婚活での「割り勘」、どう見る?初デートでの支払いに見える男女の価値観と相性

婚活での「割り勘」、どう見る?初デートでの支払いに見える男女の価値観と相性

婚活デートで奢るワリカン

お金は、他者に尽くす時間と引き換えに得られるものです。
あなたがあなたとして人生を過ごす時間には限りがありますので、
お金はあなたの命の一部を切り売りした対価とも言えるかもしれません。

婚活デートのお支払いをどうするかということは良く語られる話題です。
まだまだ繋がりが浅い状態の結婚相手候補に対し、この命の対価を消耗する「お支払い」という場でどのような対応に出るのか。この場面では当人の価値観が赤裸々となります。

奢る派の男性、
割り勘にする派の男性、
奢ってもらいたい派の女性、
割り勘が良い派の女性。

それぞれに、道理の通った理由をお持ちの場合もあれば、捨て置けない動機をお持ちの場合もあることと想像します。

「割り勘にしたからダメ男」
「奢ってもらう気満々に見えたからナシ子」

気持ちの赴くままにバッサリ切り捨てるのは簡単ですが、この2択の上で切り捨てた人が本当にあなたとの相性が悪い人なのか、逆に全額出してくれた男性や割り勘を歓迎してくれた女性が本当にあなたとの相性が良い人なのか、答えがそんなに単純なものだとは私は思えません。

一度気持ちをフラットにして頂き、あなたに検証してもらいたいと思います。
その上で、婚活を成功させるために男女それぞれどのような対応をするのがベストであるかも考えていきましょう。

奢る(奢られたい)派、割り勘派、それぞれの理由

まずは、奢る(奢られたい)派、割り勘派、男女別にそれぞれの心情を見ていきたいと思います。

奢る派の男性が奢る主たる理由

  • 生きてきた環境から、「男たるものデートの際は女性に財布を出させない」という価値観が当人の中に根付いており、男性が全額支払うことが当たり前だと思っている
  • 多くの女性が「婚活デートで奢ってもらえた=好感を持たれた証、奢ってもらえなかった=価値の無い女だと判断された証」と受け止めてしまうことを知っているので、関係悪化を避ける為に奢る
  • 自分の収入や年齢を考慮すると、女性に同額出させるのは気が引ける為、奢る
  • 器が大きいと思われたい、紳士だと思われたい等、良く思われたいが為に奢る

割り勘派の男性が割り勘にする主たる理由

  • 生きてきた環境から、「自分の分は自分で払う」「男女平等」という価値観が当人の中に根付いており、割り勘することが当たり前だと思っている
  • 多くの女性が「婚活デートで奢ってもらえた=好感を持たれた証、奢ってもらえなかった=価値の無い女だと判断された証」と受け止めてしまうことを知らない。もしくは知っていても気にしない為、割り勘
  • 自分の収入を考えると、今後自分が全額出し続けることは難しいし、途中で言い出す勇気も持てそうにないので最初から割り勘
  • 単純に他人の分の支払いで自分のお金を減らしたくないから割り勘

奢られたい派の女性の主たる心情

  • 生きてきた環境から、「デートの際中にお財布を開かないのが淑女の礼儀」という価値観が当人の中に根付いており、気持ちよくご馳走になるのがマナーであると思っている
  • 「良いなと思った女には奢るが、奢るほどの価値はないと感じた女には割り勘する」という男性が現実に一定数存在する為、割り勘を提案されると自己否定された感を拭えない
  • 割り勘当然派の男性は、女性が出産・育児で収入を得られない時期も家計負担の平等化を主張したり、おこづかい0円を強要される等、経済的DVを受けるのではないかと不安に感じてしまう
  • 単純に「食事代浮いてラッキー!」と感じたい

割り勘派の女性の主たる心情

  • 生きてきた環境から、「自分の分は自分で出す」「男女平等」という価値観が当人の中に根付いており、奢られると相手に申し訳なく感じてしまう
  • 自分の収入や年齢を考慮すると、ご馳走になるのは気が引ける
  • 本音では奢られたいが、奢られたい女とは思われたくない
  • 奢られると「貸し」を作らされたように感じて気持ちが悪い(特に今回で断ろうと思っている時)

といった事情が想像できます。

奢る(奢られたい)派、割り勘派、各々の心情から見えてくること

婚活=あなたにとって良き結婚相手となる人を見つけるための活動、と言う原点に立ち返って考えてみますと、「奢る(奢られたい)派」か「割り勘派」かというだけのざっくりな仕分けで相手を見定める事は難しいのはないでしょうか?

その人が「奢る(奢られたい)派」になるか「割り勘派」になるかは、単に「損したくない」「得したい」「相手に悪い」という気持ち以外に、当人の、

  • 生きてきた環境が育んだ男女観
  • 自分の印象を悪くしたくないという思い
  • 将来を想像した際の不安要素

といった心情が影響しているものと考えられます。
この3つの要素は、結婚相手を決める際に非常に重要な部分となります。

生きてきた環境が育んだ男女観

「デート代は男が支払うべき」と考えている男性

基本的に男性は男性の役割を、女性は女性の役割を遂行することを良しと考える傾向があると想像できます。
女性として尊重する部分は尊重する代わり、男性として立てる部分は立ててほしいと考えているはずです。
そしてそれは、良き「妻=パートナー」でいてほしい、以上に、良き「」でいて欲しいという気持ちにも繋がると憶測します。

「自分のことは自分で。男女平等」と考えている男性

こういった男性は、男性だから立てられるべき、という考えはなく、家事や育児も分担して生活していきたい、という考えをお持ちかもしれません。
ただ、こういう気持ちでいる男性でも、父親が家で何もしない人だった場合は、家事や育児の実労働を甘く見積もっている可能性もあります。
実家暮らしで手伝いもほぼしていない男性や、一人暮らしだけれどだらしない生活をしている男性の場合は言動と行動が伴わない危険性が高いので注意が必要です。

「自分のことは自分で。男女平等」と考えている女性

こういった女性は、何事にも強く公平性を求めるかもしれません。
例えば家事の負担、両家の付き合いの度合い等です。
女性として無意味に甘やかされることを欲しない反面、男性と女性は常に対等であるべき、と考え、男性を立てる価値観は持ち合わせていないかもしれません。

「デートの際中にお財布を開かないのが淑女の礼儀」と考えている女性

美人ゆえに常に周囲から蝶よ花よと育てられた女性や、良家のお嬢様である等、育ちや価値観が一般的でない場合があります。
生活観を把握せずに結婚すると、彼女が不満を感じやすい毎日になるか、分不相応な生活で家計が火の車になる可能性もあるかもしれません。

※「デート代は男が払うべき」と考えている女性が全て男性を立てる人ではないでしょうし、「男が払うべき」と考えている男性が全員結婚後に妻を「嫁扱い」するわけではないと思います。
ここでは見落としがちな点をピックアップしてご案内しました。

自分の印象を悪くしたくないという思い

誰にでも自分を良く見せたいという気持ちは少なからずあると思います。
が、相手が目立って「いい格好しい」な雰囲気を漂わせている場合には注意が必要です。

いい格好しいな人は奢ることで自己承認欲求を満たすため、交際費がかさむ傾向があります。
私の友人の旦那さんがまさにそういう人なのですが、結婚後も部下や友人に大盤振る舞いを続け、しかもそれをクレジットカードで考えなしに支払ったため、最終的に数十万の未落ちを作ったそうです。
自宅に督促状が届き発覚、修羅場になったようです。また、この旦那さんはとにかく交友関係が広いので、冠婚葬祭費が毎月のように掛かって家計を圧迫しているそうです。

将来を想像した際の不安要素

「奢り続けることを期待されたら困る」と考えている男性
「経済DVを受けることになったら困る」と考えている女性

この方達は、心配性な傾向や、対人能力において不器用な面があるかもしれません。が、これらの点自体が結婚生活の平穏を揺らがす原因にはなりにくいかと思います。
それよりも、こういった心配から相手が「初回奢らない」「初回奢られなかったことで不安を高める」行動に出た際に、
双方の感じ方の食い違いで上手く行くはずの関係が上手く行かないことの方が心配です。
あなたには是非、上記のような考え方から、「初回奢らない」「初回奢られなかったことで不安を高める」方がいらっしゃることを、柔軟な心で受け入れて頂きたいと願います。

逆に「むしろ自分がそうなんです」という方は、不安に感じる点が誤解なのか実際に起こりうることなのかを早めに知りたいところだとお察しします。
こういったことは意識して接すれば、3回ほどデートする間に、なんらかの片鱗が見える事と思います。

「もてなされることを当たり前と感じているように見える」
「必要以上に言動や行動がケチであるように感じる」

このような印象を相手から受けたとしたら、あなたとその方の相性はさして良くないと考えられます。

結論

多くの女性が、婚活デートでは男性からご馳走されたいと考えているようです。
そして男性の中には、出来れば割り勘が良いとお考えでいらっしゃる方も少なくないこととお察しします。

ご案内して参りました通り、「奢られたい」「割り勘にする」理由は人それぞれです。
ですので、ご馳走されたい女性が総じて素敵な奥さんになれないかと言われたらそれは絶対にありませんし、割り勘派の男性の全てが良き夫になれないわけも勿論ありません。
また、割り勘派の女性が全員良き妻になるかと言われたらそれもありませんし、ご馳走する男性が全員素敵な夫になるかと言われたらそれも絶対にありません。

つまり、奢るか奢らないか、ご馳走になりたいか割り勘を希望するかという行為自体が、あなたにふさわしい結婚相手を決める上での判断材料にはなり得ない、この点で相手の性格を決めつけるのはナンセンスである、これが奢り割り勘論争の結論であると私は考えます。

但しです。

婚活デートでお相手から印象良く思われたい場合に取るべき行動は、男女それぞれ1つしかないと私は考えます。

婚活デートの支払いの場で取るべき行動

男性は、全額支払う姿勢を2度見せる。(まずは全額支払う。女性が払う意思を見せても「ここは僕が払うよ」と言う。「でも悪いです」と言われても、もう一度「初めてのデートだから、ご馳走させてほしい」と言う。それでも頑なに払う、と言われた場合は半分出してもらいましょう)

女性は、男性がお支払いをする際、少し距離を取ってお財布を持って待ちます。会計が終わってお店を出る時に、払うのが当たり前、という気持ちで、「おいくらでしたか」と相手に聞きましょう。「ここは僕が払うよ」と言われたら、有難いけど恐縮、という態度で、「ありがとうございます」と伝え、「とってもおいしかったです。ごちそうさまでした」と笑顔で言いましょう。

こうアクションする理由は明快です。

男性が、全額支払おうとする姿勢を見せること自体に悪印象を持つ女性はまずいません。いたとしてもその方は高確率で面倒な性格である=あなたの結婚相手として適切でない可能性が高いからです。

そして、払う気満々の気持ちをきちんと持っている女性に、悪印象を持つ男性もまずいません。いたとしてもその方は高確率で面倒な性格である=あなたの結婚相手として適切でない可能性が高いからです。

ちなみに、女性が割り勘を強く提案した時に「こういうのは男が支払うものだから」と頑なに自身の考えを貫いたり、男性が支払ってくれる空気の際に、「自分の分は自分で払うべきです」と頑なに自身の考えを貫くのは強くおすすめしません。

それが「相手に申し訳ない」という気持ちからだったとしても、善意の押し付けと取られたり、自分の中の正義をを曲げられない人と思われる可能性がある為です。
自分の意思はきちんと提示しつつ、相手の反応によってはそれを尊重できるというスタンスを見せることが大切です。

…今回も長々書いてしまいました。お疲れ様でした!
またお会いましょう。

婚活案内人

さかな婚活サポーター

詳細プロフィール

幸せな結婚を求める人をサポートしています。婚活から結婚した自身の経験と、サポート成婚率7割の実績を以て、20代~40代の男女にリアルタイムで有益な情報をお伝えします。

当サイトの概要はTOPページをどうぞ
⇒さかなの結婚相談室-早く結婚したいアラサー・アラフォーの婚活方法

【速報】恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、2018年10月1日以降で受付中です。
【7/18追記】10月のご新規様ご予約枠は残り3名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。
⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

短期決着型 本気婚活のすすめ-wikiより詳しいさかなの婚活ガイド

結婚相手との出会い

自然な出会いから結婚までは平均4年かかります。(厚生労働省調べ)
これに対し、結婚相談所は半年~1年、婚活サイトは2年が出会いから結婚までの期間の中央値となっています。※成婚退会した人の中央値

希望する条件通りの人と、1年以内に結婚を具体化させたいなら、「事前に条件の一致不一致が確認できる、結婚意識が高い人とだけ出会えるサービス」を使ってお相手探しをするのが現実的です。

婚活が当たり前になってきている昨今、サービスを利用している人の人柄、容姿、職業は本当に多種多様で、普段の生活では得られない出会いのチャンスにあふれています。

結婚相談所早期結婚度 ★★★★★料金の安さ ★☆☆☆☆
婚活サイト早期結婚度 ★★★☆☆料金の安さ ★★★★☆
婚活パーティー早期結婚度 ★★☆☆☆料金の安さ ★★★☆☆
恋活アプリ早期結婚度 ★☆☆☆☆料金の安さ ★★★★☆

婚活実践講座 ステップ別

婚活に役立つ記事

筆者紹介

婚活ブログのプロフィール

名前:さかな
1980年代生まれ。婚活開始から3ヶ月の間に約30人とデート(面接)をし、4ヶ月後に婚約、1年後に入籍。現在一児の母です。
自身の経験を活かしてアラサー、アラフォー男女の婚活を支援中。当ブログ読者さんからは毎月成婚のご報告が届いています。

当婚活講座では、婚活を成功に導くための活動の仕方について事細かにレクチャーしています。
講座基礎編結婚相手の選び方」から実践編本命に選ばれるための婚活講座」へと1つ1つお読み頂くことで効果が出る婚活法となっています。
その他、婚活サービス比較や婚活体験談にも力を入れておりますので、是非ご覧下さいね。

個人相談受付状況について

恋愛・婚活個人サポートの新規お申込みは、2018年10月1日以降で受付中です。
【7/18追記】10月のご新規様ご予約枠は残り3名となりました。
サポート内容詳細は以下をご覧下さい。

⇒本気で結婚したい人の恋愛・婚活個人サポートのご案内

さかなの詳細プロフィール

はじめに-結婚したいあなたへ

当ブログの取り扱い説明書

個人サポート サービス詳細

私の婚活体験史

会員登録と定期購読のご案内

婚活卒業者さんの体験談募集

お問い合わせ

20代の婚活方法

  1. 20代女性婚活
  2. 20代男性婚活

アラサーの婚活方法

  1. 30代男性婚活
  2. 30代女性の婚活

アラフォーの婚活方法

  1. 40代の婚活、男性

    アラフォー男性の婚活方法。現実と向き合い歩むべき道を決める

  2. アラフォー女性の婚活方法。自信と誇りを。後悔のない選択を。

著作権について

婚活ブログの著作権


To the top