子が悪いと病院に行くように促しますが、独身の場合はそういった他者からのサポートがなされない為と分析されています。
喫煙が寿命を10年縮めると言われていますが、結婚しないことでタバコを吸うより寿命を縮める可能性があるとは驚きです。

WHOの平均寿命ランキングで調べてみたのですが、2013年発表のデータで言いますと、日本人男性の平均寿命は79歳、女性は86歳でした。

生涯未婚率は、昭和45年頃まで男女共に1%代(ソース:厚生労働省調査)だったことを考えますと、現在80歳前後で未婚の方の割合はさほど多くないと想像できます。

その前提で考えますと、既婚者の平均寿命≒全国平均寿命と捉えることが出来、独身者の平均寿命は、全国平均-(7~17)歳と考えてもさほど差異がないかもしれません。
そうであると仮定した場合ですが、独身男性の平均寿命は62歳~71歳、独身女性の平均寿命は71歳~79歳となります。
例えば40歳を過ぎている独身男性は、既に人生の2/3を終えていると考えられるのかもしれません。

「もう結婚はしなくても良いと思っている。あと20年強、独身貴族を謳歌してポックリいくさ」

とお考えの方も世の中にはいらっしゃるかもしれません。
が、ポックリ逝けるかどうかは、医療技術が向上した昨今、簡単なことでもなくなっています。

私の祖母が亡くなるまでの話

一昨年、私の母方の祖母が大腸癌で天に召されました。病気が発見されてから1年半、口から物も食べられなくなって半年以上が過ぎてからの往生でした。

祖母は最期の時を迎えるまで、意識がしっかりしていました。点滴から栄養を送られ、寝返りすら自力で出来ない状態になった以後も、意識のある状態で何か月と生き続けたのです。

母は毎日欠かさず祖母の入院先へ通いました。祖母は母が来ると安堵の顔を見せ、「また明日来るね」と言った際は「うん」と返しながら悲しみの色を目に滲ませました。この時祖母は、母が傍にいてくれる時間だけが生き甲斐だったのだと思います。

お迎えが来た時、祖母は家族に見守られ、娘である私の母に「大丈夫、大丈夫だよ、怖くないよ」と声を掛けられながら、息を引き取って行きました。とても悲しい瞬間でしたが、同時に祖母は幸せな最期であったとも感じました。
もし祖母が結婚せず、子供も産まなかったとしたら、祖母は死の足音を聞きながら、動けず食べれず誰も訪ねてくれない毎日を送った上で孤独に旅立ったのかもしれません。

祖母の死と、子供の出生を体験して思ったこと

祖母の死は、私にとって非常に身近な人の初めての死でした。(他の祖父母は物心つく前に他界していました)

祖母の死を通して、人は必ず今の体を離れる時がやって来る、ということを私は改めて実感しました。

それは高齢になってからとは限りませんし、旅立つ瞬間、病院のベットの上にいるかどうかもわかりません。

しかし、医療レベルは日々向上しています
天災や事故に遭ってその場で召されない限りは、病院の天井を見つめながら死の足音を聞く日がやってくると考えられるのではないでしょうか。

私には息子が1人います。彼をこの世に迎えた時、私は初めて生の瞬間を目の当たりにしました。
彼の誕生は、祖母が亡くなって間もなくのことでしたので、命のリレーが行われているということをより実感することになりました。
祖母を想いながら、「ああ、私は命のバトンを繋いだのだな」と感じました。

今から考えることではありませんが、我が子が人生から卒業する時、順番通りに行けば、私や主人はこの世に居ません。
祝福を受けてこの世に誕生した我が子が、孤独な闘病生活の後に誰にも看取られず旅立つなんてことがあったら…想像しただけで胸が張り裂けそうです。
我が子には愛する人達に見守られながら天寿を全うしてほしい、そして我が子がこの世を去る日を迎えても、生きた証は残ってほしい…そのために命のバトンを次世代へ繋げてほしい、エゴかもしれませんがそう願ってやみません。

結論

先述のような考えは、子を持つ人のほとんどがお持ちなのではないかと憶測します。
もしあなたが独身で、ご両親に結婚について言及され辟易なさっているとしたら、ご両親はそういった気持ち故言わずにはいられないのかもしれません。

勿論そればかりが理由ではないと思いますし、あなたを思うが故だとしても心底うんざりしてしまうこともあるかと思います。

もしあなたが独身を貫く決意を固めていらっしゃるとしたら、ご両親が執拗に結婚を話題に持ち出す理由を知り、そのお気持ちを受け止めた上でご自身の想いと覚悟を伝えられたら、少しは何かが変わるかもしれません。

もしあなたが独身を貫く決意を固めていらっしゃらないのだとしたら、今この機会に、ご両親とあなたの将来についてしっかりと思いを巡らせ、現状の婚活の仕方について考えてみても良いかもしれません。

そしてお詫び

「あのニュースで得する人損する人」の感想と言う表題に対して話が飛躍すぎました、ごめんなさい。

婚活案内人

さかな婚活サポーター

詳細プロフィール

幸せな結婚を求める人をサポートしています。婚活から結婚した自身の経験と、サポート成婚率7割の実績を以て、20代~40代の男女にリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

当サイトの概要はTOPページをどうぞ
⇒さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法

【速報】恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、現在6月いっぱいまでご予約が埋まっているため、2018年7月1日以降で受付中です。
【6/7追記】7月のご新規様ご予約枠は残り2名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。
⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

短期決着型 本気婚活のすすめ-wikiより詳しいさかなの婚活ガイド

結婚相手との出会い

自然な出会いから結婚までは平均4年かかります。(厚生労働省調べ)
これに対し、結婚相談所は半年~1年、婚活サイトは2年が出会いから結婚までの期間の中央値となっています。※成婚退会した人の中央値

希望する条件通りの人と、1年以内に結婚を具体化させたいなら、「事前に条件の一致不一致が確認できる、結婚意識が高い人とだけ出会えるサービス」を使ってお相手探しをするのが現実的です。

婚活が当たり前になってきている昨今、サービスを利用している人の人柄、容姿、職業は本当に多種多様で、普段の生活では得られない出会いのチャンスにあふれています。

結婚相談所早期結婚度 ★★★★★料金の安さ ★☆☆☆☆
婚活サイト早期結婚度 ★★★☆☆料金の安さ ★★★★☆
婚活パーティー早期結婚度 ★★☆☆☆料金の安さ ★★★☆☆
恋活アプリ早期結婚度 ★☆☆☆☆料金の安さ ★★★★☆

婚活実践講座 ステップ別

婚活に役立つ記事

筆者紹介

婚活ブログのプロフィール

名前:さかな
1980年代生まれ。婚活開始から3ヶ月の間に約30人とデート(面接)をし、4ヶ月後に婚約、1年後に入籍。現在一児の母です。
自身の経験を活かしてアラサー、アラフォー男女の婚活を支援中。当ブログ読者さんからは毎月成婚のご報告が届いています。

当婚活講座では、婚活を成功に導くための活動の仕方について事細かにレクチャーしています。
講座基礎編結婚相手の選び方」から実践編本命に選ばれるための婚活講座」へと1つ1つお読み頂くことで効果が出る婚活法となっています。
その他、婚活サービス比較や婚活体験談にも力を入れておりますので、是非ご覧下さいね。

個人相談受付状況について

恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、現在6月いっぱいまでご予約が埋まっているため、2018年7月1日以降で受付中です。
【6/7追記】7月のご新規様ご予約枠は残り2名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。

⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

さかなの詳細プロフィール

はじめに-結婚したいあなたへ

当ブログの取り扱い説明書

個人サポート サービス詳細

私の婚活体験史

会員登録と定期購読のご案内

婚活卒業者さんの体験談募集

お問い合わせ

20代の婚活方法

  1. 20代女性婚活
  2. 20代男性婚活

アラサーの婚活方法

  1. 30代男性婚活
  2. 30代女性の婚活

アラフォーの婚活方法

  1. アラフォー女性の婚活方法。自信と誇りを。後悔のない選択を。

  2. 40代の婚活、男性

    アラフォー男性の婚活方法。現実と向き合い歩むべき道を決める

著作権について

婚活ブログの著作権


To the top