【pick up】最新脱毛を体験!6ヶ月で脱毛完了「ストラッシュ」(STLASSH)効果検証レポート

結婚観

親との同居や養子縁組

養子縁組の結婚で戸籍は?相続は?養子になると変わること

養子縁組とは、自分の親と伴侶が法的に親子となること、または伴侶の親とあなたが法的に親子となることを差します。 「結婚後、自分の名字を名乗ってほしい」だけの場合は、養子縁組とは違います。 が、この「どちらの苗字を名乗るか」という意味合いで...
親との同居や養子縁組

親と同居するかどうかは、結婚後に避けて通れない問題

すでに他界されている場合を除いて、互いの両親の問題は避けて通れません。 考えられるパターンとしては、 自分か伴侶の両親(or片親)と結婚後すぐに同居 自分か伴侶の両親(〃)の助けが必要になった時点で同居(子供の世話や生活苦等)...
子供を持つor持たない

「子供はいてもいなくてもどっちでもいい」結婚後に子供を持つかどうかが相手次第の人の心境とは?

結婚相談所でもネット婚活でも、子供が欲しいかどうかを「相手次第」としている人が一定数存在します。 この「相手次第」というのが、どのような理由で「相手次第」としているのかは、三者三様です。 私が思いつくことをいくつか挙げますと、 ...
子供を持つor持たない

「40代独身だけど子供が欲しい」アラフォーで婚活中の女性が知っておきたい出産の実情。不妊治療実体験者が語る

今回は、「年齢的に子どもを授かれるか不安な女性」に向けてお話させていただきます。 婚活中の女性のほとんどは、想いの強さに差はあれど「いずれ子供が欲しい」お考えだと思います。 しかし、女性の年齢と出産率について、30代後半~40代の女性で...
子供を持つor持たない

子供が欲しくない、子供を産まないとお考えの方-子供のいない人生

今回は、結婚しても子供が欲しくない人へ向けたお話をします。 ※今回の記事は、「物理的に子供を持つことが非常に困難、もしくは不可能」な方についての配慮をしておりません。 私はそういった方々のことを責めたり非難する気持ちは全く持っておりませ...
子供を持つor持たない

子供が欲しいから結婚したい人へ-子供を持つ、持たないの選択

あなたにとって、将来子供を生んで育てることは、どの位重要なことでしょうか。 「最重要必須事項だ。自分の子供を育てられないなら、結婚する意味がない」 といった方から、 「子供が欲しいか欲しくないかと聞かれたら、そりゃあやっぱり欲しいよね...
専業主婦or共稼ぎ家庭

結婚後共働きを選べば家計が潤う!夫婦共にフルタイムのメリット

今回は「夫婦がフルタイム共稼ぎのメリット」と題しまして、 結婚後、夫婦が「仕事」と「家庭」の両方を、分担して請け負う場合についてのメリットについてお話しします。 前回の講座をさらっと復習します。 夫婦が共にフルタイム正社員として働く...
専業主婦or共稼ぎ家庭

共働きは家事も子育ても大変!夫婦がフルタイムで働くデメリット

今回は、「共稼ぎ―夫婦がフルタイム正社員の場合のデメリット」と題しまして、 結婚後、夫婦が「仕事」と「家庭」の両方を、分担して請け負う場合についてのデメリットについてお話しします。 まずは、フルタイムの共稼ぎがもたらす最大のデメリットに...
専業主婦or共稼ぎ家庭

専業主婦家庭のメリットはストレスが少ない!一馬力家庭だからこそ満足度が高くなる理由4つ

今回は、結婚後「仕事」と「家庭」をそれぞれが片方ずつ担う場合についてのメリットについてお話しします。 前回の記事、専業主婦を擁するデメリットで、「一馬力」家庭の留意点として、 リスクヘッジが出来ない 稼ぎ手側に精神的重...
専業主婦or共稼ぎ家庭

専業主婦を擁するデメリット-ワークライフバランスについて

今回は、「専業主婦を擁するデメリット―ワークライフバランスについて」と題しまして、 結婚後「仕事」と「家庭」をそれぞれが専任で担う場合についてのリスクについてお話しします。 「専業主婦(夫)」を擁するのか「夫婦共にフルタイムで働く」のか...
婚活成功のための下準備

理想の結婚生活にたどり着くための38の質問で、あなた自身を掘り下げる

婚活市場600万人と言われる戦地で、たった一人の結婚相手を見つけ出す。 市場には男性と女性しかいないわけですから、単純に計算すると、お相手候補となる相手が300万人、ライバルとなるべき相手も300万人いることになります。 (厳密には比の...
結婚相手の選び方

ときめかない結婚で幸せになれる?「恋愛と結婚は別」の真偽と恋愛結婚の是非-結婚相手の選び方3

西暦2020年に生きる私たちは、「恋愛の延長上に結婚がある」という固定観念の下に暮らしています。 しかしこれは、安寧な結婚生活を求める男女にとっては地獄への引導のような価値観です。 「は?何言ってんのコイツ」 と思われてい...
タイトルとURLをコピーしました